世界くるっと.com

海外旅行の情報や商品レビューなどなど「世界をくるっと」回ったことのある人が気軽に書いていきます

MENU

国際線は何時間前に空港に到着するべきか?【個人旅行の場合】

f:id:pechipechipenguin:20181128024148j:plain

国際線を利用するときは、2時間前までに空港に到着することが航空会社や旅行会社では言われていますが、実際はどうなのか気になるところだと思います。

特に、ツアーではなく自力で航空券を手配する個人旅行者にとっては、本当に2時間前でいいのか多少不安な部分もあるでしょう。

そこで、今回は国際線は何時間前に空港に到着するべきか?を個人旅行者の場合に焦点をあてて書いていきたいと思います。

僕自身これまでいろんな国の空港を利用してきましたが 、世界中の空港を利用した上での『世界視点』で語ります。

スポンサーリンク
 

国際線では何時間前に空港に到着するべきか?

f:id:pechipechipenguin:20181128030101j:plain

個人旅行者が国際線を利用する場合は『3時間前』の空港到着を目指しましょう。

2時間前到着を目指すと、トラブルがあったときに一気に時間がなくなる

通常、空港に到着するのは2時間前の到着が勧められていますが、2時間前にあわせて行ってしまうと、何かトラブルがあったときの挽回が大変になります

チェックインはたいてい1時間前に締め切られますが、少しでもトラブルがあったりすると、一気にこの締め切り時間が迫ります。

 

ツアー旅行者であれば、空港に着いたらあとは添乗員の指示に従って動くだけですが、個人旅行者は搭乗までの全行程を自分でこなさなければなりません。

それを考えると、2時間前では不十分で、やはり3時間前がゆとりのある時間設定と言えるでしょう。

起こりうるトラブル例

では一体国際線利用時にどんなトラブルが起きるのか、具体例を紹介します。

ちなみに、ここで紹介する例は僕がこれまで実際に体験してきたものでもあります。

1.交通機関の遅延

f:id:pechipechipenguin:20181128030125j:plain

まず考えうるのは空港へ向かう交通機関の遅延です。

電車を使う場合は事故による遅延、バスやタクシーを使う場合は渋滞による遅延が発生する可能性があります。

 

僕の場合は、以前エジプトで市内から空港にバスで向かったところ夕方のラッシュに巻き込まれて、1時間ほどのところが3時間もかかったことがあります。

結局、チェックインの締め切りギリギリの1時間前には間に合うことができたものの、かなり危なかったです。

空港到着を3時間前に設定しておいたおかげで2時間遅れでも大丈夫でしたが、2時間前到着で向かっていたら終了でした。

2.チェックイン時の不備

f:id:pechipechipenguin:20181128030310j:plain

チェックイン時にも何かしらトラブルが起こることがあります。

預け荷物の重量オーバーや渡航書類の不備などがあると、対処のために時間がとられます。

 

以前、関空でシンガポール行きの便に片道航空券でチェックインしたところ、『片道航空券では搭乗できません』と搭乗を拒否され、対応を迫られたことがあります。

このときは、隣国のマレーシアに抜ける手段を証明するという方法で切り抜けましたが(出国の日時、出国に使う交通手段、交通手段を運行する会社名などを調べて提出)、かなり焦った記憶があります。

これも、時間にある程度余裕をもって空港に到着したおかげでなんとか切り抜けられましたが、もしギリギリに到着していたらほぼ対処不能でした。

2時間前到着じゃ絶対ダメなのか?

中には「2時間前じゃ絶対だめなの?3時間前なんてひまそう・・・」なんて思う人もいるかもしれません。

確かに航空会社や旅行会社では、2時間前が推奨されているので一概にダメとは言えません。

  • もし何度もその空港を利用していて勝手がわかっている
  • 旅慣れていて特に空港ですることはない

こんな人は2時間前の到着でもOKでしょう。

ただ、3時間前に空港に到着しても、なんだかんだで意外と早く時間は過ぎちゃいますね。

1時間前にあわせるのは問答無用でアウト

多くの航空会社でチェックイン締め切り時間は、1時間前に設定されています。

念のため書いておきますが、1時間前に合わせて空港に行くのはやめましょう。

ちょっとしたことで、搭乗ができなくなる可能性があります

締め切り時間ギリギリに行って、預け荷物の重量オーバーですとか言われたらもうその時点でほぼ終了です。

基本は3時間前で!

いくら旅慣れていたとしても、トラブルが起こるのが旅というものです。

「うっかり飛行機に乗れませんでした・・・」なんて事態は避けたい所。

何度も言いますが、個人旅行者の場合は全行程を自分でこなさなければなりません

  • 初めて利用する空港の場合
  • 海外の空港を利用する場合
  • あまり旅慣れしていない場合

上記の場合、特に旅の初心者の方は国際線の空港到着はやはり3時間前を目指しましょう。

僕自身、いろんな国を旅していても基本は3時間前に空港到着するようにしています。時間に余裕があるので、トラブルがあっても何とか対処できますよ。

3時間前に空港に行くと空港を楽しめる

3時間前に空港に到着すると、時間に余裕ができるので空港自体を楽しむことができます。

免税店やお土産屋めぐりが楽しめる

f:id:pechipechipenguin:20181128031440j:plain

空港と言えば、まずは免税店や土産屋めぐりでしょう!

買っても買わなくても、その国の特産品や、ハイブランドを見て回るだけで楽しいです。

カフェやラウンジでゆったりとくつろげる

f:id:pechipechipenguin:20181128030637j:plain

飛び立つ飛行機を眺めながらカフェでくつろぐ・・・なんてのもいいですよね。

もし、ゴールドカードやプライオリティパスを持っていれば、ラウンジで優雅なひと時を過ごすことも可能です。

飛行機の見物が楽しめる

f:id:pechipechipenguin:20181128032753j:plain

個人的には飛行機自体が好きなので、飛行機の写真を撮ったりしていくらでも時間がつぶせます。

見学エリアがあれば、行ってみるのもいいですね!

 

せっかくの旅ですから、どうせだったらこのように空港も楽しんでいくのはどうでしょうか?

まとめ

以上、個人旅行者の場合、国際線は何時間前に空港に到着するべきか?について、解説してきましたが、ぜひ3時間前の到着を目指していくことをオススメします

3時間前に行けばトラブルが起きても対処がしやすいですし、時間に余裕があるので空港を楽しむこともできます。

ではでは!