世界くるっと.com

海外旅行の情報や商品レビューなどなど「世界をくるっと」回ったことのある人が気軽に書いていきます

MENU

【目的別】旅におすすめの国をまとめてみた!君はどんな国へ行きたいか?

f:id:pechipechipenguin:20180825185132j:plain

 

海外へ旅に出る理由は人それぞれ。

 

おいしい食べ物を食べたい、絶景を見たい、人と触れ合いたい、自分探しをしたい、冒険をしたい、誰も行ったことがないようなところにいきたいなどなど、人によって違います。

 

ですが色々と思いがある分、旅先選びには結構苦労したりもします。

 

ネットでおすすめの国とか調べてもありきりたりなものしか出てこない・・・なんて思っている人も少なくはないのでしょうか?

 

そこで今回は、これまで私が旅してきた国の中から、この国はこんな人にお勧めしたいなという国を独自な視点から紹介してみようと思います。

 

もし旅行先をどこにしようか悩んでいるなら、ぜひひとつ参考にしてみてください。

 

それではどうぞ!

スポンサーリンク
 

 

初心者ならおすすめの国

まずは海外を旅行するのが初めてという人におすすめな国から!

 

はじめてだったら、台湾や香港、韓国当たりが日本からも近いし、旅行者も多いので行きやすいですが、私はこれらの国に言ったことがないのでなんともいえません・・・(笑)

 

その代わりにおすすめしたいのが東南アジアの国

 

比較的日本人旅行者も多く、値段的にも安くいけます。さらに東アジアの国と違って、人や文化の感じも変わるので何よりちゃんと海外に来たという感じがします。

 

シンガポール

f:id:pechipechipenguin:20180822172931j:plain

マーライオンで有名なシンガポール。

 

治安も悪くなく、初めてでもかなり旅しやすいです。ちなみに私が初めて海外の旅先に選んだのもここ。

 

小さい国なので見所もまとまって回りやすいです。

関連記事:初めての海外旅行で行ったシンガポールの感想とか考察をつらつらと書きつづっていきます

マレーシア

f:id:pechipechipenguin:20180822172920j:plain

シンガポールのお隣マレーシア。

 

物価が安く、クアラルンプール、マラッカ、ペナン島と見所も豊富です。個人的にはマラッカがおすすめ。

マレーシアの記事はこちら>>マレーシア旅行の記事一覧

タイ

f:id:pechipechipenguin:20180822172857j:plain

そして、タイ。

 

タイに行ったら、日本の飲食店をはじめとして、日系企業が多いことに驚くと思います。住んでいる日本人も多いので、日本人向けのものも多数。つまりは、過ごしやすいということです。

 

タイ料理もおいしいし、タイならではの寺の感じとか、仏教の感じとかそういうを見に行くだけでも面白いです。

f:id:pechipechipenguin:20180822172906j:plain

タイの記事はこちら>>タイ旅行の記事一覧 

オシャレな町並みを堪能したいならおすすめの国

海外を旅行するなら、町歩きは欠かせないですよね。

 

町歩きは私も大好きで、それだけでも十分一日つぶせます。特にいい町並みがあるとついついかっこよく写真を撮ろうと、何度もカメラのシャッターを押してしまいますね(笑)

 

「海外に行ったならやはりおしゃれな町並みを堪能したい!」なんて人におすすめの国を紹介したいと思います。

フランス

f:id:pechipechipenguin:20180822180438j:plain

オシャレな町といえばやっぱフランスでしょう!

 

パリのシャンゼリゼ通りとかね、、、もうその辺をあるくだけでも優雅な気分になること間違いなし。

フランスの記事はこちら>>フランス旅行の記事一覧

イタリア

f:id:pechipechipenguin:20180822180449j:plain

フランスのお隣イタリアも、これまたシャレています。

 

特にミラノなんかを歩くと、「街中でファッションショーでもやっているの?」と思ってしまうくらい、モデルのような人とか普通に歩いていますからね。

 

水の都ベネチアとかも最高です。

イタリアの記事はこちら>>イタリア旅行の記事一覧 

アルゼンチン

f:id:pechipechipenguin:20180821165826j:plain

ヨーロッパから打って変わって、南米のアルゼンチンも実は結構シャレた町並みが多い国です。意外かもしれませんが。

 

