アジア

マレー鉄道乗車記。クアラルンプールからバンコクへ

マレー鉄道 アジア

マレー鉄道とはシンガポール~マレーシア~タイのバンコクまでを結ぶ鉄道路線のことです。マレー半島を縦断するこの路線は旅行者には憧れのルートでもあります。

今回は、そんなマレー鉄道に3日間揺られてきたときのことをまとめようと思います。

マレー鉄道乗車記1日目

マレーシア・クアラルンプール駅へ

マレーシアのクアラルンプールのKL CENTRAL駅に着くとたくさんの乗客や見送りの人が来ていて列車の出発を待ってました。

 

時間になると寝台列車の出発ゲートが開き、ホームへ乗客が入っていきます。乗客の中にはバックパッカーの姿も見かけますね。一緒に中に入っていきます。

マレー鉄道に乗車

ホームには既に列車が待ってました。ディーゼルのにおいが漂っていてこれから出発なんだという気持ちなります。

 

寝台列車ですが座席タイプの車両もあります。こちらは現地の乗客が多いですね。

自分はベッドがあって寝られる個室タイプを選びました。快適!

そして出発時刻となり列車は動き出しました。

マレー鉄道乗車記2日目

バタワース駅で乗り換え

憧れていたマレー鉄道の乗車でテンションは上がっていたけど、普通にぐっすりと眠れました。

列車は翌朝バタワース(Butterworth)駅に到着。ここで一時乗換となります。列車発車時刻までまだかなりの時間があるので必然的に列車を降りて時間をつぶさなければなりません。

え~どうしようかな~と困るのもつかの間、心配は要りませんでした。なぜならここバタワースにはなんとすぐ隣に世界遺産を有するペナン島があるからです!

まったくもって観光には困らないです。むしろペナン島に立ち寄ってくれるという嬉しいサービスにも思えてくるぐらいでした。

というわけで、乗り継ぎ時間を利用してペナン島を観光することに。

ペナン島へ渡る

バタワース駅のすぐ隣にはフェリー乗り場があってここからフェリーに乗ってペナン島にわたることができます。フェリーは15~30分おきで島との間を行き来していてます。船賃を払うのにコインを持っておくと便利。

 

島へは15分くらい。こんな感じで外を眺めているとあっという間に到着します。

世界遺産ジョージタウンを観光

フェリーはペナン島に到着。島を回る時間も限られているので、到着地のジョージタウン(Georgetown)中心に回ることにしました。

ペナン島にはイギリスの統治や東西貿易の街として発展してきた歴史があり、島の所々にその当時の面影が残されています。

ジョージタウンでは同じ船に乗っていたインドネシアからの旅人と少し一緒に街を回りました。

「インドネシア語でありがとうってなんていうの?」「トゥリマカシだよー」「えー!それじゃあインドネシアもマレーシアもおんなじトゥリマカシだから便利だね~」なんて話をしました。

こちらは先のとがった屋根が特徴の純白の建物。ジョージタウンはけっこうこういう真っ白な建物が多いです。

こちらは緑と白のユニークなカラーのモスク。

 

こうやって街を散策していると、あっという間に列車に戻る時間に。

たった数時間の滞在時間だったけど結構満足できました。ジョージタウン近辺だけなら一日あればかなり満喫できそうです。ペナン島はリゾートエリアがあったり料理もおいしいらしいのでそっちも満喫したかったですが、それはまた次の機会に。

バタワースを出発

ペナン島を後にし、フェリーでまたバタワースに戻ってきました。時間になったので駅のホームに入ると、乗り継ぎの列車が現れました。

ここからさらに一日かけて、タイのバンコクへ向かいます。

マレーシアからタイへ国境越え

4時間ほど走行したのち列車はパダン・ブサール(Padang Besar)駅でしばらく停車します。パダン・ブサール駅はマレーシアとタイの国境の駅で、ここで一度出入国手続きを取ることになります。

ホームの中にある入国審査エリアで入国審査官にパスポートを渡してスタンプを押してもらい無事にタイに入国!

タイに入国し列車は出発!

乗客がそろい列車は再び出発します。

パダン・ブサールを出ると列車の中ではベッドメイキングが始まります。せわしそうに仕事をしていたけど、ガイドブックに載っているタイ語であいさつしてみると微笑んでくれました。

ほどなくして夜を迎え、就寝するのでした。

マレー鉄道乗車記3日目(最終日)

タイ・バンコクに到着

翌朝、列車の外には特徴的な形をしたタイの寺院が見えてきて、タイに来ていることを実感します。

大きな川も見えてきて、もうすぐです。

 

そして、2泊3日のマレー鉄道の旅の終着点バンコクに到着!

レンズが一気に曇りました。こんな蒸し暑いとこなのかバンコクは!と驚きでした。

終わりに

最初は2泊3日なんてどうなるんだろうなんて思っていたけれど、終わってみればあっという間。ペナン島にも行くことができたし、なかなか体験することのない列車での国境越えも体験できて内容の充実した列車旅でした。

こうやって列車に乗って国を越えていくのを体験することは日本いたらなかなか体験できないことですよね。実際に自分の目で風景、人、文化といった目に映るものすべてが変わっていくのを感じながら移動できるマレー鉄道の旅はとてもいい経験になると思いました。

Kenshi Tsuboi

このブログでは大学を休学して半年間世界一周の旅をしていたときの様子などを一部公開しています。気軽に覗いていってもらえたら幸いです。なお、使われている写真や現地の情報は旅をしていた2013年~2014年当時のものとなります。

SEKAI-KURUTTO.COM