三井住友カードを発行したらVpassアプリも登録しよう。デザインがシンプルでとても使いやすいよ。

三井住友カード

三井住友カードを発行したら、まずやっておきたいのが「Vpassアプリ」への登録です。今回は簡単にアプリについて紹介してみます。

スポンサーリンク

Vpassアプリについて

Vpassとはそもそも三井住友カードの会員サイトのこと。で、そのスマホアプリ版がVpassアプリとなります。

【Vpassアプリ】家計管理機能について【三井住友カード公式】

Vpassアプリで主にできること

通常の会員サイト版のVpassと同様に、Vpassアプリでは各種カード情報の確認や変更ができます。

  • 支払い金額・明細の確認
  • ポイント残高の確認
  • 登録内容の確認・変更
  • 利用枠の引き上げ
  • 追加カード申し込み

特にトップ画面ではひと目で支払い金額がわかるのがいいですね。

カードを複数枚所持している場合は、カードの切り替えも簡単にできます。

キャンペーン・お得情報の確認・参加

画面下部のお得情報をタップすると、現在行われているキャンペーンやお得な情報を確認することができます。いいキャンペーンが行われていてもけっこう見逃しがちですが、これならすぐチェックできるのでいい感じ。

もちろんキャンペーンへの参加も、そのままアプリからできます。

その他サービスとの連携

そして、Vpassアプリを通してその他サービスとの連携することも可能。連携できるサービスは下記。

  • 三井住友銀行口座
  • Money Tree(個人資産管理サービス)

これらサービスと連携することで、口座残高や収支状況をVpassアプリにも表示させることができます。カードを使っててついつい忘れてしまいがちな自分の財務状況も把握しやすくなりますね。

今までは同時にカードの利用状況と口座状況を確認するということはありませんでしたが、Vpassアプリではこういうのも可能なので便利。フィンテックが盛んになったおかげですね。

なおサービス利用には連携先のサービスへの加入も必要となります。

まとめ

というわけで今回は三井住友カードの会員アプリである「Vpassアプリ」について紹介してみました。各カード会社それぞれ、会員アプリは作ってますがその中でもVpassアプリはデザインや操作性含めて使いやすいなという印象です。

お得なキャンペーン情報も流れてくるので、特に三井住友カードを持っていてまだ登録をしてないという人は、登録してちょくちょくチェックしてみるのがオススメです。

また、これから三井住友カードを発行する人は、Vpassアプリへの登録が入会キャンペーンの利用条件となっていることも多いので、忘れず登録は済ませましょう。

>>スマートフォンアプリ|クレジットカードの三井住友VISAカード

タイトルとURLをコピーしました