余った外貨を電子マネーに交換できるよ!ポケットチェンジ(POCKET CHANGE)が便利そう!

外貨両替

みなさんこんにちは。

先日東京駅に行ったのですが、なかなか面白いものを発見しました。

海外旅行に行くと外貨が多少余るものですが、それをなんと電子マネーに交換してくれるという機械なんです。

その名も「ポケットチェンジ(Pocket Change)」

旅行者には結構面白いサービスかもしれません。

ポケットチェンジ(POCKET CHANGE)とは?

そのポケットチェンジというのが写真の機械です。ATMやチケット販売機のような見た目をしています。

改めて何ができるか説明すると、外貨を電子マネーに交換してくれます。

使い方

使い方は以下の通り。

  1. 手持ちの外国の紙幣やコインを機械に投入する。
  2. 交換したい電子マネーの種類を選んで、カードやスマホを読み取り機にかざす。
  3. チャージ完了。

とても簡単です。

対応通貨

対応通貨はこちらの10種類。ドルやユーロはもちろん、アジア地域を中心にカバーしてます。

  • USドル
  • ユーロ
  • 中国元
  • 韓国ウォン
  • 日本円
  • 香港ドル
  • タイバーツ
  • 台湾ドル
  • シンガポールドル
  • ベトナムドン

※香港ドル、タイバーツ、台湾ドル、シンガポールドル、ベトナムドンはお札のみの対応

外貨の交換先

主な交換先はこちら。

  • 各種交通電子マネー:SUICA、PASMO、KITACA、TOICA、MANACA、ICOCA、SUGOCA、NIMOCA、HAYAKAKEN
  • 楽天Edy
  • WAON
  • nanaco

また、ギフトカードに交換することも可能です。

  • Apple&iTunesギフトカード
  • Amazonギフト券

さらにUberやWechatなどの海外サービスを交換先にすることも可能。このあたりはインバウンドの需要も見込んでますね。

レート

交換レートはポケットチェンジ利用時の画面で確認することができます。

為替状況によってその時々でレートが変化するのは、両替所同様です。

設置場所

空港をメインに全国各地に設置されています。

ポケットチェンジが設置されてる空港はこちら。

  • 新千歳空港
  • 仙台国際空港
  • 羽田空港
  • 成田空港
  • 中部国際空港
  • 関西国際空港
  • 福岡空港

空港以外でも交換可能。東京駅前のポケットチェンジを紹介。

ポケットチェンジの設置場所は空港がメインですが、空港以外にも設置されている場所がいくつかあります。

そのひとつが東京駅前。そもそも今回ポケットチェンジを発見した場所です。

場所は東京駅日本橋口を出て横断歩道を渡った先にある「日本ビルヂング」内。

建物に入ってすぐ右手に「TRAVEL HUB MIX」というちょっとオシャレな旅行案内所があります。恐れず中に入ります。

すると、じゃーんポケットチェンジがあります。

画面をタッチしてみると、かなりシンプルで使いやすそうでした。このときは外貨を持っていなかったので交換しませんでしたが、つぎは使ってみたいですね。

空港以外にも今回紹介した東京駅をはじめとして、HISなどの旅行会社、ドンキホーテなどにも設置されているみたいなので、お近くの人はチラっと見に行ってみてはどうでしょうか。

ポケットチェンジの主な利用者は海外帰りの人がメインでしょうが、こんな風に街中に設置されることが増えれば、家に余った外貨があるなんて人も交換しに行くことができて便利そうですね。

まとめ

というわけで今回は余った外貨を電子マネーなどに交換できるポケットチェンジというサービスを紹介しました。

余った外貨って、特に小額だったりするとわざわざ両替するのもめんどくさくてそのまま持ちっぱなしだったりするので、こんな風に気軽に電子マネーに交換できるのは結構利用価値がありそうですね~。

余った外貨をそのまま帰りの電車賃に・・・みたいな風に使えそうです。

サービス詳細の確認は、下記HPリンクからどうぞ。

Pocket Change
ポケットチェンジは、海外旅行の際に余った外貨を、希望の電子マネーや、各種ギフトコード、クーポン等に両替できる日本初の画期的なサービスです。
タイトルとURLをコピーしました