イランを実際に一人旅行したときのまとめと感想を書きます【中東ペルシャに興味がある人必見】

トラベル

「イラン」

あなたはこの国の名前を聞いたらあなたは何を思い浮かべますか??

中東の国、イスラム教の国、サッカーで日本とたまに対戦する国などなど、いろんなものがあると思います。

国際関連のニュースなどでもよく名前を聞きますよね?中には危険、怪しい、テロが起きそうなどといったイメージを持つ人がいるかもしれません。

そんなイランという国を以前旅しました。

この記事ではその時の旅のまとめや感想を書き記しておこうと思います。これからイランを観光・旅行する人や、イランがどんな国なのか興味を持つ人に少しでも参考になればと思います。

イランについて

イランは中東、西アジアにある国で、正式名をイラン・イスラム共和国といいます。

イスラムの教えをもとに国を統治するイスラム共和制の国で、国教はイスラム教のシーア派です。

首都はテヘラン。第2次世界大戦時に連合国である米英ソの首脳によって行われたテヘラン会談で有名ですね。

国土は日本の4.5倍もの広さで、イラク、パキスタン、アフガニスタン、トルコといった中東諸国と隣接しています。

住んでいるのは主にペルシャ人で、公用語もペルシャ語が使われます。もともとペルシャ帝国が栄えた地でもあります。

そもそもなぜイランに行こうと思ったのか?

イランに行こうと思った理由はたくさんありますが、まずひとつにイランにある歴史的な場所への純粋な興味がありました。

「世界の半分」と称されるくらい繁栄を極めたイスファハーン、古代ペルシャ王朝が栄えたペルセポリスなど、実際にこの目で確かめてみたくてたまらなかったのです。

次に、イスラム共和制という国家体制の国、そしてその中で暮らす人々への興味です。

日本に暮らしていると、イスラム教の国というだけで、先入観からか危ない、怪しいといったイメージを持ってしまいがちですが、実際はどうなんだろうというのもやはりたしかめてみたかったのでした。

イスラム教にもスンニ派、シーア派という2大宗派がありますが、これまで旅してきたイスラム圏でもシーア派が主流の場所には訪れたことがなかったので、そういうところも興味がありました。

とにかくイランは自分自身にとって未知な部分がかなりあった国で、でもその分この国に行けばこれまでとはまた違う新しい体験ができるという確信的な予感もあったので、思い切って行くことにしたのです。

旅行の概要

ここでは旅の主な概要をまとめました。

時期・期間

2013年12月

2週間

訪れた主要都市

  • テヘラン(首都)
  • イスファハーン
  • ヤズド
  • シーラーズ
  • マシュハド

ルート

テヘラン⇒イスファハーン⇒ヤズド⇒シーラーズ⇒マシュハド⇒テヘラン

という半時計周りにイランを一周するようなルートで回りました。

日程

1日目 イラン入国・テヘラン観光
2日目 テヘラン観光
3日目 イスファハーンへ移動
4日目 イスファハーン観光
5日目 イスファハーン観光
6日目 ヤズドへ移動・ヤズド観光
7日目 ヤズド観光・シーラーズへ移動
8日目 ペルセポリス観光
9日目 シーラーズ観光
10日目 シーラーズ観光・マシュハドへ移動
11日目 マシュハド観光
12日目 マシュハド観光・テヘランへ移動
13日目 テヘラン観光
14日目 テヘラン観光・イラン出国

現地でかかった大まかな費用

  • ビザ代 50€≒約7000円
  • 宿代 約7500円
  • 移動費(主要交通費) 約5000円
  • 飲食費・観光費・雑費 約12500円

合計で約32000円でした。※100円≒3万リアルで計算

イランの通貨単位リアルで表すと、960万リアル(RS)という桁の多さ(笑)

イランでのお金事情に関しては「イランの通貨やレート事情について「物価はどのくらい?」」も参考にどうぞ。

イランを旅してみた感想

それでは実際にイランを旅して思ったこと感じたことを項目ごとに書いていこうと思います。

各都市の印象

イランの各都市について思ったことを。

テヘラン

テヘランは首都だけあって、観光地というよりはやはり「都市」という感じでした。非常に交通量も多く、大気汚染が問題になっているというのもうなづけました。

イスファハーン

イスファハーンは「世界の半分」といわれるくらい、歴史的に繁栄してきた都市なので、街の造り自体に歴史や文化を感じさせるものがありました。

ヤズド

ヤズドは1日の滞在でしたがそれでも十分なくらい小さな町でした。見所もまとまっています。

ヤズドはゾロアスター教の信者が住んでいる場所なので、町の人の雰囲気がほかの都市とはどことなく違っているところが面白かったです。

シーラーズ

シーラーズもイスファハーン同様に、昔から造られた街だなという雰囲気がありました。大きな都市なので、街中にもたくさん見所があります。

マシュハド

マシュハドはイスラム教シーア派の人にとって重要な聖地というだけあって、非常に多くの巡礼者が集まっていました。まさに巡礼地。

その熱気というのはイランで回ってきたどの都市よりもすごくて、街にもまるで祭りのような雰囲気が漂っていました。

観光

観光できる場所はありすぎてまったく困らないと思います。

イマーム広場、ペルセポリス、ペルシャ式庭園など世界遺産も豊富。

歴史や宗教とかかわりの深い場所が多いので、訪れるときにはあらかじめペルシャの歴史や宗教などを学んでおくと、何倍も楽しめると思います。

ちなみに観光地では入場料を取られることがありますが、イラン人料金と旅行者用料金があって、われわれはもちろん旅行者用料金を払うことになります。

治安

訪れる前は不安だった治安ですが、いざイランに来てみると不安に感じることはほぼありませんでした。

どうしても中東というとテロなどのイメージなどが付きまといますが、そんな物騒な感じではまったくありませんでした。

むしろほかの国よりもイランのほうが、秩序を持って暮らしが営まれている印象を受けました。

食事

食事はかなり当たりはずれがあります(笑)

