Jetstarのクレジットカード「ジェットスターカード」が誕生!一体どんなカードか!?

クレジットカード

最近自分の受信メールBOXを眺めていたら、LCCのJetstarからなんと新たにクレジットカードができたというメールが来ていました。

その名も「ジェットスターカード」

新規募集開始でお得なキャンペーンなども行われているみたいなので、今回はジェットスターカードの詳細を簡単にまとめて紹介しようと思います。

スポンサーリンク

ジェットスターカードについて

ジェットスターカードはこの2020年2月26日から新規会員募集したばかりのクレジットカードです。

カード券面はこのように、ジェットスターらしいオレンジを基調としたデザインとなっていますね。

カードに関する、申込対象年齢、年会費、国際ブランドなどの基本情報は下記の通り。

  • 申込対象:18歳以上から可能(高校生除く)
  • 国際ブランド:master card
  • 年会費:980円(税込)

これを見た感じだと幅広く誰でも持つことができるカードになっています。

入会に際してジェットスターの会員じゃないと入れないみたいなハードルは特にありません。

なお、カードの発行は「オリコカード」などを発行する株式会社オリエントコーポレーションが担っています。

ジェットスターカードの主な特典・特徴

それではさっそくジェットスターカードの主な特典・特徴について紹介していきます。

年会費3,980円の有料会員プログラム「Club Jetstar」が1年間利用できる!

ジェットスターカードに入会すると、ジェットスターが提供する有料会員プログラム「Club Jetstar」を1年間お試しで利用することができます。

「Club Jetstar」では、

  • セール時以外でも航空券を会員特別価格で購入・予約が可能
  • セール時の先行予約が可能
  • 手荷物座席指定の割引

などの特典が用意されており、ジェットスターをより有利に活用できるものとなっています。

>>Club Jetstar詳細

通常は年会費が3,980円しますが、これがカード年会費の980円で1年間試すことができるため、ユーザーにとっては非常に得ですね!

海外旅行保険・国内旅行保険が付帯!

旅行者がクレジットカードを選ぶ上でのファクターとして欠かせない旅行保険ですが、もちろんジェットスターカードにも付帯されています。

旅行保険は海外・国内向けの両方が用意されており、たとえば海外旅行保険の補償金額等は下記の通りとなっています。

海外旅行保険
死亡後遺障害 2,000万円
傷害治療 200万円
疾病治療 200万円
携行品損害 20万円
賠償責任 2,000万円
救援者費用 200万円

傷害・疾病治療額も200万円ずつあり、年会費がこのクラスのカードとしては十分な内容ですね!また、海外旅行保険に関しては「自動付帯」となっているため、旅行にでるだけでそのまま保険が適用されるのが隠れたGOODポイントです。

ジェットスターは国内メインで利用する人も多いので、海外旅行保険だけじゃなくちゃんと国内旅行保険もついているのもいいところですね。

その他の特典・特徴

そのほかのジェットスターカードの特典・特徴はこちら。

  • 機内販売10%オフ
  • Master Cardコンタクトレス決済が利用可能
  • 各種スマホ決済(Apple Payなど)が利用可能

ポイントプラグラムについて

ジェットスターカードでは、カード利用200円(税込)ごとに1ポイントを貯めることができます。

ポイントは、Club Jetstarの年会費支払いに使えるClub Jetstarバウチャーか、ジェットスターの運賃、座席指定料金、各種手数料の支払いに使うことができるフライトバウチャーに交換することができます

>>フライトバウチャー | ジェットスター 

ポイントの交換レートは下記の通り。

  • 2,000ポイント=3,980円相当のClub Jetstarバウチャー
  • 5,000ポイント=8,000円相当のフライトバウチャー

ポイントプラグラムの充実に期待

現状公開されている情報の限りでは、ポイントの交換先はClub Jetstarバウチャーもしくはフライトバウチャーのみとなっており、かつ交換レートも上記で紹介したもののみとなっています。

ジェットスターカードでポイントを貯めていく場合、200円(税込)あたり1ポイントであることを考えると、最低交換ポイントである2,000ポイントを貯めるまでに単純計算で40万円分の決済が必要となります・・・。

ちょっとこれはポイント交換までの道のりが長すぎるかな?というのが正直なところです。また、ポイントの有効期限が付与月から12ヶ月というのもかなり短いな・・・というところ。

まあ、コストを徹底的にカットしたLCCのカードということで、この辺は下手にマイレージプログラムを提供するレガシーキャリアとは勝負せずに、シンプルである意味LCCらしい設計にしているのかもしれませんね(笑)

個人的にはもう少し低ポイントからの交換先などがこれから増えるのを期待したいところですが、現状は有料会員プログラム「Club Jetstar」のお試しと旅行保険の利用をメインに考えるのが良さそうです。

先着でお得な入会キャンペーンが実施中!

なお、ジェットスターカードの新規募集開始にあたって、今回お得な入会キャンペーンが行われています。

キャンペーンは2種類あり、内容は次の通りとなっています。

▼キャンペーンその1

新規ご入会先着1,000名の方に5,000円分のフライトバウチャーを、1,001名以降の先着9,500名の方に2,000円分のフライトバウチャーをプレゼントいたします。

▼キャンペーンその2

ご入会月含む3ヶ月の間にカードショッピングを5万円ご利用いただくと、もれなく500ポイントプレゼント。さらに、10万円以上のご利用で1,000ポイント、キャッシングご利用可能枠の設定で200ポイント、毎月リボの登録で300ポイントの、最大合計2,000ポイントをプレゼントいたします。

特に1つ目のキャンペーンは、入会するだけでフライトバウチャーをもらうことができます。先着1,000名まではなんと5,000円相当のバウチャーがもらえます。普通にジェットスターの片道航空券が買えますね!

フライトバウチャーのプレゼントは先着順なので、欲しい人は早めに申し込みしたほうが良さそうです。

まとめ

以上、新たに発行を開始したジェットスターカードについての詳細を簡単にまとめて紹介してみました。

LCCのカードということで割とシンプルなサービス内容になっているものの、旅行保険がちゃんとつくところなんかはポイントを押さえているなと感じました。

特に年会費3,980円の有料会員プログラム「Club Jetstar」が1年お試しで利用することができるので、ジェットスター利用者で今まで気になるけど使ったことがなかったという人はこの機会にカードに申し込みしてみてもいいかと思います。

改めて、カードの詳細やキャンペーン情報については公式のHPをチェックしてみてください。

>>ジェットスターカード

タイトルとURLをコピーしました