首都のブエノスアイレスは南米のパリなんて例えられるくらいです。

 

特におすすめなのは写真のバリローチェという町。湖や山で囲まれた町並みは美しい。

カルチャーショックを受けたいならおすすめの国

自分の価値観を変えるくらいのカルチャーショックを受けるというのも旅の醍醐味です。

 

カルチャーショックを受けるのにおすすめの国をご紹介します。このあたりからちょっと旅先がコアになっていくかも・・・(笑)

キューバ

f:id:pechipechipenguin:20180821164702j:plain

カリブ海の島国キューバ。

 

ここは今も社会主義の国であり、町を歩いていると配給に並ぶキューバ人民の姿を見かけることもあります。

 

さらに、ヨーロッパの植民地時代の建物が並び、その中を隣国アメリカのクラシックカーが走っています。

 

さまざまなカルチャーやイデオロギーが交錯したこの国は、カルチャーショックを受けるのにはおすすめです。体制が変わってしまう前に訪れることをおすすめしたいです。

関連記事:キューバを一人旅行したときのまとめと感想を書きます!【今のうちに行ったほうがいいかも・・・!?】

イラン

f:id:pechipechipenguin:20180821164853j:plain

中東ペルシャの国イラン。

 

国家体制がイスラム教シーア派の国です。イスラム教やシーア派と聞くと、ついついテレビのニュースで流れるようなおっかないことを想像してしまいますが、そんな想像は実際にイランを訪れると打ち砕かれるでしょう。

 

イランの人めちゃくちゃ優しいし、治安もそんな悪くありません。

 

行って確かめるかどうかはあなた次第。

 

ちなみに、ペルシャ時代の建物やイスラムの優雅な建築が並んでいて非常に美しいところでもあります。

関連記事:イランを実際に一人旅行したときのまとめと感想を書きます【中東ペルシャに興味がある人必見】

中央アジア諸国

f:id:pechipechipenguin:20180825184102j:plain

カルチャーショックを受けたいなら、中央アジア諸国を訪れることをおすすめします。

 

私はウズベキスタン、カザフスタン、キルギスを訪れましたが、個人旅行だと正直これらの国は旅の難易度が少し高いです。

 

というのもこれら中央アジア諸国ももともとは旧ソ連の国。今もまだまだ社会主義の文化が残っています。

 

たとえば、タクシーやバスにいたっては車内が客で埋まらないと日とが乗車しないなんてこともしばしば。

 

1分単位で定刻、定時運行を争う日本とはまるで発想が違います。

 

でもそんな中にあえて飛び込んでみるのも断然あり。いやむしろ飛び込んでみないとわからない。

関連記事:中央アジアを実際に一人旅行した時のまとめと感想を書きます【中央アジアに興味ある人必見】

大自然の絶景を堪能したいならおすすめの国

旅といえばやっぱり大自然の絶景を堪能したいですよね。

 

私自身、自然の絶景を見に行くのは特に大好きです。

アルゼンチン

f:id:pechipechipenguin:20180821165004j:plain

アルゼンチンの見所はなんといっても膨大な自然。特に南米40度以南のパタゴニア地方にいくとその雄大な自然の絶景を見ることができます。

 

代表的なのはロスグラシアレス国立公園にあるペリトモレノ氷河。実際に目にすると、尋常じゃなく巨大な氷河でした。これは本当に人生で一度は見るべき!

f:id:pechipechipenguin:20180821165158j:plain

関連記事:アルゼンチンを一人旅行したときのまとめと感想を書きます!【特にパタゴニアに興味のある人必見!】

ボリビア

f:id:pechipechipenguin:20180821165359j:plain

大自然の絶景が見られる国といえば、同じく南米のボリビアもおすすめ。

 

そう、あの鏡張りで有名なウユニ塩湖がある国です。

 

ウユニ塩湖ももちろんすばらしいですが、個人的にはボリビアとチリにまたがるアタカマ高地も訪れてみてほしい場所です。

 

この場所は別名「宝石の道」と呼ばれ、次々に異次元な絶景が現れます。

f:id:pechipechipenguin:20180821165340j:plain

関連記事:チリとボリビアをまたぐ「宝石の道」で目にした異次元の景色を紹介していく

宗教について考えてみたいならおすすめの国

日本では普段なかなか意識することのない宗教。

 

