世界くるっと.com

海外旅行の情報や商品レビューなどなど「世界をくるっと」回ったことのある人が気軽に書いていきます

MENU

国際免許証の取得方法は?もし海外旅行先で車を運転するかもしれないなら取ろう!

国際免許証の取得方法

「もしかしたら、海外旅行先で車を運転するかも・・・」という人は、日本で国際免許証を取得しましょう。

国際免許証とは文字通り、海外で車を運転する際に使う運転免許証です。国外運転免許証ともいいます。

 

海外に行く予定の人なら、日本の運転免許証を持っていれば誰でも簡単に取得することができます。

今回はそんな国際運転免許証の取得方法を紹介していきます!

スポンサーリンク
 

国際免許証の取得方法

f:id:pechipechipenguin:20181106005424j:plain

国際免許の取得方法は、取得に必要なものを持って自分が住民登録をしている都道府県の運転免許センターに行って申請を行うだけです。

基本的に即日発行なので、取得自体は手軽にできます。

国際免許証の取得に必要な物

国際免許証の取得に必要な物は以下のものです。

  • 自分の運転免許証(有効なもの)
  • パスポートなどの渡航証明書類
  • 国際免許証用の写真1枚(縦5cm×横4cm。6ヶ月以内作成)
  • 認め印(自治体によっては必要)
  • 手数料(自治体によって違うが大体2400円ぐらい)

発行場所

自分が住民登録をしている都道府県の運転免許センターで発行できます。

引越しなどをしていなければ、自分が運転免許証を取得した場所と同じです。

交付は即日ですが、受付時間は基本的に平日のみとなっているので注意しましょう。

国際免許証発行の流れ

①各都道府県の免許センターに行き、手数料を支払って収入証紙(切手のようなもの)を購入。

②国際免許証の申請書を記入し、先ほどの収入証紙を貼り付けて、他の必要書類と共に窓口に提出。

③そして交付。

と、大体上記の流れになります。

 

当日は収入証紙を買って、申請書を書くだけでいいので発行自体はかなり簡単です。

実際に私が取得しに行ったときもあっさりと終わりました。

国際運転免許証に関するQ&A

f:id:pechipechipenguin:20181106005337j:plain

国際運転免許証に関するQ&Aを書いておきました。

有効期間は?

国際運転免許証の有効期間は1年間になります。

しかし、日本の運転免許証が失効してしまうと、国際運転免許証も使えなくなってしまうので注意しましょう。

どこの国でも使えるの?

国際運転免許証を持っていればどこの国でも車を運転できるわけではありません。国際運転免許証で車を運転できるのは、ジュネーブ条約を締結した国のみになります。

締結国は警視庁のHPで確認できます。

国際免許証がなくても車を運転できる国はある?

例外として、ハワイやグアムなどでは日本の免許証でも車を運転することができます。

まとめ

以上、国際免許証の取得方法と、おまけとしてQ&Aを紹介してきました。

もし海外旅行先で車を運転するかもしれないなら、ぜひ取得してきましょう。