世界くるっと.com

海外旅行の情報や商品レビューなどなど「世界をくるっと」回ったことのある人が気軽に書いていきます

MENU

きっと思い出に残ること間違いなしな世界のモスク・霊廟10選

f:id:pechipechipenguin:20180821170611j:plain

イスラム教の寺院であるモスクや霊廟。

 

私は旅の中でもこれらの建物を見に行くことが結構好きです。

 

日本にはないような特徴的な形に、非常に美しく細かい装飾。日本にはない感覚で作られているからこそ惹かれるのかもしれません。

 

今回は、これまで私が訪れたことのあるモスクや霊廟といったイスラム関連の建物中から特に印象に残ったものをご紹介したいと思います。

 

きっと思い出に残ること間違いなしなもの厳選したので、海外旅行・観光でモスクを見に行きたいと考えている人はぜひ参考にしてもらえればと思います。

 

それではどうぞ!

スポンサーリンク
 

1.サルタンモスク/シンガポール

f:id:pechipechipenguin:20180821170557j:plain

サルタンモスクは東南アジア、シンガポールにあるモスク。

 

私が初めて訪れたモスクです。

 

礼拝の様子を見学してみて、その荘厳な雰囲気と五体投地をおこなう人にカルチャーショックを受けました。やっぱり初めて見るものは記憶に残りますね。

f:id:pechipechipenguin:20180822134345j:plain

シンガポールは比較的に日本からも訪れやすく旅行しやすいので、初めていくにはおすすめです。

2.エイティガール寺院/中国・新疆ウイグル自治区

f:id:pechipechipenguin:20180821170603j:plain

中国新疆ウイグル自治区の最西端に位置するカシュガルという町にあるのがエイティガール寺院。

 

この町は同じ中国の中でも首都の北京とは~時間も差がある場所。明朝まだ夜も明けぬうちから、イスラム教のアザーンの音が鳴り響きます。

 

建物自体に特徴があるというわけではないのですが中国最西端のこの場所に確かに存在するイスラム教の雰囲気、空気感はやっぱ忘れられない。

f:id:pechipechipenguin:20180822133155j:plain

3.カルタミナル/ウズベキスタン・ヒヴァ

f:id:pechipechipenguin:20180821170611j:plain

まっさらな青空の中に、美しい模様を施した一本の青い塔が走り抜けます。

 

カルタミナルという名前のこの塔があるのは、ウズベキスタンのヒヴァ。

 

ただただ見上げるままになってしまう美しさでした。

4.アミールティムール廟/ウズベキスタン・サマルカンド

f:id:pechipechipenguin:20180821170627j:plain

ウズベキスタンのサマルカンドにあるのがアミールティムール廟。

 

かつてこの地を治めた指導者ティムールが眠る霊廟です。

 

その佇まいにはなんとなく人をひきつける感じがある建物でした。

5.レギスタン広場/ウズベキスタン・サマルカンド

f:id:pechipechipenguin:20180821170636j:plain

ウズベキスタンのサマルカンドを代表するのがこのレギスタン広場。

 

3つの神学校(マドラサ)が向かい合っています。一つ一つのマドラサが圧倒的な大きさを持つこの広場のスケールは半端ではありません。

 

ウズベキスタンでも最高の写真スポットですね。

f:id:pechipechipenguin:20180822133314j:plain

6.ブルーモスク/トルコ・イスタンブール

f:id:pechipechipenguin:20180821170645j:plain

トルコイスタンブールにあるのがブルーモスク。

 

このどっしりとした圧倒的な存在感はやっぱり誰の印象にも残ると思います。『世界一美しいモスク』とも称されます。

 

内側の装飾が非常に美しいです。

f:id:pechipechipenguin:20180822133344j:plain

7.アヤソフィア/トルコ・イスタンブール

f:id:pechipechipenguin:20180821181832j:plain

トルコのイスタンブールといえば、ブルーモスクが有名ですが、個人的にはアヤソフィアもおすすめ。

 

宗教関連の建物に興味があるなら一度は見学してほしい場所です。

 

なぜならアヤソフィアはその歴史の中で、キリスト教の正教会、カトリック教会、そしてイスラム教と複数の宗派を渡り歩いた建物だからです。

 

つまり、教会の時代もあれば、モスクの時代もあったということです、、、

 

その証拠に建物内部にはキリスト教の装飾と、アラビア文字が書かれた装飾が混在しています。

f:id:pechipechipenguin:20180821180610j:plain

8.岩のドーム/イスラエル・エルサレム

f:id:pechipechipenguin:20180821170655j:plain

岩のドームはイスラエルのエルサレムにあります。

 

エルサレムといえば3大宗教の聖地ですが、このうちイスラム教の聖地になっているのがこの岩のドームです。

 

中央の金色のドームが特徴的ですが、それを支える建物の青色部分の装飾が印象的でした。

 

シンプルだけどやはり特別感があります。

9.イマーム広場/イラン・イスファハーン

f:id:pechipechipenguin:20180822133423j:plain

イマーム広場。イランのイスファハーンにあります。

 

『世界の半分』と称されるほど栄華を極めたイスファハーンの象徴がここイマーム広場。複数のモスクや宮殿で囲まれた複合施設です。

 

イマーム広場は昼間もいいですが、夜になるとライトアップされて非常に神秘的でした。

f:id:pechipechipenguin:20180821170712j:plain

イマーム広場は本当に美しかった!

10.マスジェデナスィーロルモスク/イラン・シーラーズ

f:id:pechipechipenguin:20180821170725j:plain

同じくイランからマスジェデナスィーロルモスク。

 

ステンドグラスを通して礼拝堂内部に差し込む光の色鮮やかさは息を呑むこと間違いなしです。

 

ぜひ一度その目で見てみてほしい場所です。

おわりに

というわけで世界の色々なモスクや霊廟を紹介してきました。

 

あなたが見に行ってみたいところはありましたでしょうか?

 

日本人にとってはなじみのない場所ですが、美しい装飾や荘厳な雰囲気は本当に魅力的です。まだモスクに行ったことがないよという人は、ぜひ行ってみてほしいなと思います。