世界くるっと.com

海外旅行ハウツーや世界の旅情報を「世界をくるっと」回ったことのある人が発信するブログです。

MENU

休学中でも年金は払う必要ある?出費を抑えたければ学生納付特例制度を活用しよう!

f:id:pechipechipenguin:20190307154407p:plain

「休学をしようと考えているんだけど、年金って払う必要ある?」

「お金的に厳しいし、できるなら年金はいったん止めておきたい・・・」

 

20歳を超えると学生でも納める義務のある国民年金ですが、休学中の場合はどうなのでしょうか?

特に経済的に今は納付したくない学生の人もいるかと思います。 

そこで今回は私自身が実際に休学していたときの経験を元に、休学中の年金事情について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク
 

休学中でも年金免除はできる!むしろ活用しよう!

f:id:pechipechipenguin:20190307154928j:plain

はじめに結論を言いますと、休学中の学生でも年金免除は可能です

休学中でも立場は学生のままなので、まったく問題ありません。

 

そもそも学生かどうかにかかわらず、年金というのは20歳以上になると納める必要が出てきます。

しかし、後述する学生納付特例制度を利用すれば、学生の立場であれば在学中の年金納付を免除することができます。

 

年金の納付額はひと月あたり16000円弱もするので、学生にはかなり厳しい額だと思います。

なので学生納付特例制度を活用して、お金の負担を減らしていきましょう。

学生納付特例制度って?

f:id:pechipechipenguin:20190307155139j:plain

学生納付特例制度とは、現在20歳以上の学生が在学中の国民年金の納付を免除(猶予)される制度です。

繰り返しになりますが、休学中の学生でも対象となります。

 

一応、免除を受けるためには所得基準があってその額は年間で以下の額に収まっている必要があります。

118万円+扶養親族等の数×38万円+社会保険料控除等

引用:学生納付特例制度|日本年金機構

扶養控除の関係で、学生の人の年間のアルバイト給料はだいたい100万円以下に納まることがほとんどなので、まあ問題なく受けられるといっていいでしょう。

申し込み方法

学生納付特例制度の申し込み方法は、

  • 年金手帳or基礎年金番号通知書
  • 学生証or在学証明書

をもって、以下のどちらかに行くだけです。

  • 自分の住民票がおいてある役所
  • 近くの年金事務所

一応、自分の大学でも申し込みできるみたいですが、気分的には役所で手続きしたいところですね。。

自分の場合はこんな感じで手続きした

自分の場合は、年金事務所からの手紙を持って役所の年金課に行って、学生証も一緒に見せるという感じで申し込みしました。

地元の役所なので、ちらっと職員の顔を覗くと知っている人がいたりして、なんとなく気まずい感じがしたのを覚えています・・・(笑)

申請用紙にさっと色々記入して、手続き自体はすんなり終わりました。

申請は年度毎に行う

学生納付特例制度の申請は年度毎に行う必要があります。

対象期間は4月~翌年3月までであることを覚えておきましょう。

ちなみに年度途中で申請しても、その年度の4月から翌年3月までが対象です。

免除された年金は後から追納できる

学生納付特例制度で、免除された年金は後から追納と言う形で納めることもできます。

10年以内であれば追納ができ、年金受給額も増額できるので頭に入れておくとよいでしょう。

単に支払わないと「未納」になるので注意を

ちなみに学生納付特例制度を利用せずに、年金を支払わないままだと単なる「未納」になってしまうの注意しましょう。

なのでパターンとしては、

  • 年金を納め続ける
  • 学生納付特例制度を申請して一旦納付をストップする

のどちらかになります。

学生納付特例制度の手続きは楽なので、めんどくさがらずにさくっと済ませましょう。

まとめ

以上、休学中の学生でも年金の免除ができること、そのための制度として学生納付特例制度のことを紹介しました。

休学中の年金の負担を抑えたいという学生の人は、ぜひ忘れずに活用してもらえればと思います。

ではでは!

関連記事休学中にバイトしたいんだけど大丈夫?そもそも可能?

関連記事休学中でもクレジットカードを作ることは可能?作ったほうがいい?