三井住友VISAデビュープラスカードについて解説。ポイント還元率が高く、ステータスアップにもつながる1枚。

三井住友カード

今回は三井住友カードの中から「三井住友VISAデビュープラスカード」について解説してみようと思います。

他の三井住友カードと比べてどんな特徴を持っているかについて触れつつ解説してみようと思うので、ぜひ参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク

三井住友VISAデビュープラスカードの主な特徴

対象年齢が定められている。クレジットカード入門者・若者向けのカード

三井住友VISAデビュープラスカードの対象年齢は満18歳~25歳までとなっています。クレジットカードは一般的に年齢の上限は定めていないことが多いですが、デビュープラスカードの場合はあえて、上限を定めているところが特徴。

年齢の範囲も18~25歳なので、クレジットカードを初めて持つような、若い人に向けて作られたカードとなっています。25歳より上の人は持つことができないのでご注意を。

三井住友カードの中でもポイントの還元率が高い。しかも支払い面の制約はなし

デビュープラスカードの大きな特徴は、ポイントの還元率が高いことです。三井住友カードのポイント付与率は通常1000円につき1ポイントですが、デビュープラスカードではデフォルトで倍の2ポイントとなっています。

また、ポイントが高還元なのに支払い方法に関する制約がないのも特徴。三井住友カードでポイントが2倍になるカードにもうひとつ「Revo Style」というカードがありますが、こちらは支払いがリボ払い専用のカード。デビュープラスカードの場合は、そうした制約を受けないので非常に有利です。

さらに、入会後3ヶ月間にいたってはポイントが5倍にもなります。ポイントを貯めるという点では三井住友カードの中でも、ひとつ頭が付き出たカードとなってますね。

年会費が無料で持てるので負担が少ない

デビュープラスカードの年会費は通常1250円(税抜)となっています。

しかし、1年に1回でもカードの利用があれば年会費が無料となります。なので、実質的に年会費が無料。

年会費無料で持てるということは、つまり負担が少ないということ。このあたりも若年層への配慮を感じます。

ステータス性のあるゴールドカードへのランクアップにつながるカード

デビュープラスカードは25歳までしか持つことができません。デビュープラスカードは26歳以降「三井住友VISAプライムゴールドカード」に切り替わります。

プライムゴールドカードは20代だけが持つことができる準ゴールドカード的な存在ですが、またさらにそのプライムカードも30歳を越えると今度は「三井住友VISAゴールドカード」と正真正銘ゴールドカードに切り替わります。

特に三井住友VISAゴールドカードといえば非常にステータス性のあるカードです。カードの切り替え&切り替えでそこに向かっていけるので、デビュープラスカードはステータスカードを目指す人にうってつけといえるでしょう。

デビュープラスカードにデメリットはあるか?

デビュープラスカードは、対象年齢は限定されるものの、そのほかに何か制限があるカードではありません。なので特にデメリットらしいデメリットもないと言えます。

ただ強いてデメリットを挙げるとするならば、旅行保険、特に海外旅行保険が付いていないことですね。特に学生であれば海外旅行なんかも行くとおもうのですが、それを考えるとなおさら若者向けのカードだけあってもう一歩欲しかったな・・・!というのが正直なところです。

ま、ポイントが2倍になるというメリットが大きすぎるので、旅行保険保険を付けるところまではなかなか至らなかったのかもしれません。これはしょうがないですね。

もし海外に行ったりする人であれば、デビューカードではなくクラシックカードやクラシックカードAの方を選んだほうがいいと個人的には思います。

>>三井住友VISAカードを実際に使ってきた感想。5年以上保有中の筆者が語る。

逆に旅行はそれほどしない、特に海外にはいかないという人であればデビュープラスカードがいいですね。

まとめ

以上、三井住友VISAデビュープラスカードについて解説してみました。旅行保険は付いていませんが、年会費が無料でもてたりポイントが2倍となるので、非常にメリットも多いカードです。

なにより、自動的にステータスカードにつながるカードというのがこのカードの大きな魅力ではないでしょうか。特に学生や新社会人で初めてクレジットカードを持つ人ならば、将来性も考慮して持ってみてもいいんじゃないかと思います。

詳しくは公式HPを参照してみて下さい。

公式HP>>三井住友VISAカード

タイトルとURLをコピーしました