【ヒヴァ観光】世界遺産イチャン・カラの雰囲気は絶対味わうべき!

トラベル

ウズベキスタンのヒヴァを観光したので、その様子をご紹介したいと思います。

世界遺産にも登録されている城壁内の町「イチャン・カラ」はウズベキスタンに来たらぜひとも訪れてもらいくらい雰囲気のある場所でした。

それではどうぞ!

中央アジアの旅全体を通してのまとめと感想は>>「中央アジアを実際に一人旅行した時のまとめと感想を書きます【中央アジアに興味ある人必見】 – 世界くるっと.com」へ

ヒヴァ観光の見所は「イチャン・カラ」の中

ヒヴァの町は、外敵からの侵入を防ぐために建てられた2重の城壁で囲まれており、外側の城壁をディシャン・カラ、内側の城壁をイチャン・カラと呼びます。

外壁のディシャン・カラと内壁のイチャン・カラの間には主に住民が住んでいて、さらにイチャン・カラの中には宮殿やモスク、マドラサなどといった歴史的建築物がたっています。

ちなみにイチャン・カラは世界遺産に登録されています。

で、特に注目なのがイチャン・カラに入ってすぐ見えるこの青いミナレット!

青い空の中にそびえたつその姿はほんとうにきれい・・・・。

まるで昔にタイムスリップしたような雰囲気

イチャン・カラ内を歩いて回るとまるで現代とは違う時代にやってきたような気分になります。

ヒヴァは聖都と呼ばれ、その昔イスラム王朝のヒヴァ・ハン国の首都でした。まさか、歴史の教科書で見た名前の地に来ることができるなんて感慨深い気がします。


夕日の当たるイチャン・カラの城壁。当時の王朝とシルクロードの繁栄を思わせる

ヒヴァの人は意外と日本語を知っている

びっくりしたのが、歩いていると町の人がみんなけっこう日本語でこちらに話しかけてくるということ!

それほど日本の観光客がヒヴァに来ているようには思えないのですが・・・。

ただ、どうやらウズベキスタンでは日本ドラマの「おしん」が大人気のようで、それで日本語を知っているのかもしれません。


アラクリ・ハン・メドレセ

目移りするぐらい素敵な土産

お土産はどれも素敵で、持って帰りたいものがたくさん売っていたけど、これからまだ長旅が待っているので買うことができないのが残念でした。

夜の雰囲気も最高

イチャン・カラは夜にも入ることができて、ライトアップされた建物を楽しむことができます。

まるで映画の世界のような雰囲気を楽しめました。西遊記とかででてきそう。

まとめ

ヒヴァへは1泊しただけですが、十分楽しむことができました!

町自体は小さいのでかなり回りやすいと思います。ウズベキスタンに来たらぜひいってほしい場所のひとつです。オススメ!

関連記事:ウズベキスタンを個人で旅行する人へ!実際に行った人が送るアドバイス

タイトルとURLをコピーしました