海外キャッシングにかかる手数料について。手数料を節約する方法も一緒に解説。

海外キャッシング

今回は「海外キャッシングって便利そうだけど、一体どのくらい手数料がかかるんだろう?」という人に向けて、海外キャッシングにかかる手数料の内訳を解説してみようと思います。

キャッシングになじみのない人は初めは難しく感じるかもしれませんが、分かってしまえば案外シンプルで簡単な仕組みになっているので、ぜひこの機会に理解しちゃいましょう。

おまけに手数料の節約方法も解説するので、こちらも一緒に目を通していただければと思います。

スポンサーリンク

海外キャッシングにかかる手数料

ではでは海外キャッシングにかかる手数料について解説します。

海外キャッシングでは下記2つを足した合計が1回の利用にかかる手数料となります。

  1. ATM利用手数料(税抜100円or200円)
  2. 利息(利用額の1.5%~3%程度分)

それぞれ詳しく見ていきましょう。

1.ATM利用手数料(税抜100円or200円)

まずはおなじみのATM利用手数料。

ATMの機械を使うのにかかるお金ですね。

こちらは値段が明瞭で、どのカード会社でも大体この通り。

引き出し金額1万円以下 100円(税抜)
引き出し金額1万円超 200円(税抜)

もし5,000円を海外キャッシングしたらATM利用手数料は110円。

20,000円だったらATM利用手数料は220円となります。

備考:現地のATMの利用手数料は請求されない

ちなみに、海外で実際に海外キャッシングをしてみると、たまにそのATM独自のATM手数料が画面で請求される場合があります。

国やそのATMの種類にもよりますが、その額は現地通貨で数百円。

「え?さらにATM手数料がかかるの?」と初めは驚くと思いますが、海外キャッシングの場合、この手数料は利用者には請求されないことになっています。

レシートには手数料の記載がされたりするんですが、後でカードの利用明細を確認するとその分はちゃんと省かれますので気にせず利用してOKです。

2.利息(利用額の1.5%~3%分くらい)

もうひとつの手数料が利息ですね。

こちらは海外キャッシングの利用額に対して1.5%~3%程度分が手数料としてかかると思って下さい。

たとえば10,000円分を海外キャッシングしたら150円~300円くらいとなります。

少しその原理を説明しますね。

海外キャッシングは即時に銀行からお金を引きだしてるわけではなく、一旦カード会社にお金を出してもらった後、支払日にその分のお金をまとめて支払う後払い方式。

つまり、一時的にお金を借りていることになるので、返済日までの期間に応じて日割りで利息が上乗せされます

海外キャッシングに適用される金利は大体どこのカード会社でも「年利18%」に設定されています。

ただ、クレジットカードの支払いサイクルは1ヶ月~2ヶ月程度(正確には25日~55日程度)。

なので、実質的な手数料としては1か月分の1.5%(18%÷12ヶ月)から2か月分の3%となるわけです。

簡単に計算してみましょう。

もし1万円分を海外キャッシングして、返済日までが期間が30日なら

10,000円×18%÷365×30日=147.94…≒「利息約148円」

返済日までの期間が50日なら、

10,000円×18%÷365×50日=246.57…≒「利息約247円」

こんな風に違いが出てきます。

実際にATM利用手数料と利息を合わせて海外キャッシングの合計手数料を計算してみると・・・

  • ATM利用手数料
  • 利息

上記の合計が海外キャッシングの手数料なので、もし先ほど同様10,000円分を海外キャッシングして、返済日までが期間が30日だった場合は、手数料はこの通りとなります。

「110円(ATM手数料税込)+148円(30日分利息)=258円

この手数料は引き出す通貨がドルだろうがユーロだろうが中国元だろうがオーストラリアドルだろうが関係なく一緒なので、それを考えるととてもリーズナブルですね!

以上が海外キャッシングの手数料の解説となります。

海外キャッシングの手数料を節約する方法

この海外キャッシングの手数料ですが、さらに節約する方法があります。読者さんが知りたいのはむしろこちらですよね。

ではではいくつか節約する方法を紹介していきます。

返済期間をなるべく短くする

海外キャッシングの手数料を抑える一番簡単な方法は、できるだけ利息がかからないようにすることです。

つまり、返済期間をなるべく短くすることです。

自分のカードの締め日と支払日の関係をよく把握して、なるべく返済期間が短くなる日に海外キャッシングしましょう。

なるべく締め日に近い日にすると返済期間が短くなりますね。

逆に注意なのは、締め日を過ぎてすぐに海外キャッシングしてしまうこと。次の支払日までは約2ヶ月ほど間があいてしまうので、利息をフルに払うことになってしまいます。

繰上げ返済する

さらに利息を節約したいなら活用したいのが「繰上げ返済」です。

どんなカード会社でも締め日から支払日までは約1ヶ月程度あります。締め日ギリギリにキャッシングをしても、1か月分ぐらいの利息はかかることに。

・・・そこで、カード会社に連絡して、決められた支払日よりも前に支払いを済ませてしまうのです。

返済期間が一気に短くなるので、それだけ利息の節約となります。

自分自身をはじめ、海外キャッシングを頻繁に使う人ほどこの繰上げ返済を活用しています。

特にキャッシングの利用額が大きくなるほど、節約効果が大きくなるのでやる価値大です。

詳細は「海外キャッシングの繰上げ返済とは?利息を安くできるので知らない人は覚えておこう! 」で解説しているので参考に。

海外キャッシングの繰上げ返済とは?利息を安くできるので知らない人は覚えておこう!
世界中のATMで現地通貨を引きだせて便利な海外キャッシング。 ただ、海外キャッシングでは利用日の翌日から支払日までの日数分だけ利息がかかります。支払日まで...

ATM利用料がかからないカードを選ぶ

もしこれからカードを発行する時間的余裕があるならATM利用手数料がかからないカードをあらかじめ選ぶのもひとつの手です。

海外キャッシングには、どのカード会社でも下記のATM利用手数料がかかると先述しました。

引き出し金額1万円以下 100円(税抜)
引き出し金額1万円超 200円(税抜)

しかし、なかにはこのATM手数料がかからないカードというのが存在します。

そうしたカードを1枚持っておくと、毎回必要な固定費が削減できるので、こちらも節約効果大ですね。

まとめ

今回は海外キャッシングにかかる手数料とその手数料を節約する方法について解説しました。

日本で現金両替すると通貨によっては10%以上の両替手数料が取られることもありますが、それに比べて海外キャッシングはどんな通貨でも手数料は「ATM利用料+引出し額の1.5%~3%分の利息」だけなので、かなり得することも多いです。

今回紹介した節約方法を使えばさらに手数料を低くすることも可能なので、ぜひ賢く海外キャッシングを使いこなしていきましょう。

また、海外キャッシングにおすすめなカードは「海外キャッシング向けのおすすめクレジットカード2選。選び方のポイントと共に紹介! 」で紹介しているので、ぜひ一緒にチェックしてみてください。

海外キャッシング向けのおすすめクレジットカード2選。選び方のポイントと共に紹介!
クレジットカードを使って海外のATMからお金を引き出す「海外キャッシング」。 アメリカだろうがヨーロッパだろうが、ATMさえあれば基本どこでもカード一枚で...
タイトルとURLをコピーしました