中南米

アルゼンチンの名物料理を紹介。現地に行ったらこれは食べよう!

中南米

今回は南米アルゼンチンの名物料理や食べ物を、実際にアルゼンチンに行ってきた筆者が紹介したいと思います。

ビッフェ(Bife)

アルゼンチンの名物料理といえばビッフェ(Bife)。ビッフェとは要はステーキのことで、アルゼンチンの国民食でもあります。

広大な大地を持つアルゼンチンは牛肉の生産量が世界でもトップ。さらに国内の牛肉消費量も世界トップクラスで、その量は日本の10倍もあると言われています。

 

アルゼンチンの牛肉は赤身がメインで、噛みごたえはしっかりとしてます。脂身が少なくあっさりとしているので、胃もたれせず肉の旨味を十分に味わうことができます。

ちなみに、アルゼンチンでは牛肉自体結構安く、スーパーでステーキ肉を買ってきては自炊して手軽にステーキも楽しめます。

スーパーの肉コーナーに行くと、肉の部位が色々書いてあるので、ほしい物をさしつつグラム数を言えば切り売りしてくれますよ。

チョリパン

次に紹介するのはチョリパンです。画像がブレててすいません・・・。チョリパンは、見た目どおりパンにソーセージをはさんだホットドックやハンバーガーのことです。

 

ソーセージはその場で焼き上げているので、熱くてジューシーでとにかく最高にうまいです。

ちなみになんでチョリパンの画像がぶれているかというと、チョリパンを買う列に並んでいてギリギリでバスに乗り込んだからです(笑)。結構並んでることもあるので、買うときは余裕を持ちましょう。

カラファテの実のアイスクリーム

パタゴニア地方のエルカラファテという町に行くと、カラファテの実を使ったアイスクリーム(ジェラート)が食べられます。

カラファテの実とは、パタゴニア地方に群生するカラファテという植物がつけるブルーベリーのような実のこと。その実を食べたものはまたパタゴニアの地に戻ってくるという、素敵な言い伝えも。

紫色のがカラファテアイス。パタゴニア地方に行くならぜひお試しあれ。

バスの車内食

アルゼンチンの名物料理というわけではないんですが、ちょっと面白いものを紹介します。それはバスの車内食。

アルゼンチンでは長距離バスに乗ると、なんと車内食がでるんです。日本ではないですよねこんなこと。まるで飛行機の機内食のように、アテンダントが乗客にそれぞれ乗客に配ってくれます。

さすがに飛行機の機内食のようにしっかりした食事ではないですが、個人的には結構好きでした。

 

ティータイムもあります。

もしアルゼンチン国内のでバス移動をする際は車内食もお楽しみに。

まとめ

というわけで南米アルゼンチンの名物料理を紹介しました。

アルゼンチンはおいしい物がたくさんあるので、食はかなり楽しめると思います。

この記事を書いた人
kenshi t.

このブログでは自分が大学生時代に休学して半年間世界一周の旅をしていたときの様子を公開しています。気軽に覗いていってもらえたら幸いです。なお、使われている写真や現地の情報は2013年~2014年当時のものになるので、旅の参考にされる方はご注意あれ。

スポンサーリンク
SEKAI-KURUTTO.COM