三井住友VISAカードを実際に使ってきた感想。5年以上保有中の筆者が語る。

三井住友カード

日本でVISAカード(クレジットカード)と言えば、三井住友VISAカードのことでしょ!というくらい有名な三井住友カード。

なんだかんだ学生の時に発行して以来、5年以上使ってきてるのですが、今回はそんな三井住友カードをこれまで使ってきた感想を書いてみようと思います。

これからカードの発行を検討している人はぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

所持中の三井住友カードについて

現在所持している三井住友カードは「三井住友VISAクラシックカードA」というものになります。

三井住友カードにも色々と種類がありますが、その中でも標準に位置するのがクラシックカードとなります。カードブランドの一番顔になるカードですね。

>>三井住友VISAクラシックカード

クラシックカードは「クラシックカード/クラシックカードA」と実は2種類に別れていて、Aがつくほうだと少し海外旅行保険の内容が良くなるのと国内旅行保険がついています。

どうして三井住友カードを選んだのか?その理由について。

なんで、三井住友カードを選んだのかざっと理由をあげるとこちら。

ブランド・ステータス性があるから

やはり、クレジットカードとしてのブランドが確立していて、ステータス性もあるというのが三井住友カードを選んだ大きな理由ですね。

日本で初めてVISAカードの発行を始めたという歴史は大きいです。

発行当時は自分自身が学生だったので、ゴールドカード、プラチナカードと将来的にさらにステータス性のあるカードにしていくことも考慮しました。

また、審査の通りやすい学生の内に発行しておいたほうがいいだろうという思惑もありましたね(笑)

安心して利用できそうだと思ったから

銀行系のカードなので、カードを安心して利用できそうだと思ったのも選んだ理由のひとつです。

なんでカードに信頼性を求めたかというと、当時海外に旅に行く予定があったからです。それも数日じゃなくて、何ヶ月に及ぶ長旅です(笑)

そんなときに、どんな場所(国)でも安心して使えそうなカードはどれか?また万が一何か起きても大丈夫そうなカードはどれか?と探した結果、三井住友カードにたどり着いたわけです。

何で三井住友カードの中でもクラシックカードAにしたか?

また、どうして三井住友カードの中でもクラシックカードAを選んだかというと理由はこうです。

機能・サービスもバランスがいいから

カードしての機能やサービスもバランスよく整っていたことが一番の理由になります。

海外のATMでお金を引き出す海外キャッシングもできますし、海外旅行保険をはじめとする各種保険もついています。無難になんでもこなせるという感じですね。

とにかく全体的にクセがなくスタンダードなカードが欲しかったので、ちょうどぴったりでした。

旅行保険の内容が充実しているから

特にクラシックカードAは、同じ入門クラスの三井住友カードの中でも旅行保険の内容が充実しています。

海外旅行保険 国内旅行保険
クラシックカードA あり(最高2500万) あり(最高2000万)
クラシックカード あり(最高2000万) なし
デビュープラスカード なし なし

海外旅行保険が自動付帯(海外に出るだけで無条件で保険が適用)されたり、国内旅行保険がついていたりと、実は結構広く細かいところまでカバーしています。

旅行好きなので、そこも選んだ理由のひとつです。

VISA・Master Cardと2つの国際ブランドのカードが持てるから

そして最後が、VISA・Master Cardの2大国際ブランドのカードが持てるからです。

三井住友カードの内、何種類かのカードは「デュアル発行」といって、一度のカード発行でなんとVISAとMaster Cardのカードをそれぞれ1枚ずつ発行してもらうことができます。

クラシックカードAもデュアル発行OKのカードのひとつ。

海外に行く予定だったのでVISAとMaster Card両方のカードが欲しかったんですよね。海外だとどちらかが使えなくて、どちらかが使えるなんてことがたまにあるので。

とまあこうした理由で、三井住友カードの中でもクラシックカードAを選んだわけです。

これまで三井住友カード(クラシックカードA)を使ってきた感想

カードデザインについて

おいおいデザインの話なんているかよ!と思う人もいるかもしれませんが、個人的にカードのデザインは大事だと思います。

三井住友カード、とりわけ保有しているクラシックカードAのデザインは、シルバーを基調としてギリシャのパルテノン神殿が描かれたデザインで、少し上品な感じもありつつスタイリッシュなところが結構好きです。

どこで出しても恥ずかしくないですし、海外でも全然通用するデザインかと。

ポイントについて

ポイントは還元率でいうと0.5%。クレジットカードのポイント還元率としては標準的ですが、ポイントを重視する人にとってはもの足りない還元率かとは思います。

ただ、三井住友カードを選ぶにあたってポイントのことは重視していなかったので、個人的にそこまで問題ないかなという感じです。

最近では、コンビニやマクドナルドで利用すればポイントが通常の5倍になったりするので、かなりポイントも貯めやすくなっていますね。還元率に直すと、破格の2.5%!

ちょっとこれを機にポイントも貯めてみようかな?というところです。

コスパフォーマンスについて

コストパフォーマンスに関しては悪くないと思います。クラシックカードAの場合、年会費は1500円(税抜)となっていますが、個人的には手ごろな価格に感じます。

1ヶ月あたりに直せば大体130円ちょい…と考えると、その値段でカード機能が使えて、保険などもついてくると考えれば、コストパフォーマンスとしてはいいのではないでしょうか。

ちなみに同時発行のMaster Cardは年会費250円(税抜)と格安。ありがたい限りですね。

VISA/Master Cardのデュアル発行について

VISAとMaster Cardの2枚を持つことについてですが、個人的にかなり役立ちました。

主に海外での話ですが、まずVISA/Master Cardの両方を持つことでカードが使えない心配をする必要が無くなりました。

さらに、片方のカードが予備的な役割も果たしてくれるので、万が一使っているカードに何かあったとしても、もう一枚があるから大丈夫という安心感も。

結果的に両方発行したことは正解でした。

まとめ

以上、これまで三井住友カード(三井住友VISAクラシックカードA)を使ってきた感想について書きました。

何か突出した特徴があるというタイプのカードではありませんが、かわりに幅広くなんでもこなしてくれて飽きのこないカードなので、これからも所持していくつもりです。

老舗ブランドとして信頼性やステータス性もちゃんと兼ね備えているので、これ1枚は持っておくととりあえず安心だみたいなカードが欲しい人にはオススメですよ。

入門向けのカードがいくつかありますが、個人的には特に三井住友VISAクラシックカードAがイチオシです。ぜひチェックしてみてください。

公式HP>>三井住友VISAカード

▼関連記事

>>三井住友カードの新規入会キャンペーンについて解説【4/30までの入会で年会費永年無料も!】

>>三井住友VISAデビュープラスカードについて解説。ポイント還元率が高く、ステータスアップにもつながる1枚。

タイトルとURLをコピーしました