世界くるっと.com

海外旅行の情報や商品レビューなどなど「世界をくるっと」回ったことのある人が気軽に書いていきます

MENU

イタリアへ一人旅しよう!これから初めていく人に送る記事

f:id:pechipechipenguin:20180711225152j:plain

イタリアを一人旅したので、そのときのことをまとめました。

 

現地での費用、宿泊、食事、治安などについても触れてますので、「これからイタリアを一人旅しようと思っているんだけど、どんな感じなんだろう?」とお悩みの方にぜひ参考にしていただければと思います。

 

それではどうぞ!

 

スポンサーリンク
 

 

イタリア一人旅の概要

f:id:pechipechipenguin:20180418201332j:plain

イタリア一人旅の概要をざっとまとめました。

イタリアについて

f:id:pechipechipenguin:20180711225654p:plain

イタリアは地中海に飛び出た長靴のような形が特徴的な、ヨーロッパの国です。

 

地理的には南ヨーロッパに属しています。ラテンなイメージの国ですね。

「パスタやピザといえばどこの国?」と聞かれれば、ほとんどの人がイタリアと答えるのではというほど、日本にも馴染み深い国ですね。

滞在期間

5日間

訪れた都市

ミラノ、ベネチア、トリエステ

日程

1日目 イタリア入国・ミラノin
2日目 ミラノ観光
3日目 ミラノ⇒ベネチアへ移動(電車)・ベネチア観光
4日目 ベネチア観光
5日目 ベネチア⇒トリエステへ移動(電車)&観光・イタリア出国

イタリア一人旅の費用は?物価などのお金事情について

f:id:pechipechipenguin:20180418201641j:plain

お金のことなどについて書きます。

現地でかかった大まかな費用

私はイタリア5日間一人旅しましたが、現地でかかった費用は25000円ほどでした。宿泊費、移動費、食費、観光費含めてです。

 

宿はホステル、食事はあんまり贅沢はせずに、ローカルのファストフードなどで済ませてこれって感じです。

ですので、これからイタリアを一人旅する人は、最低でも予算は一日5000円くらいを見積もっておくといいでしょう。

物価

物価は日本と大体同じくらいでした。宿泊費は安いホステルで2000~3000円台です。

ただ、ベネチアは他の都市と比べると物価が高かったです。ベネチアに行く人は心していきましょう。

両替

現金での両替はしませんでした。現金両替は手数料のことを考えるとけっこう高つくので。

 

その代わり、私はクレジットカードによる海外キャッシングで現地通貨(ユーロ)を引き出していました。

海外キャッシングのほうが手数料も全然とられないし、現金を持ち歩くリスクもないのでおすすめです。特にイタリアはスリなんかも多いですしね。

 

海外キャッシングについてはセディナカードが手数料もかからずオススメです。詳しくは「海外キャッシングをお得にするならセディナカードを持っていこう!」も参考にしてみてください。

宿泊について

ヨーロッパの旅は基本的にあらかじめ宿を予約していくのがベストです。

現地で宿を探すのは骨が折れますし、予約してない状態で行くと部屋が空いていなかったり、値段が普通料金だったりします。

 

私はヨーロッパではほぼすべてBooking.comで宿を予約していました。

Booking.comはヨーロッパに強く、宿情報も豊富です。特にベネチアは人気観光地なので早めに宿も予約したほうがいいかもしれません。

ミラノで泊まった宿の紹介

セントラル ホステル ミラノ(Central Hostel Milano)

オーナーのダニエルというおばちゃんは「せっかくイタリアにきたんだからハッピーアワーを楽しまないと!」と言ってバーに連れて行ってくれるほど陽気でナイスな人です。

ベネチアで泊まった宿の紹介

ジェネレーター ヴェニス(Generator Venice)

ジューデッカ島にあるホステル。水上バスに乗らないと行けないけど、ジェネレーターヴェニスがあるジューデッカ島からの夕焼けは最高なのでオススメ。

f:id:pechipechipenguin:20180404123810j:plain

気になる治安は?食事や服装は?その他注意事項

私がイタリアに来たときは特段気になることは何もありませんでした。特にベネチアやトリエステはかなり治安もいいと感じました。

 

 

食事に関しては、これはもう断然ピザがオススメです

写真はスポンティーニというピザ屋のピザ。ミラノにあります。

薄い生地のナポリタイプじゃなくて、揚げ焼きしてふっくらとしたタイプです。

f:id:pechipechipenguin:20180418201959j:plain

あとは、ジェラートなんかもおいしかったですね。

 

 

服装は日本にいるときと同じように季節に合わせた格好でいいと思います。

ただ、ポケットに財布やスマートフォンををいれたままにするのはNG。貴重品がむき出しにならない格好を心がけましょう。

 

 

その他の注意点としては、いくらヨーロッパの先進国とは言っても、日本にいるときの感覚で行くのはやめましょう。

席を取るためにに荷物をおいたり、スマートフォンをテーブルの上におきっぱなしにするのは盗ってくださいといっているようなものです。

 

また混雑した場所に行く際にはスリなどにも注意しましょう。

イタリア一人旅の個人的感想

イタリアを一人旅の個人的な感想をざっとまとめたいと思います。

観光した都市について

イタリアではミラノ、ベネチア、トリエステを訪れましたがどこも非常にいい感じの場所でした。

特にミラノやベネチアは有名なので、ここで書く必要もないくらいです。

トリエステはイタリアでの旅行先としてはマイナーなところですが、他の都市と比べて喧騒もなく、海沿いの町並みがきれいで個人的にはかなり好きになりました。

www.sekai-kurutto.com

もし、時間的余裕があればぜひ足を伸ばしてみてください。

イタリアの人について

イタリア人に対して最初抱いていたイメージは、とにかく男の人がダンディなんだけども女好きというというものでした。

 

まあ、実際イタリアを旅行してみると大体その通りでした(笑)

 

特に、女子にはこれとばかりに紳士に振舞いますが、男と話すときは目も見てないことすら・・・・。

はっきりしているなと感じました・・・いや、ここまでくるとむしろ感心します。女性をたてる文化なのでしょうね。

 

日本男子は面食らうかもしれませんがそういうもんだと思いましょう・・・(笑)
あ、でも別にいやな感じというわけではなく、普通にしゃべりかけてきたり、旅行者と知って写真とってあげようとしてくれる人もいるのでご安心を!

女子は日本と違う扱いにハッピーになれるかもしれません(笑)

一人旅しやすい

イタリアは鉄道網も発達しているし、列車も頻発しているので一人でも十分旅しやすかったです。

時間さえあれば色々回れますね!

 

北部や南部、また島部それぞれで、イタリアの人の気質が違うみたいなので、今度イタリアに行くときはまたその辺の違いも確かめてみたいな~と個人的に思います。

最後に

f:id:pechipechipenguin:20180418202020j:plain

以上、イタリア一人旅のまとめを書いてまいりました。これからイタリアを一人旅しようと考えている方に、この記事が参考になってくれればうれしいです!

「いや~今度イタリアに行ったら、ナポリピザが食べたい・・・」そんなことをこの記事を書きながら思うのでした(笑)

 

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました!