世界くるっと.com

海外旅行の情報や商品レビューなどなど「世界をくるっと」回ったことのある人が気軽に書いていきます

MENU

国際学生証の作り方とメリット!海外を旅行する学生はぜひ作っておこう!

f:id:pechipechipenguin:20181104164041j:plain

国際学生証は現在世界130カ国以上、約500万人以上の学生が利用している国際的な学生の身分証明書です。在学中の学生であれば、誰でも作ることができます。

世界中の観光地や、博物館、美術館、乗り物、宿泊施設などで割引を受けられるので、これから海外を旅行するという学生ならぜひ発行しておきたいカードです。

この記事ではそんな国際学生証の作り方とメリットを紹介します。

スポンサーリンク
 

国際学生証の作り方

f:id:pechipechipenguin:20181117141658j:plain

国際学生証の作り方は、取得に必要なものと代金を持って、各大学の生協かユースホステル協会などで申し込みをするだけです。

国際学生証の取得に必要な物

国際学生証の取得に必要な物は以下のものです。

  • 申請書用紙1枚
  • 学生証のコピーまたは在学証明書の原本
  • 休学中の人は休学証明書
  • 写真1枚(縦3.3cm×横2.8cm。6ヶ月以内作成)
  • 発行代金1750円(郵送の場合は2300円)

国際学生証の作り方

国際学生証の申請用紙

発行場所

発行場所は国際学生証を取り扱う大学の生協、もしくは各地のユースホステル協会など。

 

ちなみに私はユースホステル協会に行って申し込みました。

発行は即日なので手軽です。写真はそのまま切り取って、国際学生証にラミネートで貼り付けられるのが驚きでした。けっこう手作り感のある学生証ができます。

また、国際学生証の有効期限は発効日から1年間となります。

国際学生証のメリット

f:id:pechipechipenguin:20181117141451j:plain

国際学生証のメリットは冒頭でも述べたように、世界中の観光地をはじめ、博物館、美術館、乗り物、宿泊施設などで割引が受けられることです。

割引が受けられる施設・サービスなど

割引が受けられる施設やサービスは、以下のページから探す必要があります。

海外での割引:» Benefits » ISIC

日本での割引:割引と特典 | ISIC - Student ID

 

Somewhere(場所)に国名・地名を英語で入力し、Categories(カテゴリー)のチェック欄で自分の探しているジャンルのものをチェックして検索をかけると、その下に該当の割引特典が表示されます。

f:id:pechipechipenguin:20181104183607j:plain

 

自分で検索しないといけないところが少し不便なところですね。はじめから一覧で割引可能な施設をバーって載せてくれたらありがたいのですが(^_^;)

 

日本だと紀伊国屋書店で洋書を買う場合15%オフが受けられます。

これまで使えた場所

うろ覚えている限りで、これまで国際学生証が使えた場所をあげてくと、、、

エジプトのピラミッドや、ペルーのマチュピチュの入場時に国際学生証を提示してどちらも半額の割引を受けることができました。

特にマチュピチュは大人料金が現在5000円ぐらいなので、2500円もの割引になります。これだけで十分、カードの発行手数料をペイできちゃいますね。

上手な使い方

どこで割引が利くか全部調べるのは大変なので、とりあえず国際学生証を持っておいて、なにかしら入場料などを払うときに「学生料金はありますか?」と聞いてみるのがいいと思います。

 

余談ですが、学生料金とか特に設定してない所でも「学生なんですけど・・・」と言ったら割引してくれるなんてこともありました(笑)。世界にはまだまだおおらかなところが残っています。

まとめ:海外を旅行する学生は国際学生証を作ろう

というわけで、国際学生証の作り方やメリットを紹介してきました。特に海外でメリットを発揮するので、これから海外を旅行するという学生は、ぜひ国際学生証を作っておくことをオススメします。

パンフレットが大学の生協などに置いてあるはずなので、次の授業終わりにでも取りにいってみてはどうでしょうか?