世界くるっと.com

海外旅行ハウツーや世界の旅情報を「世界をくるっと」回ったことのある人が発信するブログです。

【決定版】世界一周におすすめなクレジットカード3選!迷っているならこれを選ぼう!

【更新日:2019年7月4日】

f:id:pechipechipenguin:20190615154541j:plain

「世界一周に持っていくクレジットカードはどれを選べばいいだろう?」

 

世界一周ともなると長期間旅することになるし、カード選びで失敗したくはないところですよね

そこで今回は自分自身が世界一周してきた経験を踏まえて、これから世界一周する人にオススメのクレジットカードをピックアップしてみました。

 

どんなクレジットカードを世界一周に持っていけば分からない状況・・・って人にぜひ参考にしてもらえればと思います。それではどうぞ!

スポンサーリンク
 

世界一周に持っていくクレジットカードを選ぶときのポイント

f:id:pechipechipenguin:20190615154541j:plain

カードを紹介する前に、まずは世界一周に持っていくクレジットカードの選ぶときのポイントを解説しておきたいと思います。

ここを踏まえておかないと微妙なカードを持っていくことになりかねないので、少しだけお付き合いくださいね~

1.ちゃんと信頼できるカードを選ぶこと

個人的には世界一周に持っていくカードを選ぶ上で一番大事なのはまずはここではないかと考えています。

けっこうみんな機能性やコスパばかりを求めてカードを選びがちなんですが、それはあくまで安心してカードを使える上で成り立つもの。

 

よくあるのが、いいと思って選んだカードがリボ払い専用カードで、世界一周している間に知らず知らず利息を払い続けていたなんて話。

他にも、トラブルが起きた時にサポートが全然ダメだったとか。

 

目先の利益や損したくないという気持ちを優先させるあまり、失敗してしまうのは世界一周の旅自体にも通じる話です。(笑)

というわけで、ある程度有名で、サービスにも定評があって、ちゃんと使われている実績がある、そんなカードを選びましょう。

あまり怪しいカードは選ばないのが良しです。

2.国際ブランドはVISAを中心にそろえること

クレジットカードには国際ブランドというのがあります。

下記が主なものですね。

  • VISA(ビザ)
  • MASTER CARD(マスターカード)
  • AMERICAN EXPRESS(アメックス)
  • JCB(ジェーシービー)
  • DINERS CLUB(ダイナースクラブ)

カードを利用するときは、そのお店が自分が持っているカードの国際ブランドに加盟していないと使えません。

例:国際ブランドがVISAのカード⇒VISAマークのある店で使える。

 

世界一周に持っていくカード選びでは、この国際ブランド選びはとても重要です。なぜなら、せっかく持っていったカードが現地で使えなかったら意味ないから。

 

なので、世界中どこでも利用しやすいカードを選ぶこと。つまり、加盟店が多く、世界シェア率が高い国際ブランドを選ぶのが大事です。

では最も世界シェア率が高い国際ブランドは何かというと「VISA」です。

 

よって、世界一周では「VISA」ブランドに対応しているカードを中心に選びましょう。

実際に、僕は世界一周でアジア、中東、ヨーロッパ、中南米、と回りましたが、VISAが使えなかったことはありませんでした。

それだけVISAは世界で通用するってことですね~。

 

マスターカードもVISAについで世界シェア率が高いので、世界一周に持っていくカードの内1枚はマスターカードにしておきたいところです。

実際に僕もそうしてました。

 

逆に「AMEX」や「JCB」は通用しない国とかもあるので、あまり世界一周向きではありません。

ただ、特典が豊富なカードも多いので捨てがたいのも事実ではあります。

もし、世界一周にアメックスやJCBなどのカードを持っていくなら、先にVISAやマスターのカードをそろえた上で持っていくことをオススメします。

3.海外キャッシングが可能なカードを選ぶこと

世界一周旅行者は旅の資金を全額現金で持っていくわけにはいきません。

持っていくとしても予備程度。

じゃあ、どうやって現地のお金を用意するかというと、クレジットカードを使って現地のATMからそのまま現地のお金を引きだします。

 

これを「海外キャッシング」といいますが、この海外キャッシングは世界一周旅行者はめちゃくちゃ使いますので、まずはちゃんと海外キャッシングできるカードを選ぶ事が大事です。

参考:知らなきゃ損!海外キャッシングとは?その基本知識をわかりやすく解説します

 

とはいえ、海外キャッシングは基本的にはどのクレジットカードで申請を行えば可能なので、そこまで心配しなくてもOKです。

※アメックスが発行するクレジットカード(アメックスグリーンカード)などは、キャッシングができないので注意。

 

むしろ重要なのは海外キャッシング手数料を安く抑えられるカードを1枚は持っておくことです。

 

世界一周旅行者は海外キャッシングをよく使うので、手数料も高額になりがち。

そこで、海外キャッシング手数料を抑えられるカードを一枚持っておけば、余分な出費を抑えて、お得に旅を進めることができます。

4.海外旅行保険がついていること

海外旅行保険がついているクレジットカードを選ぶ事もポイントのひとつです。

できれば補償額が充実したものの方がいいですね。

 

ただ、世界一周のクレジットカード選びでは、カードの海外旅行保険はそこまで重要じゃありません。

なぜなら、世界一周の場合は単体の長期海外旅行保険に入るから。それに、カードの保険は3ヶ月までしか補償されないので。

 

とはいえ保険はついてないよりついてたほうがそりゃいいので、海外旅行保険つきのカードをなるべく選んでおいたほうが吉。

 

もし選ぶ時に気にする点があるとすれば「自動付帯」のカードを選ぶこと

特に何も手続きしなくても旅に出た瞬間から保険が適用されます。

 

補償額については、そこまで重要視しなくてもOK。

単体加入の保険で十分補償してもらえるので、世界一周の場合はあくまでおまけ程度に考えておきましょう。

世界一周におすすめするクレジットカード3枚

これまで解説してきたポイントを満たしており、その中でもおすすめできるカードは以下の3枚です。

それぞれカードごとに特徴などを紹介していきますね!

三井住友VISAクラシックカード

f:id:pechipechipenguin:20190616025720j:plain

【三井住友VISAクラシックカードの基本情報】

  • 国際ブランド:VISA/MASTER CARD
  • 申し込み対象者:高校生除く18歳以上(学生OK)
  • 年会費:初年度無料
  • 海外キャッシング:可能
  • 海外旅行保険:有り

まだカードを1枚も持っていない人にオススメなのが「三井住友VISAクラシックカード

何を隠そう僕が実際世界一周に持っていったカードです。

 

三井住友VISAクラシックカードは、世界一周に持っていく上で必要な条件をすべてを満たオールマイティなカード。

  • VISAブランド
  • 海外キャッシング可能
  • 海外旅行保険付帯

日本で最も歴史のあるVISAブランドでもあり、それだけ信頼と実績があります。

特に銀行系カードだけあってセキュリティ・サポート面の体制が整っているところが世界一周にオススメする大きな理由ですね。

世界一周でも使ってて問題が起きたことはありませんでした。

 

なによりステータス性があるので、将来的なことも考えて持っておくといいカードかなと思います。学生の人は特に。

 

ちなみに、VISAとマスターカードの2枚が同時発行できるので、特に理由がなければ同時発行しておくのがオススメ。

これで、世界中ほとんどの地域をカバーできます。

 

三井住友クラシックカードには、

  • クラシックカード
  • クラシックカードA

と2種類がありますが、僕は海外旅行保険が自動付帯であるクラシックカードAの方を選びました。

公式HP>>三井住友VISAカード

セディナカード

f:id:pechipechipenguin:20180811151014j:plain

【セディナカードの基本情報】

  • 国際ブランド:VISA/MASTER CARD/JCB
  • 申し込み対象者:高校生除く18歳以上(学生OK)
  • 年会費:無料
  • 海外キャッシング:可能
  • 海外旅行保険:無し

海外キャッシングの手数料を抑えるためのカードとしてオススメしたいのが「セディナカード

 

セディナカードの特徴は、なんといっても海外キャッシングのATM引き出し手数料が無料なことです。

一般的なカードであれば、引き出し1回当たりの手数料は下記の通り。

  • 1万円までの引き出し:100円
  • 1万円以上の引き出し:200円

これがまるまる無料なので、いちいち引き出し手数料のことを考えずに海外キャッシングができます。

日本でも引き出し手数料がかかると思うと、ちょっとお金降ろすのためらいますからね・・・。それがないのは大きいです。 

 

海外旅行保険はついてませんが、海外キャッシングのコストを抑えられることを考えるとなるべく発行しておきたいカードです。

なにより年会費無料なので、持つ分にはコストはかかりません。

国際ブランドは3社から選べますが、世界中のATMで使うことを考えてVISAを選択しましょう。

公式HP>>セディナカード

www.sekai-kurutto.com

エポスカード

f:id:pechipechipenguin:20180816150036p:plain

【エポスカードの基本情報】

  • 国際ブランド:VISA
  • 申し込み対象者:高校生除く18歳以上(学生OK)
  • 年会費:無料
  • 海外キャッシング:可能
  • 海外旅行保険:有り

ちょっと世界一周の出発まで時間がなくて急いでるんだけど・・・という人にオススメなのが「エポスカード

 

エポスカードは即日発行が可能なカードで、WEBで申し込みをして審査に通れば、当日最寄のカードセンターで受け取ることができます。

カードのスペックとしても、

  • VISAブランド
  • 海外キャッシング可能
  • 海外旅行保険付帯

と、世界一周に持っていくカードの条件を十分満たしています。

 

さらに海外旅行保険は自動付帯で、同じクラスのカードと比べても最高ランクの補償額。(特に傷害・疾病治療の補償額が高い)

 

なんといっても年会費無料なので、こちらも持つ分にはコストがかかりません。

「いつのまにか出発予定日が迫っている・・・!」なんて、ギリギリの人はまずエポスカードに駆け込んでみるのがいいですね!

公式HP>>エポスカード 

www.sekai-kurutto.com

世界一周に持っていくべきカードの枚数

みんな気になるのが、実際にカードは何枚持っていけばいいのか?というところだと思います。

これについては最低3枚以上はカードを持っていくことを勧めます

 

理由としては、やはり世界一周中にカードが盗難紛失等でなくなってしまった場合に備えるためです。長期間さまざまな国を渡り歩いていくので、正直そういったトラブルがないとも限りません。

他にも、ATMにカードが吸い込まれてしまったり、マイナーな国で使ったことでカードが急にロックされるなんて場合もあります。

 

もし1枚だけしかカードがないと、そのカードが無くなったりした時点でほぼ旅終了です・・・。

じゃあ2枚じゃだめ?かと思うかもしれませんが、もし旅の序盤で1枚のカードを失ったりしたら、残りをカード1枚で過ごすことになるのでやはりキツイ・・・。

 

以上を考えると、世界一周にはクレジットカードを最低でも3枚以上は持っていきましょう。

僕の場合は世界一周時に4枚のクレジットカードを持っていきましたが、1枚を完全予備用にして、残りの3枚のカードを使いまわしていました。

 

カードの構成としては、

  • VISAブランドのカード:2枚
  • MAETERブランドのカード:1枚

を最低ラインとして、あとは適宜カードを追加するなり検討してみてください。

まとめ

f:id:pechipechipenguin:20190616165824j:plain

というわけで今回は、どんなカードを世界一周に持っていいのかわからないという人に向けて、オススメのカードを紹介しました。 

改めて、紹介したカードはこちらの三枚です。

今回はあえてリボ払い専用だったり、特典に特徴があるカードは紹介せず、誰が持っていっても確実に世界一周で使えるスタンダードなカードをチョイスしました。

ぜひチェックしてみてくださいね~

 

また、今回紹介したカードに加えて、航空会社提携のクレカがあればカード決済でも飛行機のマイルをしっかり貯めることができるので、余裕がある方はぜひ1枚作っておきましょう。

僕は持っていかなくてめちゃくちゃ後悔しましたので(笑)

詳細については下記記事で書いてますので、ぜひこちらもあわせてごらんいただければと思います。

いま世界一周に出るなら絶対マイルがたまるクレジットカードを持っていく。

ではでは!

 

※本記事の内容は2019年7月現在の内容になります。カード内容など最新の詳細は各カード会社の公式ページを改めてご確認ください。