イラン料理だとチェロウキャバーブという肉とライスのプレートがおいしかったです。レストランなどでは大体あるメニューなので、食べるものに困ったらチェロウキャバーブがオススメです。

あとはピザやフライドチキンなどのファストフードの店が割とあるので、ジャンキーな食べ物でよければそちらもオススメ。いつも若者でにぎわってます。

イランといえばこの食べ物!オススメのものを簡単にご紹介 – 世界くるっと.com

気温・気候

私がイランに行ったのは12月でした。朝昼で寒暖の差があります

日中は割と暑くなるので、半袖で大丈夫な時もありました。朝晩はかなり冷えるのでジャケットなどしっかりとした防寒着があるといいです。

言葉

かなり英語がしゃべれる人が多いです。ホテル、交通機関、買い物など会話が必要な場面では基本英語が通じますし、一般の人もかなり英語でしゃべりかけてきます。

英語教育がしっかりしているのかな?ととても驚いたくらいです。

とはいってもイランを旅する際には、最低挨拶のペルシャ語は覚えたいところです。
挨拶するときは「アッサラームアライクム」「サラーム」などの挨拶語は使いたいですね。ありがとうはフランス語の「メルシー」をよく使いました。

あとはペルシャ語の数字を読めるようになるとめちゃくちゃ役立ちます。

宗教

イランのように宗教と暮らしが密接に結びついた国では、やはり宗教というものついて考えざるを得ません。それを考えるのもまたイランの旅の魅力かと思います。

イランの国教はシーア派で、厳粛なイスラム教国家ということで、少し怖いイメージがありました。しかし、実際来て見ると怖いという感じでは全然ありませんでした。

宗教というものが人々の生活や倫理観に根付いているので、イランの人とは宗教についての話もよくしました。

日本では宗教の話なんて普段あまりしませんが、こちらの人にとってそういう話をするのは普通みたいですね。

「あなたは何を信じているの?」という質問はよくされます。

注意しておいたほうがいいなと思うこと

旅をする上で国によってそれぞれ注意することがありますが、イランを訪れる上でもいくつか注意点や知っておいたほうがいいことがあります。それらについては以下でまとめてみました。

少し特殊?イランを訪れるときに知っておくべき注意点 – 世界くるっと.com

現地の人

イランの人はびっくりするくらい人懐こいです(笑)

街をあるけばほぼ話しかけられたり、一緒に写真をとろうといわれたり、カメラに移ろうとしてきたり、なにかとコミュニケーションをとろうとしてきます。

自分のイランの写真フォルダを開くと、ほかの国よりも明らかにたくさん人が写っていますから(笑)。

それでもって、うんと旅行者をやさしくもてなそうとしてくれるのもイランの人の特徴です。

食べ物をくれる、目的地まで送ってくれる、面白い場所に案内してくれるなどなど、イランの旅では、現地の人に色々としてもらったことがたくさんありました。

正直「なぜここまでしてくれるんだろう?」と思ってしまうくらい(笑)
日本はおもてなしの国って言われるけれど、正直イランのほうがすごい気が・・・。

イランに来て一番印象に残ったのは現地の人かもしれません。

最後に

ここまで読んでいただきありがとうございました。

イランはそれまで抱いていた、なんとなく危なそう、怪しそうとイメージを根本から覆してくれるくらい旅をしていて楽しい国でした。

それは、ほかならぬ現地のイランの人のおかげだと思います。

異国から来た旅行者の私と積極的にかかわろうとし、見返りなしにもてなそうとしてくれるイラン人の人柄は、これまでの旅でだまされることもあった私にとってはセンセーショナルでした。

「なんでここまでしてくれるんだろう?」

「なにが彼らをここまでさせるのだろう?」

イランを旅してみて、そんな彼らの人情の源を私は知りたいと思わずにはいられませんでした。

もちろん人だけでなく、イスラムの建築やペルシャの遺跡、庭園などの壮大さや美しさも申し分ありません。

なので、私はイランに行って確実によかったと思っています。

一度は訪れてみることをオススメしたいです。イランは。私の中でも特に。
もしイランに興味がある人にこの記事がなにか参考になってくれればうれしく思います。

【その他オススメ記事】

中国新疆新疆ウイグル自治区を実際に一人旅行した時のまとめと感想を書きます【ウイグルに興味のある人必見】

中央アジア中央アジアを実際に一人旅行した時のまとめと感想を書きます【中央アジアに興味ある人必見】

タイトルとURLをコピーしました