世界くるっと.com

海外旅行の情報や商品レビューなどなど「世界をくるっと」回ったことのある人が気軽に書いていきます

MENU

エポスカードは無料の海外旅行保険付きクレジットカードの中ではまず持っていきたい1枚!

f:id:pechipechipenguin:20180821161017j:plain

海外を旅行する上で欠かせないのが海外旅行保険。

 

海外旅行では何が起こるかわからないため、もしものために保険をつけていくことはとても大事なことです。

 

ですがその一方で、海外旅行保険は出費がかさむのが事実。

 

なので最近はクレジットカードの海外旅行保険を済ませるというやり方も、ポピュラーになっています。

 

しかし、保険つきのクレジットカードってたくさんあって「どれがいいのか・・?」と悩みどころですよね。

 

そんなあなたにおすすめなのはずばりエポスカード

 

エポスカードは無料で海外旅行保険が付いてくるクレジットカードとしてはかなり優秀なので、今回はその点について解説していこうと思います。

スポンサーリンク
 

 

エポスカードの無料海外旅行保険が優秀なポイント

f:id:pechipechipenguin:20180820225437p:plain

【エポスカード】

 

エポスカードは丸井(OIOI)が発行するクレジットカードです。

 

主な特徴としては、カードブランドは世界で最も通用度が高いVISA。そして、無料で海外旅行保険が付帯しています。

 

それでは、海外旅行保険が付いてくるクレジットカードがたくさんある中で、どうしてエポスカードの海外旅行保険が優秀なのでしょうか?

 

その点について解説していこうと思います。

手続き不要の「自動付帯」

エポスカードの海外旅行保険は「自動付帯」です。

 

クレジットカードについてくる海外旅行保険の種類は主に以下の2種類です。

  • 利用付帯
  • 自動付帯

このうち「利用付帯」のカードは、旅行に出発する費用を当該カードで支払うなどしなければ保険を適用させることができません。

 

一方、「自動付帯」のカードならば、特に何の手続きも必要なく旅行に出たその日から保険が自動で適用されるので、手間がかからないメリットがあります

傷害・疾病補償額が他のカードより高い設定

エポスカードの海外旅行保険の補償内容は以下の通りです。

f:id:pechipechipenguin:20181024001753j:plain

この中でも、傷害治療費用と疾病治療費用の額が一般の無料クレジットカードにくらべてずば抜けています

 

一般のクレジットカードが通常100万円程度の設定額なのに対して、傷害治療費用が200万円、疾病治療費にいたっては270万円もあります。

 

これは治療費用が300万円程度で設定されていることの多いゴールドカードと比べてもそん色ない補償額です。

 

特に傷害・疾病治療費用は海外旅行保険において、もっとも使う可能性が高く、重要な項目なので、この額が多いのは安心感があります。

キャッシュレス診療が可能

エポスカードの保険ではキャッシュレスで病院の診療を受けることができます。

 

もしこれがキャッシュレス診療ができない保険だと、現地でいったん診療費を立て替えなければなりません。高額な現金を立て替える不安を抱えなくてすみます。

他のカードと組み合わせて保険を上乗せさせるとさらに安心

保険内容が他のクレジットカードと比べて、充実しているエポスカード。

 

傷害治療費用が200万円、疾病治療費は270万円もありますが、海外旅行保険付きのほかのクレジットカードと組み合わせて保険内容をさらに上乗せさせることもできます。

 

実はクレジットカードの海外旅行保険って傷害死亡・後遺障害の項目以外はすべて合算することができるんですよね。(傷害死亡・後遺障害は最高額が適用されます)

 

もし一枚分の補償内容を越える治療費が請求された場合を考えると、保険内容を上乗せさせることでかなり安心を得ることができます。

 

たとえば同じ自動付帯のカードの三井住友VISAクラシックカードAと合算してみましょう。

 

三井住友VISAクラシックカードAの補償内容は以下の通り。

  • 傷害死亡・後遺障害 300万円(自動付帯分)
  • 傷害治療費用 100万円
  • 疾病治療費用 100万円
  • 賠償責任 2500万円
  • 救済者費用 150万円
  • 携行品損害 20万円

 

これとエポスカードの保険を足すと保険内容は以下のようになります。

【エポスカード+三井住友VISAクラシックカードA】

  • 傷害死亡・後遺障害 500万円
  • 傷害治療費用 300万円
  • 疾病治療費用 370万円
  • 賠償責任 4500万円
  • 救済者費用 250万円
  • 携行品損害 40万円

 

だいぶ補償内容が充実したと思います。

 

こんな風に、海外旅行へは複数枚クレジットカードを持っていくだけで、そのまま充実した保険をかけていくということも可能ということです。

 

盗難や紛失を考えると、海外旅行に持っていくクレジットカードは1枚だけだとさすがに厳しいので、リスクの観点からもクレジットカードは2~3枚は持っていくことをお勧めします。

 

その際はこんな風に、保険内容の充実を考えてカード選びをしてもいいかもしれませんね。

 

 

ちなみに保険内容が充実しているカードとしては、利用付帯ですが楽天カードもおすすめです。

 

楽天カードの補償内容は以下の通り。

  • 傷害死亡・後遺障害 最高2000万円
  • 傷害治療費用 200万円
  • 疾病治療費用 200万円
  • 賠償責任 2000万円
  • 救済者費用 200万円
  • 携行品損害 20万円

 

これにエポスカードを足すと以下のように保険内容はだいぶ充実した内容になります。

【エポスカード+楽天カード】

  • 傷害死亡・後遺障害 最高2000万円
  • 傷害治療費用 400万円
  • 疾病治療費用 470万円
  • 賠償責任 4000万円
  • 救済者費用 300万円
  • 携行品損害 40万円

 

なかなか充実した補償内容といえるのではないでしょうか。もちろん、3枚足せば保険内容はさらに手厚くなります。

無料の海外旅行保険つきクレジットカードなら、まずはエポスカードがおすすめ!

というわけで無料で海外旅行保険が付いてくるクレジットカードとしてはエポスカードはかなり優秀だということを解説して来ました。

  • 海外旅行の保険費用を節約したい人
  • 海外旅行の保険内容を充実させたい人

にはぴったりのクレジットカードになりますので、これから海外旅行に行く予定の人にエポスカードはぜひおすすめです。

 

店舗受け取りなら、ネットで申し込みをして最短即日発行も可能なので、「出発までの日数がなくて急いでいる!」なんて人はとりあえずエポスカードにしておくといいかもしれませんね。

 

詳しくは公式ページを見てみてください。

 

公式ページ:【エポスカード】

 

以上「エポスカードは無料の海外旅行保険付きクレジットカードの中ではまず持っていきたい1枚!」でした。