世界くるっと.com

海外旅行の情報や商品レビューなどなど「世界をくるっと」回ったことのある人が気軽に書いていきます

MENU

休学届の休学理由の書き方。やりたいことをする場合はどう書けばいい?

f:id:pechipechipenguin:20180305164501p:plain

「休学してやりたいことがあるんだけど、大学に提出する休学届の休学理由にはどういう風に書いたらいいのだろう・・・?」

 

もしかして今あなたはそんなこと考えていませんか?

 

たしかに、休学届にやりたいことを書いて、休学の許可って下りるのだろうか不安だったりしますよね。


堂々と書くべきか、何かそれらしいことを書くべきか、この辺りは正解のない悩みなので難しいところです。

 

pechipechipenguinは大学生の時に休学して世界一周をした経験があるのですが、そんな私も休学したときは、はたして休学届には何と書いたらいいのだろうかと悩みに悩みました。

 

今回はその時の経験から、休学して世界一周する方はもちろん、休学して何かをやりたいという方に向けて、休学してやりたいことをする場合の休学届の休学理由の書き方についてお話ししようと思います。

 

スポンサーリンク
 

 

 

やりたいことをそれらしく書いた

私の場合、休学理由には自分のやりたいことをそれらしく書きました。

 

どういう風に書いたかというと、

 

英国には大学進学者が入学まで約1年の猶予期間をとり、様々な活動を行うことができるギャップイヤーという制度がある。今回の休学は日本学生がギャップイヤーを実践したどうなるか、また得られるものはあるのかを試す画期的実験である。予定している活動は主に世界一周、時と場合により留学やボランティアを考えている。なお、最初の3~4か月はそれらの活動のための資金稼ぎの準備に充てる

 

と書きました。
ちょっと仰々しく学問っぽい感じです(笑)。

 

私の場合は「世界一周」というより「ギャップイヤーの実践」を休学の理由としました。ちょっと休学のための休学みたいな感じになってしまっていますが、いいんですそこは無理やりで(笑)

 

「ギャップイヤー」という言葉ですが、これはイギリスの大学における入学延期制度のことです。大学を休学して何かをしようとする人は一度は見たことのある言葉だとは思うのですが、当時の私はとてもこの制度に触発されていたんですね。


「自分もこれをやりたいぞ。日本でやるなら休学するしかない」そんな強い気持ちでこの言葉を休学理由のトップに持ってきました。

 

それに続いて、では何をやるかということで「世界一周」と書きました。
一応保険として「留学」や「ボランティア」などの言葉も入れていますね(笑)
「世界一周だと?そんな理由じゃだめだ!」と却下されるのが怖かったんです(~_~;)

 

留学の為に休学するというパターンは良くありますし、ボランティアというワードも印象は悪くないですからね。
実際、ギャップイヤーでよく行われている活動でもありますし。

 

でもって最後に、活動初期は活動資金を稼ぐと記しておきました。
これで一応は、休学期間である程度何をするか明確ににしつつ、妥当性のある感じにできたのかなあと思います。

休学理由には堂々とやりたいことを書けばいい

私の場合は特になにもつっこまれることなくあっさりと休学が承認されました。

 

本当にあっさりとです。
おそらく、私の大学の場合どんな理由を書いても休学は承認されていたかと思います。
もちろん反社会的な理由などはダメだとは思いますが。

 

それらを踏まえた上で、あなたの大学が寛容的でありそうならば堂々と、

 

「世界一周するため」

 

みたいに書くのも全然アリだと思います。


ほかにも、

「ボランティアをするため」

「留学するため」

「インターンをするため」etc....

 

こんなふうにシンプルでいいんです。     


仮に何かつっこまれても、しっかり受け答えできれば、却下されるということもないでしょう。

もし書きたくなければ「一身上の都合で」OK

もちろん何も音沙汰なく休学手続きを済ませたいというのであれば、あえて「世界一周」といった攻撃的なワードは入れなくてもいいでしょう。

 

大学が休学に対して寛容的でない、特に自分のやることを大学に伝えたいわけではないなど色々なパターンがあるとは思いますが、そういう場合あえて不毛な争いをする必要はないと個人的には思います。

 

こういうときは「一身上の都合」で構いません。こう書いておけば特に何も言われないでしょう。

休学が受理されないことはあるのか

休学が受理されないといった話は身近に聞いたことはありませんが、あまりに妥当でない理由を書いたらストップされるかもしれませんね。

 

あと、もし仮に大学側が休学の理由を身体的、金銭的な理由により勉学が続行できない場合のみに限るとしていた場合、やりたいことがあるという理由では休学が受理されない可能性が高いでしょう。
これについては、あなたの大学の休学制度をよく参照してみてください。

休学理由に書いておきたいこと

f:id:pechipechipenguin:20180225225339j:plain

休学理由をどう書くかはもちろん個人の自由ですが、私が個人的に書いておいた方がいいなと思うのは、

 

休学で主に行う予定の活動

その活動をなぜ休学をして行わなければならないのか

主な活動スケジュールの予定

 

以上の3点です。
この3つが説明できていれば、休学理由としては申し分ないのではないでしょうか?

 

世界一周なら、

・世界一周

・世界一周を休学して行う理由

・世界一周の概要

といった具合でしょう。

 

留学なら、

・留学

・留学を休学して行う理由

・留学の概要

という感じ。

 

これなら、目的、理由、内容の3要素が含まれていてとても分かりやすいです。
2つめの「理由」は本音の部分でもあるので、ちょっと書きにくいとは思いますが、ゴリ押しでもいいので書いておくと休学届を見た人の納得感が増すのかなと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

私の場合は、休学届けに「自分がギャップイヤーを実践したらどうなるか?何か得られるか?それを世界一周で試します!」という感じで書きました。

 

実際に自分が思っていたこと、やりたかったかったことを書いて提出したことで、「これはやるぞ!」という使命感のようなモチベーションを得られた気がします。

 

ぜひあなたも自分自身が納得のいくような休学届を書いてみてください!そういう休学届が書ければ、自分の休学ライフにも確信をもって望めますよ!

 

関連記事:休学中でも学生証は使えるの?

関連記事:休学中にバイトしたいんだけど大丈夫?そもそも可能?

関連記事: 休学するべきかどうかで迷ったら、人生という大きな視点で考えよう

PS.もし世界一周を考えている学生の人は、世界一周関連の記事も書いているので、ぜひこちらもどうぞ>>世界一周 - 世界くるっと.com