世界くるっと.com

海外旅行の情報や商品レビューなどなど「世界をくるっと」回ったことのある人が気軽に書いていきます

MENU

エクアドルの山岳地帯を走る観光列車「ナリス・デル・ディアブロ」に乗車!

f:id:pechipechipenguin:20180623193636j:plain

エクアドルのアラウシという町に行くと、山岳地帯を走る観光列車「ナリス・デル・ディアブロ」に乗ることができます。列車から見える山岳風景がとても美しいということで、あまり情報はありませんでしたが行って来ました。今回はそのときの様子をご紹介しようと思います!

 

スポンサーリンク
 

出発地点の町「アラウシ」

観光列車「ナリス・デル・ディアブロ」の出発地点は、アラウシという山の中にある小さな田舎町です。

f:id:pechipechipenguin:20180623191702j:plain

 

都市部ではないので、衣装にばっちり身を包んだインディヘナの人を見かけることができます。アラウシではハットをかぶる男の人も多かったです。渋くてかっこいいですね。

f:id:pechipechipenguin:20180623191901j:plain

 

町の真ん中にある丘には、ドでかいキリスト?の像が建った公園があります。

f:id:pechipechipenguin:20180623192330j:plain

 

この丘の上の公園からはアラウシの町が見渡せます。こうしてみると本当に山里の小さな町ということがわかります。個人的にはこういう現地の人の暮らしが見える町は好きです。

f:id:pechipechipenguin:20180623192549j:plain

 

ちなみにこの公園には野生のカブトムシがたくさんいます(笑)。日本で見たらレアなのかも・・・。

f:id:pechipechipenguin:20180623192650j:plain

観光列車ナリス・デル・ディアブロに乗車!

というわけで観光列車「ナリス・デル・ディアブロ」に乗ります。列車は終点のシバンベというところまで行き、折り返してまたアラウシへと戻ってきます。

 

▼アラウシ駅

f:id:pechipechipenguin:20180623193554j:plain

 

▼駅はとてもきれいです

f:id:pechipechipenguin:20180623193606j:plain

 

▼こちらが乗車する観光列車。かっこいい!

f:id:pechipechipenguin:20180623193636j:plain

f:id:pechipechipenguin:20180623193653j:plain

 

▼車内は高級感がありました。

f:id:pechipechipenguin:20180623193756j:plain

 

▼いよいよ出発。列車は山岳地帯を走っていきます。

f:id:pechipechipenguin:20180623193859j:plain

f:id:pechipechipenguin:20180623193945j:plain

 

▼途中、車内サービスとしてフルーツがもらえました。めちゃおいしいです。

f:id:pechipechipenguin:20180623193957j:plain

 

▼渓谷がとてもきれいに見えました。下には線路も見えます。

f:id:pechipechipenguin:20180623194017j:plain

 

▼列車は軌道を切り替えながら進みます。

f:id:pechipechipenguin:20180623194027j:plain

 

▼いよいよシバンベに到着。出迎えのダンスがありました。

f:id:pechipechipenguin:20180623194304j:plain

“悪魔の鼻”「ナリス・デル・ディアブロ」

▼と思ったら、シバンベを通過して少し先の山の前で列車は止まりました。

f:id:pechipechipenguin:20180623194530j:plain

 

▼この山の名前こそがそう「ナリス・デル・ディアブロ」だったのでした。ちなみにナリス・デル・ディアブロとは"悪魔の鼻"という意味だそうです。悪魔の鼻みたいな山ってことですね。

f:id:pechipechipenguin:20180623194535j:plain

終点「シバンベ」へ

▼列車は折り返し、今度こそ終点のシバンベ駅へ。

f:id:pechipechipenguin:20180623201106j:plain

 

▼再度踊りで出迎えてくれました。衣装が鮮やかできれい!

f:id:pechipechipenguin:20180623201149j:plain

 

その後、カフェで休憩したり、列車の出発時間まで近くを散策しました。川が流れていて、緑が豊かでいいところでした。

 

▼野生のサボテン

f:id:pechipechipenguin:20180623201343j:plain

 

▼いいロケーション!

f:id:pechipechipenguin:20180623201248j:plain

 

▼アルパカ?リャマ?

f:id:pechipechipenguin:20180623201357j:plain

「アラウシ」へ折り返し

▼そして、帰りの出発時間になりました。手を振って見送ってもらいました。

f:id:pechipechipenguin:20180623201416j:plain

 

▼帰りの風景もきれいでした。

f:id:pechipechipenguin:20180623201510j:plain

 

というわけで、アラウシの町まで戻ってくるのでした!

f:id:pechipechipenguin:20180623201514j:plain

 

2~3時間くらいの短い時間でしたが、とても楽しめました。特に、崖すれすれを走る列車から眺める山岳地帯の風景はなかなかの見ものでした。また列車がスイッチバックをしながら山の中を進んでいくのも新鮮でよかったです。

 

次の町エクアドル中心部の町リオバンバをまわる。ユニークな教会があって夜がきれいな町

関連記事エクアドルを一人旅行したときのまとめと感想を書きます!【他の南米の国とはまた一味違った魅力のある国です】