エクアドルを一人旅行したときのまとめと感想を書きます!【他の南米の国とはまた一味違った魅力のある国です】

トラベル

この記事ではエクアドルを実際に一人旅したときのまとめと感想を書きたいと思います!

エクアドルといえば、身近に思い浮かぶのはスーパーで売られているエクアドル産バナナやチョコレートです。と、考えるとなんだか親近感の沸くような気もするエクアドル。

エクアドル旅行・観光に興味のある方や、エクアドルってどんなところだろう~?なんて思っている方は、ぜひこの記事を参考にして頂ければと思います。それではどうぞ!

エクアドル

エクアドルは南米大陸西部に位置する国で、正式名称をエクアドル共和国といいます。首都はキトで、日本の4分の3の面積です。

公用語はスペイン語を話します。人口の大半が混血のメスティーソで、ローマカトリックを信仰する人が多数を占めています。

エクアドルという名前は赤道を意味し、その名の通り赤道が通っている国でもあります。ガラパゴス諸島など、豊富な自然とさまざまな動植物を有する国でもあります。

そもそもなぜエクアドルに行こうと思ったのか?

せっかく南米に来たということで、どうせならエクアドルにも行ってみようかなという割と軽い気持ちでエクアドルに行くことを決めました。

他の南米の国とくらべて、ガラパゴス諸島を除けばあまり有名な見所も思いつかないし、それほどたくさんのひとがこぞって行っているわけでもないので、かえってそれがエクアドルに行ってみようという気にさせてくれました。

旅行の概要

旅の概要をざっと記しました。

滞在期間

10日間

訪れた主要都市

  • グアヤキル
  • クエンカ
  • アラウシ
  • リオバンバ
  • キト

ルート

グアヤキル⇒クエンカ⇒アラウシ⇒リオバンバ⇒キトの順で回りました。

日程

  • 1日目 エクアドル入国
  • 2日目 グアヤキル観光
  • 3日目 グアヤキル⇒クエンカへ移動・クエンカ観光
  • 4日目 クエンカ観光・アラウシへ移動
  • 5日目 アラウシ観光・観光列車に乗車 アラウシ⇒リオバンバへ移動・観光
  • 6日目 リオバンバ⇒キトへ移動
  • 7日目 キト観光
  • 8日目 キト観光
  • 9日目 キト観光
  • 10日目 エクアドル出国

エクアドルを旅してみた感想

それでは、エクアドルを旅してみて思ったこと感じたことについて書いていこうと思います。

訪れた町について

グアヤキルはエクアドルでも一番大きい都市というだけあってさすがに都会という感じでした。見所の場所は整備されていて、観光しやすいと思います。

クエンカは空気も澄んでいるし、町並みはエクアドルの中でも一番美しいと感じました。住んでいる人たちを見てても治安のいい感じが伝わってきて、安心して回れる町でした。

エクアドルでも最後に訪れた首都のキトは旧市街であるセントロが特に印象的でした。歩くとまるで植民地時代にタイムスリップしたかのような雰囲気が漂っているので、ぜひ体験してみてほしいところです。

観光

山の中にあるアラウシという小さな田舎町に行くと、崖すれすれの山岳地帯を走る観光列車「ナリス・デル・ディアブロ」に乗ることができます。列車から眺める風景がすばらしいのでオススメです!

首都キトの郊外には赤道の上に建つ赤道記念碑や、緯度0度の赤道でどういうことが起きるか実験ができる赤道博物館があります。まさに赤道を体感できる場所になっているので、キトに行った際はぜひ立ち寄ってみることをオススメします。

治安

私がエクアドルを旅していたときは特に何も起こりませんでした。

エクアドルの中だと、グアヤキルがちょっと治安的に不安な部分があることは否めないです。他の南米の都市だと夜でも明るくて出歩けたりもするのですが、グアヤキルに関しては夜は暗くて特に宿の周辺はかなり危なそうな雰囲気でした。グアヤキルには夜に着いたのですが、早く宿を見つけないとやばいと思いました。

地元の人に色々と治安について注意されたのもグアヤキルぐらいです。グアヤキルでは郊外に動物園があるのですが、バスターミナルでそこに行きたいと伝えたら「そこには行かないほうがいいわ強盗が出るから」と普通にやめさせられました。

タクシーにのってどこかへ連れられて、強盗される「タクシー強盗」についても地元の人に注意を受けました。グアヤキルではかなり行動に注意を払う必要があるでしょう。

グアヤキルはエクアドル最大の都市ですが、大きな都市である分他の場所から貧しい人が街に集まってきてしまい治安の不安定化がおきているというようなことを聞きました。

ですので、都市部に行くと時は治安についていつも以上に気をつけておいたほうがいいと思います。反面クエンカやアラウシ、リオバンバといった地方の町だと治安的に不安な部分は感じません。

食事

エクアドルにも色々と食事がありますが、なかでもエクアドルならではの食べ物はカニ料理です。カニの種類はカングレホというマングローブガニで、ゆでたのを食べますがなかなか美味です。エクアドルにきたらこれは食べてもらいたいですね。

日本のスーパーでもエクアドル産のバナナが並んでいるくらい、エクアドルではバナナも有名です。市場に行けばいろんな種類のバナナが並んでますし、レストランでは食事の付け合せにバナナのソテーがついてきます。

そのほかにも、エクアドルはチョコレートが有名なのでスーパーに行けばいろんなチョコが売ってるのでこちらもオススメです。

今思えばエクアドルはかなりグルメな国だったと思います。豊かな自然があるからこれだけバラエティ豊かな食べ物があるんでしょうね。

気温・気候

一番過ごしやすい気温気候なのは高原の町であるクエンカだろうと思います。空気も澄んでいて非常に気持ちいいです。

逆に赤道直下の場所に行くと、やはり結構暑いです。ある意味、こういう気候の変化を楽しめるとも言えるかもしれません。

他の南米の国と同様に、場所によって標高などがかなり変化するため色々な気候に合わせた服装をしていくとよいと思います。

言葉

基本的にはスペイン語です。

現地の人

治安に関して色々いわれることが多いエクアドルですが、町にいる普通の地元の人はフレンドリーな人が多いです。シャイなんだけどフレンドリーな感じです(笑)
市場とか食堂とかに行くと高確率で交流が図れます。

最後に

エクアドルは正直治安のこともあっていくまでは少し恐れていた国でもあったのですが、実際行ってみると地元の人は意外とフレンドリーだったりするし、ちょっとかわった見所もあって個人的には行ってみてよかったです。

色々いわれていても実際に行ってみないとわからないことってあるもんです。

エクアドルは割りと小さい国ですが、緑が豊かでどことなく日本と似ているような国でもありました。ガラパゴス諸島も今度は行きたい!

この記事を見てエクアドルの旅行・観光に興味を持ってもらえたり、なにかの参考にしてもらえればうれしく思います。それではここまで読んでいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました