世界くるっと.com

海外旅行の情報や商品レビューなどなど「世界をくるっと」回ったことのある人が気軽に書いていきます

イタリア旅行のまとめと感想!【イタリアへの旅行・観光を考えている方へ】

f:id:pechipechipenguin:20180415172015g:plain

この記事ではイタリアを訪れたときの旅行の概要や感想を書きました。これからイタリアを旅行、観光される方はぜひ参考にしてみてください☆

 

スポンサーリンク
 

 

 

イタリア

イタリアは地中海に飛び出た長靴のような形が特徴的な、ヨーロッパの国です。地理的には南ヨーロッパに属しています。ラテンなイメージの国ですね。パスタやピザといえばどこの国?と聞けばほとんどの人がイタリアと答えるのではというほど、日本にも馴染み深い国ですね。

旅行の概要

f:id:pechipechipenguin:20180418201332j:plain

訪れた時期と期間

2013年秋 11月

5日間

訪れた都市

ミラノ、ベネチア、トリエステ

ルート

ミラノ⇒ベネチア⇒トリエステと回りました。

日程

1日目 ミラノin

2日目 ミラノ

3日目 ミラノ⇒ベネチア

4日目 ベネチア

5日目 ベネチア⇒トリエステout

イタリアの旅行記

イタリアの旅行記はこちらをご覧ください。

海外旅行記:イタリア カテゴリーの記事一覧 - 世界くるっと.com

お金・費用・保険等について

f:id:pechipechipenguin:20180418201641j:plain

物価

物価は日本と大体同じくらいでした。宿泊費は安いホステルで2000~3000円台です。ただ、ベネチアは他の都市と比べると物価が高かったです。ベネチアに行く人は心していきましょう。

現地でかかった大まかな費用

イタリアにいた5日間でかかった金額は25000円ほどでした。宿泊費、移動費、食費、観光費含めてです。最低でも一日5000円くらいは見積もっておくといいでしょう。

両替

両替は一切しませんでした。海外での両替は手数料のことを考えるとそれほどメリットはありません。

 

私はクレジットカードによる国際キャッシングで現地通貨(ユーロ)を引き出していました。クレジットカードの国際キャッシングはレートが両替所よりも安く、かつ手数料もかからないもしくは割安なことが多いので海外旅行にはクレジットカードを持っていくことをオススメします。

海外旅行保険

フランスへは長期旅行中に訪れたので、私はあらかじめ単体で海外旅行保険に入っていました。しかし海外旅行に行くほとんどの方(旅行期間が3ヶ月未満)は単体で保険に入る必要はないと思います。

 

それよりもクレジットカードについている海外旅行保険を利用したほうが、新たに保険に入るお金も手間もかからずお得です。

宿泊・食事・治安などについて

f:id:pechipechipenguin:20180418201937j:plain

宿泊

ヨーロッパの旅は基本的にあらかじめ宿を予約していくのがベストです。現地で宿を探すのは骨が折れますし、予約してない状態で行くと部屋が空いていなかったり、値段が普通料金だったりします。

 

私はヨーロッパではほぼすべてBooking.comで宿を予約していました。Booking.comはヨーロッパに強く、宿情報も豊富です。特にベネチアは人気観光地なので早めに宿も予約したほうがいいかもしれません。

ミラノで泊まった宿の紹介

セントラル ホステル ミラノ(Central Hostel Milano)

オーナーのダニエルというおばちゃんは「せっかくイタリアにきたんだからハッピーアワーを楽しまないと!」と言ってバーに連れて行ってくれるほど陽気でナイスな人です。

ベネチアで泊まった宿の紹介

ジェネレーター ヴェニス(Generator Venice)

ジューデッカ島にあるホステル。水上バスに乗らないとつくことができないけど、ジェネレーターヴェニスがあるジューデッカ島からの夕焼けは最高なのでオススメ。

f:id:pechipechipenguin:20180404123810j:plain

治安

私がイタリアに来たときは特段気になることは何もありませんでした。特にベネチアやトリエステはかなり治安もいいと感じました。

食事

これはもうピザがオススメです。あとジェラートもおいしいですよ。

f:id:pechipechipenguin:20180418201959j:plain

服装

服装は日本にいるときと同じように季節に合わせた格好でいいと思います。ポケットに財布やスマートフォンををいれたままにするのはNG。貴重品がむき出しにならない格好を心がけましょう。

ツアーでいくか個人旅行で行くか

イタリアは日本人にとってもメジャーな国ですのでどちらでもいいと思います。日本からのツアーもかなりたくさん出ている場所ですし、個人旅行で訪れる人もたくさんいます。

 

いずれにしてもベネチアは優雅に旅行するのが個人的にはいいと思いました。

その他注意点

いくらヨーロッパの先進国とは言っても、日本にいるときの感覚で行くのはやめましょう。席を取るためにに荷物をおいたり、スマートフォンをテーブルの上におきっぱなしにするのは盗ってくださいといっているようなものです。

 

また混雑した場所に行く際にはスリなどにも注意しましょう。

イタリアの感想

イタリア人に対して最初抱いていたイメージは、とにかく男はダンディなんだけども女好きというというものでした。

 

まあ、実際イタリアを旅行してみると大体その通りでした(笑)

 

特にイタリア人の男に関して言うと、女子にはこれとばかりに紳士に振舞いますが、男と話すときは目も見てないことすら・・・・。はっきりしているなと感じました・・・いや、ここまでくるとむしろ感心します。女性をたてる文化なのでしょうね。

 

日本男子は面食らうかもしれませんがそういうもんだと思いましょう・・・(笑)
あ、でも別にいやな感じというわけではなく、普通にしゃべりかけてきたり、旅行者と知って写真とってあげようとしてくれる人もいるのでご安心を!女子は日本と違う扱いにハッピーになれるかもしれません(笑)

 

また、イタリアの人は陽気と言われますが、どうやら北部や南部とでまた違いがあるらしいです。島のほうにいったらまたさらに違うのかな??今度イタリアに行くときはまたその辺の違いも確かめてみたいですね~。特に島のほうには行ってみたい!

最後に

f:id:pechipechipenguin:20180418202020j:plain

以上、イタリア旅行のまとめと感想を書いてまいりました。これからイタリアを旅行・観光しようと考えている方に、この記事が参考になってくれればうれしいです!

 

いや~今度イタリアに行ったら、ナポリピザが食べたい・・・。そんなことをこの記事を書きながら思うのでした(笑)

 

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました!