両替レートが日本か現地のどちらがいいか簡単に調べる方法

外貨両替

今回は、両替レートが日本か現地のどちらがいいか簡単に調べる方法について紹介したいと思います。

実はこんなことをしなくてもこちらの記事で書いているように、基本原則としてドル・ユーロの両替は日本で、それ以外の通貨の両替は現地の方がレートがいいです(笑)

外貨への現金両替はどこでするのが結局レートがいいの?を解説します【海外に行く人は必見!】 – 世界くるっと.com

ただ、本当にその通りなのか心配だ・・・という人も中にはいると思うので、一応確認方法も紹介してみます。ちょっとマニアックな方法ですが、ご参考に。

両替レートが日本か現地のどちらがいいか簡単に調べる方法

日本か現地のレートどちらがいいか調べて比較する方法はずばり、海外での外貨両替レートをネットで探して、日本での外貨両替レートと見くらべるだけ

具体的な手順は下記の通りとなります。

  1. 現地の外貨両替レートを検索
  2. 日本での外貨両替レートを検索
  3. 両者を比較する

今回は香港ドルを例にやってみます。

1.現地の外貨両替レートを検索する

まずは調べたい国の外貨両替レートを検索します。

検索ワードとしては「国名 exchange rate」などで調べます。

「Hong Kong exchange rate」で調べると、現地のHSBC銀行のサイトがヒットしました。

Currency Exchange Rates | HSBC Hong Kong

上記は2019/09/18時点での香港HSBC銀行での外貨両替レート=現地レートとなります。

2.日本での外貨両替レートを検索する

つぎは日本での外貨両替レートを検索します。

条件をそろえるために、日本の銀行が扱う外貨両替レートを調べます。

今回は三菱UFJ銀行の外貨為替相場に登場していただきました。

外国為替相場一覧表:三菱UFJ銀行

上記は2019/09/18時点での三菱UFJ銀行での外貨両替レート=国内レートとなります。

3.あとは両者を比較するだけ。

あとは両者を比較するだけとなります。

分かりやすくするために、今回は1万円分を両替すると仮定しましょう。

現地での両替レートを見るときは「Banknotes(銀行券)」の「Buy(買い)」の部分を見ます。

表では日本円1円当たり0.07127香港ドルで買い取ってくれるという意味になります。

1万円分なので、10000×0.07127=712.7香港ドルが香港で両替した場合にもらえる額となります。

日本での外貨両替の場合は「Sell(売り)」の部分を見ます。

表では1香港ドル当たり、16.25日本円で売りますよという意味になります。

1万円分なので、10000÷16.25=615.38香港ドルが日本で両替した場合にもらえる額となります。

・・・というわけで結果としては下記の通り約100香港ドルの差がつくこととなりました。

  • 香港での両替=712.7香港ドル
  • 日本での両替=615.38香港ドル

これなら日本円から香港ドルに両替する場合は、香港でしたほうが良さそうですね!

まとめ

というわけで今回は、両替レートが日本か現地のどちらがいいのかを簡単に調べる方法を紹介しました。

もし日本か現地のどちらで両替するか迷ったら、試してみてください。

ただ今回の方法はあくまでネット上で集められる情報を使って簡易的に比較しただけで、必ずしも実際に同じレートで両替できることを確約したものではないのでご注意を。

あくまで参考程度としてとどめていただければと思います。ではでは!

タイトルとURLをコピーしました