世界くるっと.com

海外旅行の情報や商品レビューなどなど「世界をくるっと」回ったことのある人が気軽に書いていきます

MENU

海外旅行時の両替マニュアル!【日本か海外どこで両替していく?】

f:id:pechipechipenguin:20181111020312j:plain

この記事では、海外旅行時の両替についてマニュアル風にまとめました。

日本と海外での両替パターン、両替のやり方、両替のポイント・注意点までそれぞれ解説しているので、まだ両替をしたことがない人は、ぜひ学んでいきましょう。

また、久々の海外だから両替方法なんて忘れてしまっているという人も、参考にしてもらえればと思います。

スポンサーリンク
 

両替はどこでする?

f:id:pechipechipenguin:20181111010509j:plain

日本か現地で両替をします。

日本で両替できる場所

  • 銀行
  • 両替所
  • 金券ショップ
  • 空港

その他に外貨宅配サービスなどもあります。

日本で両替しておくべき?

USドルとユーロは日本での両替がオススメです。海外よりも日本のほうがレートがいいです。

それ以外の通貨は現地での両替がオススメです。

  • USドルとユーロ⇒日本で両替
  • それ以外の通貨⇒現地で両替

また、そもそも日本円が通用しない国に行く場合もUSドルやユーロを日本で準備しておいたほうがいいでしょう。

日本ではどこで両替するのが得か

日本で両替をする場合、場所によってレートは大差ないのでどこでもいいでしょう。

空港で両替する場合でも、空港内に銀行があれば、街とレートは変わりません。

もし得に両替したいなら、場所を気にするより円高のときを狙ったほうが安く済ませやすいです。

銀行での両替がオススメ

主にドルやユーロの話ですが、個人的には銀行(外貨両替コーナー)で両替がオススメです。

なぜなら、ピン札(新札)をもらえるから

海外では、しわくちゃのお金だと受け取ってもらえないなんてことがたまにあります。偽札かと警戒されるわけですね。

ピン札ならその心配がなくなります。

現地(海外)で両替できる場所

つぎは、現地(海外)での両替についてです。

現地で両替できる場所は主に以下になります。

  • 空港(駅・バスターミナル)
  • 両替所
  • 銀行
  • ATM

メリットデメリットを表にまとめるとこんな感じ(スマホの人は見づらいかもしれませんm(__)m)

f:id:pechipechipenguin:20181111080601j:plain

海外の場合、一般的に空港のレートは市内よりよくないことがほとんどです。

市内での両替場所は、両替所か銀行になりますが、旅行者が普段に使うのは両替所がメインになるでしょう。

現金両替以外にも、クレジットカードでATMからお金を引き出すこともできます。

現地ではいつ両替するか?

海外で両替をするタイミングは主にこちらです

  1. 現地到着後すぐ:場所は空港の両替所。
  2. 旅行中:場所は市内の両替所や銀行など。
  3. 現地出発前:場所は空港の両替所。余った現地のお金を再両替して日本円に戻します。

両替は『日本円⇒現地通貨』だけでなく、『現地通貨⇒日本円もしくは他国通貨』というパターンもあることをおぼえておいてください。

 

実際の流れとしては、こんなイメージになります。

  1. 現地到着後の空港で両替。まず市内に移動する分を両替。
  2. ホテルにチェックインしたら、改めて市内の両替所で両替
  3. 出発前の空港で余ったお金を再両替

両替のやり方

f:id:pechipechipenguin:20181111010650j:plain

続いて、両替のやり方をみていきましょう。空港・両替所・銀行など、世界中どこもやり方は大体同じです。

  1. レートを確認:両替所の前にはレートが表示されているのでしっかりと確認しましょう。申請書がある場合は額を記入します。
  2. 窓口で申し込み:窓口に行き両替したい分のお金を提出します。海外ではパスポートの提示を求められる場合もあります。
  3. 両替されたお金と証明書を受け取る:両替されたお金の額が間違いないか確認しましょう。両替の証明書ももらえます。
  4. 完了:以上で現金両替完了です。すぐにお金はしまいましょう。

現地(海外)での両替のポイント・注意点

f:id:pechipechipenguin:20181111014315j:plain

現地での両替のポイント・注意点を知っておきましょう。

空港では街に出る分の小額だけの両替にとどめる

基本的に海外の空港はレートが悪いので、空港から市内に出る分などの小額の両替にとどめておくのがいいでしょう。

市内へ出たあとに、改めて両替所等で両替したほうが安上がりです。

 

ATMでのキャッシングを利用するなら、空港と市内でレートが変わるわけではないので、この点については特に心配要りません。

一度に多くのお金を両替しすぎないように

現地で一度に多くのお金を両替してしまうと、旅行期間中に使いきれなくなってしまったり、盗難・紛失時のダメージが大きくなってしまいます。

何回かに分けて、必要な分だけを両替するのがポイントです。

証明書は取っておこう

両替所で渡される証明書は捨てずにとっておきましょう。再両替の際に求められる場合があります。

ATMでのキャッシング時に出てくるレシートも、不正利用があった際などの証明になるのでとっておいたほうがいいですね。

余ったお金はその国にいるうちに再両替しておくと〇

通貨の種類によっては日本はもちろん、他国での両替ができないことも多いです。

もしお金が余ったら「あとでもいっか」と思わず、その国にいるうちに再両替をしておくといいでしょう。

コインは両替できないので、使い切るかコレクションにしてしまいましょう。

怪しい両替の誘いに乗らない

街をあるいているとたまに「エクスチェンジ?」とか「安く両替できる」と言って、近づいてくる両替商がいますが、そうした怪しい誘いには乗らないようにしましょう。

路上で両替をしているときに、警察(グル)が近づいてきて賄賂を要求してくるみたいな旅行者狙いの詐欺もあるので。

海外キャッシングも活用すると便利

f:id:pechipechipenguin:20181111011056j:plain
f:id:pechipechipenguin:20181111010710j:plain

現地通貨を手に入れる方法には現金両替以外にも、海外キャッシングがあります。

実は私の場合、現地通貨を手に入れるのには、現金両替よりも海外キャッシングを使うことがほとんどです。

 

手数料・利便性・リスク管理考えても、現金両替より有利な面が多いので、海外キャッシングの活用を視野に入れてみることもオススメします。

「海外キャッシングについてまだよく知らない・・・」という人は、以下の記事に基本的なことが書いてあるので参考にしてみてください。

www.sekai-kurutto.com

まとめ

というわけで、海外旅行時の両替について、両替方法から両替のポイント・注意点までを解説してみました。

海外旅行と両替は切っても切り離せない関係なので、うまく使いこなしていきましょう!

 

以下の記事もあわせて読んでもらえると、海外旅行時のお金の扱いに関して大体理解できると思いますので、ぜひ一緒にどうぞ。

www.sekai-kurutto.com

ではでは!