われわれ日本人にはなじみがないだけに、せっかく海外に出たなら「なんで宗教を信じるのか?」といった根本的な問いから、その国やそこで暮らす人々の宗教観などについて考えてみるのもいいでしょう。

 

そんな宗教のことについて考えてみたいならおすすめの国をご紹介。

イラン

f:id:pechipechipenguin:20180821165453j:plain

カルチャーショックを受けたいなら・・・で紹介したイランですが、宗教について考えてみたいなら、なおさら訪れてみるのをおすすめしたい国です。

 

これほど宗教が根付いている国というのもあまりないからです。

 

私たち、日本人は普段宗教の話ってあまりしないし、若干タブーみたいなところもありますが、イランの人たちにとっては宗教の話をするのは当たり前みたいなところがあります。

 

「どうしてそうなのか?」なんて考えながら旅してみると面白いでしょう。

イスラエル

f:id:pechipechipenguin:20180821165635j:plain

宗教について考えたいなら、おすすめなのはずばりイスラエルでしょう。

 

ユダヤ教、イスラム教、キリスト教の世界三大宗教の聖地です。エルサレムに行くと、それぞれの宗教の聖地が密接していて、それぞれの教徒がいます。

 

世界三大宗教が一堂に会したような場所はここくらいなもの。それを間近で見られるのはここイスラエルぐらい。

民族について考えてみたいならおすすめの国

世界にはさまざまな民族が暮らしています。

 

日本では民族を意識することなんて余りありませんが、そんな民族というものを考えてみたいならおすすめの国です。

中国

f:id:pechipechipenguin:20180821165706j:plain

民族というものについて考えてみたいなら、中国をおすすめします。

 

10億人を優に超える人口を全56の民族が構成しています。そのほとんどは私たち日本人とよく似た漢族が占めていますが、民族によってはまるで似ても似つかない顔をしています。そして、宗教や文化も全然違います。

 

私は中国の新疆ウイグル自治区を訪れましたが、この地に住むウイグル族の宗教はイスラム教を信仰し、食事はナンや羊を食べますし、言語はアラビア語とよく似たウイグル語を使います。

 

同じ中国人だけど、これだけ何もかも違う人たちを見て、「国とは?民族とは?それを分けたり、一緒にしたりするものはなんだ?」と考えずにはいられませんでした。

 

日本から近く身近な国でもある中国ですが、日本と違って超多民族国家でもある中国は民族というものを考えるのにうってつけです。

関連記事:新疆ウイグル自治区を実際に一人旅行した時のまとめと感想を書きます【ウイグルに興味のある人必見】

旧ユーゴスラビア諸国 

f:id:pechipechipenguin:20180822180410j:plain

旧ユーゴスラビア諸国とは現在のスロベニア、クロアチア、ボスニアヘルツェゴヴィナ、セルビア、モンテネグロ、コソボ、マケドニアを指します。

 

ほんの少し前まで、ユーゴスラビアという1つの多民族国家でした。

 

連邦解体に伴う民族紛争などを経て、いまではそれぞれの国が独立して新たな道を歩んでいます。

 

シリアスなことを考えてしまうことは否めないけど、そういうことを勉強するというのもいいのかなと。旧ユーゴを旅するとそれぞれの国の立ち位置や考え方が見えてくるかもしれません。

関連記事:旧ユーゴスラビア&周辺国を一人旅行したときのまとめと感想を書きます【旧ユーゴやバルカン諸国などに興味ある方へ】

シンガポール

f:id:pechipechipenguin:20180825184259j:plain

日本から手軽に行きやすい国だと、東南アジアのシンガポールもおすすめ。

 

シンガポールも多民族国家の国で、

 

CMIO=CHINA中国人、MALYマレーシア人、INDIAインド人、OTHERその他

 

で主に構成されています。それぞれチャイナタウン、アラブストリート、リトルインディアと民族ごとに特色ある町並みも見られます。 

おわりに

というわけで、私独自の視点からおすすめな国を目的別に紹介してみました。

 

あなたが行ってみたい国はありましたか?

 

とりあえず現時点で思いつくままに書き出してみましたが、この記事に関してはこれからもさらに書き足していこうと思っています。

 

もし旅先をどこにしようか悩んでいる方の参考になればうれしく思います。では!