アジア

ウイグルではまずこの3つの食べ物をおさえておこう!実食有

アジア

中国の新疆ウイグル自治区って一体どんな食べ物があるの?という方にウルムチを街を歩いていて見つけたウイグルならでは食べ物や料理を3つまとめて紹介したいと思います。

ウイグル族の主食「ナン」

ウルムチの町を歩いていると店先に丸い円盤がたくさん積み上げられている光景を目にすることがあります。

この丸い円盤の正体は「ナン」。

新疆ウイグル自治区には小麦粉を使った食べ物が多く、ナンはウイグル族にとってまさに主食。私たちがパン、いやごはんを食べるようにウイグル族はナンを食べます。

ナンは何も具ののっていない分厚いピザのような形で、表面には文様があります。

それにしてもナンなんてインドにしかないと思っていたからびっくり!しかもインドの扇形のナンとは全然形が違って、丸いのでそこにも驚きでした。

同じ中国内でも主食をナンとしている地域があるということが分かって、ますます今までイメージしていた中国像が崩れてきますね・・・

ウイグル族の麺料理「ラグマン(ラグメン)」

次に紹介するのは「ラグマン」という麺料理。
「ラグメン」ともいいます。中国語では「拉条子」、「拉面」。

ラグマンは中央アジアを中心に食べられている麺料理で新疆ではいたるところで食べることができます。トマトベースに野菜や肉を炒めたものを太めの麺にかけて食べます。

ウイグルといえば羊肉!「シシカバブ」

ウイグル族にとって肉といえば羊肉で、羊肉の串焼き「シシカバブ」は新疆では超ポピュラー料理。

ウルムチの路上にはシシカバブを焼いて売っている屋台が多くあって、どこからともなく肉を焼くとってもいい匂いがしてきます。

 

肉に香辛料で味付けしている様子。

 

釜の中でしっかり炭焼きしてます。これは火がよく通りそう。

 

シシカバブいただき。初シシカバブはまさかのレバー。その味やいかに?

心配とは裏腹に、食べてみるとスパイスでよく味付けされていて、癖もなくて普通にうまかったです!これは何本でも行けそう!

まとめ

  • ウイグル族の主食はナン!ナンは大きくて丸い!
  • ラグマンは新疆ならどこでも手軽に食べられる麺料理。
  • 羊の串焼き「シシカバブ」。屋台で見かけたらぜひチャレンジ!
Kenshi Tsuboi

このブログでは大学を休学して半年間世界一周の旅をしていたときの様子などを一部公開しています。気軽に覗いていってもらえたら幸いです。なお、使われている写真や現地の情報は旅をしていた2013年~2014年当時のものとなります。

SEKAI-KURUTTO.COM