浅草の安宿「IKIDANE HOUSE 浅草旅籠」に泊まってみた【ゲストハウスなのに風呂つき】

トラベル

以前、浅草のゲストハウス「IKIDANE HOUSE 浅草旅籠」に宿泊しました。

ゲストハウスなのにお風呂付きというほかと少し違った宿だったので、今回は宿の様子や情報を簡単に紹介しようと思います。

特にお風呂に焦点を当てて紹介していきますね~。

「IKIDANE HOUSE 浅草旅籠」までは浅草駅から徒歩20分弱

「IKIDANE HOUSE 浅草旅籠」は浅草駅(東京メトロ・都営・東武鉄道乗り入れ)から徒歩で20分弱の立地です。

場所的には、浅草寺よりさらに奥の旧吉原にあります。

駅から宿へまでは少し距離がありますが、途中に雷門、仲見世通り、浅草寺、花やしきなどなど色んな名所があり、観光がてら歩いてけるので飽きません。

宿の様子を紹介

それでは宿の様子を紹介します。

建物外観

「IKIDANE HOUSE 浅草旅籠」の外観はこんな感じです。見た通り1階部分が和風になっていて、暖簾が出ているのですぐ分かるかと思います。

中に入ると左手前にレセプションがあるのでそこでチェックインをします。

共有ルームは、畳にテーブルが並んでました。スペースはそこまで広くはありません。

ドミの部屋はどうか?

ドミ内の写真は撮ってませんでしたm(__)m

ドミ自体は、ベッドではなく木枠できたカプセルっぽいような感じの今のゲストハウスでよくあるタイプのやつです。

各ベッドにはそれぞれ、

  • 荷物置き場
  • コンセント
  • ライト
  • 貴重品BOX

があり、プライベートもある程度保たれているので特に困りませんでした。

ここはトイレや水道もあるタイプでした。寝ていると音が聞こえるのと、こちらも気を使うので、ここはちょっと人によって評価が別れる点。

ドミ全体を通しては非常に清潔感があったので、そこは特に問題ありません。

ゲストハウスなのになんと風呂付き!

ここ「IKIDANE HOUSE 浅草旅籠」の特徴は、なんといっても風呂が付いていることです!

というわけで一番風呂を狙って写真を収めました。

こちらがその風呂です。

木が並んでいるのですが、これ実ははヒノキでめちゃくちゃいい香りがします。

少し深めのお湯とヒノキの香りで、体の疲れがめちゃくちゃ取れました。

壁には粋の文字。

シャワーは2つ付いています。

この風呂は入ったら内から鍵をかけるシステムになっているので、基本的にプライベートで利用できます。

もう一度言いますが「プライベート」です。

下手したらホテルとかについている大浴場よりリラックスできるかもしれません。いやできた。

こちらの風呂は18時~24時までの利用となっています。

また、風呂以外にもシャワーが設置されていて、そちらは24時間利用OKです。

屋上からはもちろんスカイツリーが見られる

浅草近辺のゲストハウス・ホステルで屋上からスカイツリーを見るのは割と定番です。

例に漏れず「IKIDANE HOUSE 浅草旅籠」でも屋上スペースがあり、スカイツリーが見られます。

眺めはこんな感じ。

まとめ

というわけで今回は「IKIDANE HOUSE 浅草旅籠」を紹介しました。

全体的に小さめの宿で設備は最小限になっていますが、ゲストハウスでヒノキ風呂に入れるという体験ができるのはこの宿のすばらしいところです。

外国人旅行者の人はもちろん、日本人旅行者もあの風呂は気に入るでしょう。

料金は時期にもよりますがドミで2000円前後です。風呂に入れることも考えると、浅草付近のゲストハウスではかなりコストパフォーマンスに優れていると言えます。

楽天トラベルで詳細を確認>>IKIDANE HOUSE 浅草旅籠

タイトルとURLをコピーしました