世界くるっと.com

海外旅行の情報や商品レビューなどなど「世界をくるっと」回ったことのある人が気軽に書いていきます

MENU

海外のコンセントを使うには変換プラグが必須!【おすすめのプラグと使い方を紹介】

f:id:pechipechipenguin:20181116141901j:plain

海外のコンセントは、日本のコンセントと形状が違います。

そのため、日本の電化製品をそのままコンセントに挿すことができません。

 

そこで!『変換プラグ』というものを使って、海外のコンセント形状にあわせてあげる必要があります。

スマホ、タブレット、カメラのバッテリーの充電などなど、旅行者の必須任務を遂行するために、変換プラグはなくてはならないものです。

そこで今回の記事では、

  • 海外のコンセントの種類
  • 変換プラグはどんなものか?
  • おすすめの変換プラグ

について紹介していきます!

「まだ、海外のコンセントや変換プラグのことがよくわかっていない・・・」という人はぜひ参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク
 

海外のコンセントの種類

海外のコンセントの種類は主に図の7タイプに別れます。

f:id:pechipechipenguin:20181116122956p:plain

形状が丸から長方形、穴の数も2つから3つとそれぞれかなり変わることがわかると思います。

日本が採用しているのはAタイプです。

 

もし、渡航先のコンセントがAタイプであれば、日本の電化製品のプラグをそのままコンセントにさして使うことができます。

(※壁側をコンセント、ケーブル側の端子をプラグと言います)

しかし、コンセントの種類がAタイプでない場合は、プラグの形状を変えるための変換プラグが必要になります。

電圧も違うけど、旅では余り気にしなくてOK

ちなみに日本と海外の国々では電圧の大きさも違います。

日本の電圧は100Vですが、ヨーロッパに行くと220V~230Vぐらいになります。

もし、日本の電圧にしか対応していない電化製品を海外で使うとショートするなんて可能性もあります。

変圧器はほぼ必要ない

とすると、電圧を変換するための変圧器が必要なんじゃないの?と思ってしまうかもしれませんが、今ではほとんど必要がありません。

なぜなら、スマホ、カメラをはじめとした旅行時に持っていくような電化製品は、世界中の電圧に対応しているためです。

 

ためしに、持って行くつもりの電化製品をよく見て見ましょう。

100V-250Vのような表記があれば、問題ありません。

変換プラグを持っていくだけでOKです。

変換プラグってこんなもの

変換プラグとはこういうものになります。

f:id:pechipechipenguin:20181116130518j:plain

写真のは『A⇒Cに変換する用』で、Cタイプの丸ピンが2つついています。

 

反対側にはAタイプの差込口がついています。

f:id:pechipechipenguin:20181116130522j:plain

 

使い方は簡単で、こんな風に連結させてコンセントに差し込むだけです。

f:id:pechipechipenguin:20181116131124j:plain

 

日本を出発する前に、渡航先のコンセントの種類を調べて、それに合った変換プラグを購入しておくことが重要です。

忘れてしまうと海外で充電できないなんて最悪パターンも・・・。

変換プラグのおすすめはマルチタイプ

変換プラグには、どんなコンセント形状であっても変換ができるマルチタイプのものもあります。

先ほどの『A⇒C変換用』だとCタイプの国でしか使えませんが、マルチタイプの場合は全世界で使うことが可能なので、個人的にはマルチタイプがオススメです。

マルチタイプってこんなもの

マルチタイプの変換プラグはこういうものになります。

f:id:pechipechipenguin:20181116141901j:plain

マルチタイプの使い方

マルチタイプの変換プラグを使うときは、コンセントの種類にあわせてこんな風に分解、変形、合体させます。

f:id:pechipechipenguin:20181116142045j:plain

f:id:pechipechipenguin:20181116142051j:plain

ちょっと楽しいですね。

 

プラグの形状が作れたら、あとは電化製品のプラグをさして、一緒にコンセントに差し込むだけ(写真はB3タイプに変形)

f:id:pechipechipenguin:20181116142106j:plain

 

マルチタイプを持っておけば、渡航先のコンセントの種類が何タイプかいちいち調べる必要もなくなるので非常に便利です。

この先いろんな国に行くかもしれないという人には、特にマルチタイプはオススメです。

これまでアジア、中東、ヨーロッパ、南米などなど色んな国に行って来ましたが、これひとつで変換はバッチリOKでした。

以上、海外のコンセントの種類や変換プラグについて解説してきました。 

変換プラグは海外でコンセントを使うためにマスト!なグッズなので、渡航の際には絶対忘れないようにしましょう。

 

また、変換プラグとあわせて電源タップ・延長コードといったものを持っていくとより便利になるので、あわせて持っていくことをオススメします。

それでは!