世界くるっと.com

海外旅行の情報や商品レビューなどなど「世界をくるっと」回ったことのある人が気軽に書いていきます

MENU

パタゴニアを代表する山「フィッツロイ」に向けて大自然の中を歩く

f:id:pechipechipenguin:20180620222033j:plain

南米アルゼンチン、パタゴニア地方にあるエルチャルテンという町の近くには、きりっと真上にそびえたつ「フィッツロイ」というパタゴニアを代表する山があります。今回はこのフィッツロイの近くまでトレッキングしてきたときのことをお送りしようと思います。

 

スポンサーリンク
 

 

フィッツロイ

f:id:pechipechipenguin:20180620221744j:plain

ところで皆さんは「フィッツロイ」という山をご存知でしょうか?

 

冒頭で述べたとおり、南米パタゴニア地方のエルチャルテンという町の付近にある、標高3405mの山なのですが、おそらくこの名を聞いただけではほとんど知らない方が多いのではないかと思います。


では有名アウトドアメーカーのパタゴニアはご存知ですか?
もし知っているという人がいたら、そのロゴを思い浮かべてみてください。

 

きっとジグザグとした山々が描かれていると思います。

 

その山々の中で一番高い山がそう、フィッツロイです。

 

パタゴニアのロゴはフィッツロイを中心とした山々がモチーフとなっているんですね。
※どんなロゴか気になる方は「パタゴニア」で検索してみてください。

ふもとの町エルチャルテン

f:id:pechipechipenguin:20180617140130j:plain

フィッツロイのふもとの町はエルチャルテンといいます。
町の入り口にはフィッツロイが描かれた看板が立っています。
「BIENVENIDOS」というのは「ようこそ(welcome)」という意味です。

 

商店、レストラン、ゲストハウスやホテルなどの宿泊施設がいくつかあるくらいのとても小さな町です。

f:id:pechipechipenguin:20180617140140j:plain

 

フィッツロイトレッキングへ

エルチャルテンの町のはずれから、フィッツロイトレッキングへ向かいます。目指すのはフィッツロイのふもとにあるロス・トレス湖という湖。そびえたつフィッツロイと青い湖のコントラストがすばらしい場所みたいです。というわけで出発!

f:id:pechipechipenguin:20180617140206j:plain

 

▼中にはインフォメーションと地図もあってわかりやすいです。

f:id:pechipechipenguin:20180617140220j:plain

 

f:id:pechipechipenguin:20180617140229j:plain

広大な大自然の中をひたすら行く

フィッツロイへは広大な大自然の中をひたすら歩いていきます。大自然の中を一人歩いていくのは、まるでひとつの生き物としての感覚を取り戻すようです。

f:id:pechipechipenguin:20180617140304j:plain

 

▼もこもこした草原がパタゴニアらしい

f:id:pechipechipenguin:20180617140326j:plain

f:id:pechipechipenguin:20180617140343j:plain

f:id:pechipechipenguin:20180617140350j:plain

 

途中の湖もきれい

途中湖がある場所で休憩。湖は透き通っていてとてもきれいでした。

f:id:pechipechipenguin:20180617140424j:plain

 

▼ここからのフィッツロイの眺めだけでもかなり美しい!

f:id:pechipechipenguin:20180617140439j:plain

 

▼氷河も見ることができます。こんな山の高い位置にあるのがすごい。

f:id:pechipechipenguin:20180617140556j:plain

f:id:pechipechipenguin:20180617140609j:plain

 

草花を眺めるのも楽しい

またひたすら自然の中を歩いていきます。生えている草花を眺めるのもこれまた楽しいです。

f:id:pechipechipenguin:20180617140839j:plain

f:id:pechipechipenguin:20180617140857j:plain

f:id:pechipechipenguin:20180617140909j:plain

 

▼そろそろロストレス湖が近づいてきました。この辺りの川の水はきれいなのでそのまま飲めます。

f:id:pechipechipenguin:20180617140944j:plain

 

この後急な斜面をひたすら登り・・・・・

最終地点ロス・トレス湖へ到着!

ついにフィッツロイを間近に望めるロス・トレス湖に到着しました!
フィッツロイの頭には雲がかかってましたが、それでも非常にきれいな眺めでした。

f:id:pechipechipenguin:20180617141033j:plain

 

▼圧倒的に青い湖。

f:id:pechipechipenguin:20180617141129j:plain

 

▼谷にできる湖。右側には氷河も見えます。氷河の溶けた水がこんな青さを作り出しているのかもしれません。

f:id:pechipechipenguin:20180617141135j:plain

 

▼雲が流れないかなと思ってしばらく待ってみましたが、むしろ雲がかかってきてしまいました。

f:id:pechipechipenguin:20180617141231j:plain

写真だとあまり伝わりませんが、風が尋常じゃなく吹いていて、雨も降ってきてきたのでこれ以上待つのは断念。フィッツロイは『煙を吐く山』とも言われ、非常に天候が変わりやすい山です。すぐに天候が変わってしまうため登山のチャンスが非常に少ないとして有名です。

 

こんなかっこいい山登れたら最高なんだろうな。
そう思いつつ下山するのでした。

 

▼帰りは虹が見送ってくれました。

f:id:pechipechipenguin:20180617141346j:plain

おわりに

f:id:pechipechipenguin:20180617141741j:plain

翌日のフィッツロイは昨日の雲がまるでうそのように穏やかに晴れていました。
いつも風が吹きすさんでばかりのエルチャルテンの町も静かです。

 

遠くから見てもやっぱりかっこいい。
フィッツロイはいつまでも私の目をひきつける山でした。

 

 

▼アルゼンチンの旅全体を通してのまとめと感想を書きました。こちらもあわせてどうぞ!

www.sekai-kurutto.com