マラッカを観光するならおすすめの見所を5つ紹介!マレーシアの中でも特にオススメの街ですよ。

アジア・中東

今回はマレーシアの世界遺産都市マラッカでおすすめの見所を、実際にマラッカを訪れたことのある筆者がご紹介します。

マラッカは世界遺産に認定された街だけあって、街並み自体がすばらしく個人的にマレーシアの中でもお気に入りの都市。一方で観光日数的にも1日で十分回れるところも魅力的ですよ。

スポンサーリンク

マラッカについて

マラッカはマレーシアの南西部に位置する都市。世界史を学んだことのある方なら、15~16世紀にかけて繁栄したイスラム港湾都市マラッカ王国と言えばピンとくるのではないでしょうか?

ポルトガル、オランダ、イギリスといったヨーロッパによる支配を受けた歴史があり、その街並みは当時の面影を色濃く残しています。

マラッカ海峡の歴史都市群」として、世界遺産にも登録。ちなみに英語では「Melaka」と書くため、ムラカと呼んでも正しいです。

マラッカを観光するならおすすめの見所5選

オランダ広場(ムラカキリスト教会&スタダイス)

まず外せないのは、ここオランダ広場。マラッカ観光のシンボル的スポットで、いつも観光客を中心に賑わっています。

噴水を囲うように歴史的建造物が建ち並んでいるので、そのまま色々と見て回れます。

写真奥に見える一際目立つレンガ色の建物が「ムラカキリスト教会」。

ぜひ写真に収めておきたい教会ですね。

そのほかにも、教会の横には「スタダイス」というオランダ統治時代を象徴する建物もあります(このときは改修中)。

マラッカを観光する際は、ぜひここオランダ広場から始めるといいですね。

名称:オランダ広場
住所:Bandar Hilir, 75200 Malacca
地図:Googleマップ

セントポール協会

続いて紹介するのは「セントポール教会」。場所的には、先ほどのオランダ広場のすぐ裏手の丘の上にあります。

一見すると教会チックな塔と、レンガの建物があるだけなのですが、ここには教書でおなじみのあの人物にゆかりのある場所なんです。

それが、こちら。

分かりましたでしょうか?かの「フランシスコザビエル」です。日本に来た宣教師として有名ですが、ここマレーシアにも来ていたんですね。セントポール教会は、布教の活動拠点だったようです。

またセントポール教会から見渡せる景色も見所のひとつ。

等間隔に並ぶヨーロッパ建築の向こうにマラッカ海峡を行き交うタンカー船を望むことができるのはここマラッカでしか見られない景色でしょう。

名称:セントポール教会
住所:Jalan Kota, Bandar Hilir, 75000 Melaka, マレーシア
地図:Googleマップ

チャイナタウン

マラッカで夜になったらぜひ行ってもらいたいのが「チャイナタウン」。露店や屋台がでていて、とにかく賑わっています。

歩いて回るだけでも楽しめると思います。みやげ物を物色するのもよし、何か食べるもよし、好き好きにしましょう。

名称:チャイナタウン
住所:75200 Melaka
地図:Gooleマップ

サンチャゴ砦

おすすめに入れようか迷ったのですが一応紹介。こじんまりとしたかわいらしい砦。別名「ファモサ」。

結構人も多く来ていて現地では人気みたいなのですが、おそらくすぐ見終わるかと思います(笑)

名称:サンチャゴ砦(ファモサ)
住所:Jalan Parameswara, Bandar Hilir, 78000 Alor Gajah, Melaka, マレーシア
地図:Googleマップ

Kedai Kopi Chung Wah(海南鶏飯の店)

マラッカの名物料理である海南鶏飯で人気の地元のお店。残念ながら、訪れた時は行列が凄すぎて入ることができませんでした。もしこれからマラッカに行く人は、ぜひトライしてみてください。

代わりに別のお店で食べた海南鶏飯を載せておきます。

ライスがボール状になっているのが、マラッカの特徴です。

名称:Kedai Kopi Chung Wah
住所:18, Jalan Hang Jebat, 75200 Melaka, マレーシア
地図:Googleマップ

まとめ

以上、マラッカでおすすめの見所を5つに絞って紹介しました。

冒頭にも書きましたが、マラッカは街並み自体が非常にすばらしい街なので、マレーシアの中でも特におすすめの場所です。

ぜひあなたも一度訪れてみてください。

タイトルとURLをコピーしました