世界一周の基本的なルートの作成手順を解説。おすすめのルートも紹介。

f:id:pechipechipenguin:20181202190412j:plain

今回は世界一周のルートの基本的な作成手順を解説してみようと思います。

正直世界一周経験者として、あんまりがっちりルートは決めなくてもいいと思っているのですが、完全無計画というわけにもいきませんからね。

おすすめのルートも紹介しますので、ルートに悩む方はぜひ参考にしていただけたらと思います。


スポンサーリンク

 

世界一周の基本的なルートの作成手順

世界一周の基本的なルートの作成手順は大まかに下記の通りとなります。

  1. 行きたい国・エリアを決める
  2. 季節を考える
  3. 西回りか東回りかを決める

それではひとつずつ見ていきましょう。

1.行きたい国・エリアを決めてルートの全体像を作る

まずはじめに、自分にとってここははずせないなという目的地を設定しましょう

あなたにも「この国は行ってみたいな」「この世界遺産は絶対見たい!」「この祭りにだけは参加する!」という場所がきっといくつかあるかと思います。

大雑把に、東南アジアあたりを回りたいとかでもOKです。

まずは、そうした目的地を地図にたててみて、おおよそのルートを想像します。

全部細かく決める必要はなくて、大まかなチェックポイントを作ればOKです。

たとえば、以下の目的地を設定するとします。

  • カンボジアのアンコールワット
  • フランスのモンサンミシェル
  • ペルーのマチュピチュ

そしたらおのずと、『東南アジア⇒ヨーロッパ⇒南米』のルートをそれぞれチェックポイントを目指しながら回るというルートの全体像が見えてきます。

f:id:pechipechipenguin:20190714160512p:plain

2.時期・季節を考える

行きたい場所が決まってきたら、つぎはいつ訪れるかについて考えてみましょう。

地球は北半球と、南半球で季節が逆転するのでそこも考慮します。

やはり旅がしやすいのは、暖かく天気のいい季節です。寒い冬や雨季の旅は気分も少しどんより気味に。。。

ざっくり言うと、北半球であれば日本と同じ季節感。緯度0度の赤道付近の国は年中暖かめ。南半球は日本と季節が逆と想像しておけばいいでしょう。

全部が全部ベストシーズンに当てることは難しいので、「ここだけはいい景色が見たい」という場所の季節にこだわってみるのが〇。

もし、鏡張りのウユニ塩湖を狙うのであれば、夏&雨季の年明け1~2月ごろがシーズンです。

なので、年明け頃に南米を回るという予定が立てられますね。

3.西回り・東回りを決める

最後は、日本を出てまず西か東どちらに行くかです。

ある程度目的地と季節を考えたら、おのずと西回りで行くか東回りで行くかは決まってくるかと思います。

西回りの場合は、東南アジアなどの国からスタートし、ユーラシア大陸を横断していきます。その後、ヨーロッパなどから、アメリカ大陸に飛ぶという感じのルートになるでしょう。

最後は飛行機で太平洋を横断してフィニッシュという形が一般的。

東回りの場合は、まず飛行機で太平洋を渡ってアメリカ大陸に行くことになります。

北米や南米を周遊した後、飛行機でヨーロッパなどに渡りユーラシア大陸を東に向かうようなルートになります。

最後は大体アジア圏を周遊しながら日本に向かう感じなので、次第に日本の文化圏に近づいていくような実感がわきやすいでしょう。

以上が世界一周の基本的なルートの作成手順となります。結構、簡単に思ったのではないでしょうか?

ルートの実例

僕の場合は、「東南アジアでとりあえず足慣らししてから次を決めよ」みたいなわりと大雑把なルートの決め方でした(^_^;)

ただ漠然とインド、中央アジア、雨季のウユニ塩湖、キューバには行きたいな~ぐらいの感じ。

期間が半年で出発が9月だったので、来年の1月2月頃南半球の夏に南米に行ってクライマックスを向かえればいいかな~という感じで、西回りのルートに決めました。

で、実際世界一周してみたところ、こんな感じのルートで最終的には回ってました。

f:id:pechipechipenguin:20190714160653p:plain

ビザまで取得したインドは結局行かず(笑)。でも旅ってこんなもんです。

急にフィンランドに飛んでみたりとか、だいぶイレギュラーなこともしてますね。

ま、こんな感じでバックパッカーの世界一周は、実際かなり自由です。

おすすめのルート

個人的におすすめなルートはこの2つ。

  • マレー半島縦断ルート
  • 中央アジア横断ルート

マレー半島縦断ルート

一つ目はアジア大陸の南端マレー半島を縦断するルート。バックパッカーなら一度は通っておきたいルートですね。ここを通ると旅していく上での様々な基礎力が培われます。

個人的にはシンガポールやマレーシアからINして、タイ方面に北上していくほうがその後の選択肢も広がるのでいいかなと思います。

できればマレー鉄道に乗って旅情を味わってもらいたいところですね。

中央アジア横断ルート

もうひとつは中央アジア横断ルート。

いわゆるシルクロード上の国々を回っていきます。単発だとなかなか行きづらい国・地域も多く長期旅行者向けのルートとなります。

特にウズベキスタンの青の都サマルカンドはこのルートのハイライトとなる見所。

まとめ:行きたい国に行くのが大事。

f:id:pechipechipenguin:20181202211108j:plain

以上、世界一周の基本的なルートの作成手順とおまけとしておすすめのルートをご紹介しました。ぜひルート作成の参考にしていただけたらと思います。

実際は旅をしていると、また新しい所に興味が出てきてルートを変更するなんて話はよくあります。

結局お伝えしたいことは、そのとき自分が行きたい国にいくのが一番大事だということです。

あまりルートに縛られずとにかく自分の行きたい所をたどった方が、なんだかんだ充実した世界一周になるのかなと個人的には思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました