ウズベキスタンで泊まった安宿まとめ!【朝食付きで1000円~1500円前後】

トラベル

この記事では、自分がウズベキスタンで実際に泊まった安宿を都市ごとにまとめて紹介します。

ウズベキスタンは貨幣価値がコロコロ変わるのであんまり価格のことは正確には言えないのですが、大体どこも1000円~1500円前後で泊まれる所です。

さらに、ウズベキスタンの安宿は基本的にB&B(Bed&Breakfast)スタイルになっていることもあって、全部朝食つきです。

もちろん、レギストラツィア(滞在登録)もやってもらえるところなので、ちゃんとおすすめできるかなと思います。

今、ウズベキスタンの安宿でいいところないかな~と考えている人はぜひ参考にしてもらえたらと思います。それではいってみましょう!

タシケント:「グルナラ ゲストハウス(Gulnara Guesthouse)」

首都のタシケントでは、「グルナラ ゲストハウス(Gulnara Guesthouse) 」に宿泊しました。

最寄り駅は地下鉄のチョルスー駅です。

近くにはチョルスーバザールやスーパーがあり、観光や滞在にとても便利です。

広い庭があるのですが、そこでゆっくりとくつろぐことができます。

肝心の写真を撮ってなくて申し訳ないのですが、そのあたりはブッキングドットコムなどでチェックしてみて下さい。

普通にめちゃくちゃいい宿なので、タシケントで泊まるときはとりあえずここでいいんじゃないかと思います。

1点、泊まるときの注意点をあげるなら、宿の水を飲食用に使う際はちゃんと沸かすか、市販の水を利用することです。

中途半端に温まった宿のお湯で、カップ麺を食べて猛烈な急性胃腸炎になったのは今でもいい思い出です(⇒詳細は「中央アジア旅の最後で急性胃腸炎の悲劇」を参照)。みなさんはお気を付けを(笑)

>>グルナラ ゲストハウスの詳細を確認

サマルカンド:「B&B バハディール」

サマルカンドで泊まったのは「B&Bバハディール 」です。

ウズベキスタン最大の見所であるレギスタン広場へも歩いてすぐ行けます。

個人的にウズベキスタンの中でもお気に入りのB&Bで、宿の壁もいかしてます。

嬉しかったのが、チェックインした際にウェルカムティーとお菓子がもらえたことでした。このときは雨で体が冷えていたので染みました~。

さらにすばらしいのが夕食です。B&Bバハディールでは数ドル(当時は3ドル)支払えば夕食も頼めるのですが、これがおいしさ、ボリューム、栄養の3拍子揃い踏みでした。

サマルカンドナンはさすがの大きさです。

食事は他の旅行者たちと一緒にとります。

お互い旅についての会話を交わしながら過ごす夜というのはなかなか良かったです。

ちなみに食事部屋はとっても素敵です。これは朝食時の写真ですね。

かなりおすすめなのでサマルカンドへ行く際はぜひ泊まってみてください。

>>B&Bバハディールの詳細を確認

ブハラ:「Madina&Ali」

ブハラで泊まったのは「Madina&Ali」という安宿です。

お母さんと高校生ぐらいの娘でひっそりとやっている感じのB&Bでした。娘のフェイスブックアカウントを作ってほしいと頼まれ、手伝ったのがいい思い出です(笑)

▼宿の中はこんな感じ。隠れ家っぽい感じが好きでした。

>>Madina&Aliの詳細を確認

ヒヴァ:「アリベックB&B」

ヒヴァで泊まったのは「アリベックB&B 」というところです。

ヒヴァ最大の見所である世界遺産イチャンカラの入り口オタダルヴァザ門の目の前にあるということで立地は最高です。

値段も手ごろで朝食もなかなかいい感じでした。

>>アリベックB&Bの詳細を確認

まとめ:ウズベキスタンの安宿は居心地がいい。

以上、実際にウズベキスタンで泊まった安宿をご紹介しました。

改めて今回紹介した宿は以下の通りです。

個人的にはウズベキスタンの安宿はどこも居心地がいい印象で、ついつい長居してしまいたくなりそうでした。

これからウズベキスタンを旅される方、今すでに旅中の方の参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました