世界くるっと.com

海外旅行の情報や商品レビューなどなど「世界をくるっと」回ったことのある人が気軽に書いていきます

MENU

【ウルムチの考察】近代都市化と漢族増加。一方、裏通りに入ると現れるウイグル族【中国新疆旅行記8】

f:id:pechipechipenguin:20170417185640j:plain

新疆ウイグル自治区ウルムチを歩いてみて、まず感じたことは自分がウイグル自治区に対してイメージしていたものとのギャップでした。今回はそんな自分の持っていたイメージとは違っていたウルムチの街の様子についての考察をしてみたいと思います。

 

新疆ウイグル自治区全体を通しての旅のまとめと感想は>>「 新疆ウイグル自治区を実際に一人旅行した時のまとめと感想を書きます【ウイグルに興味のある人必見】 - 世界くるっと.com 」へ

スポンサーリンク
 

意外と都市化しているウルムチ

当初、新疆ウイグル自治区についてイメージしていたのはローカルで、昔からの民族的な生活をしていて、いい意味で現在の生活とはかけ離れている、、、そんな生活風景でした。

 

しかしウルムチという街はそんなイメージを見事に打ち破ってくれました。

 

訪れてみたらなんとウルムチはとっても近代的な都市だったのです!

 

近代的な建物が建っていれば、

f:id:pechipechipenguin:20170417185647j:plain

 

高層ビルやマンションもたくさん立ち並んでます。

f:id:pechipechipenguin:20170417190207j:plain

 

道路はしっかりと整備され、道路網も発達していました。

f:id:pechipechipenguin:20170417185711j:plain

 

さらに、幹線道路にはBRT(バスの高速輸送)の専用レーンが設けられ、スムーズに移動できる交通システムも整っています。BRTは本当に便利でした。

f:id:pechipechipenguin:20170417185640j:plain

 

大学などの教育機関もあって、一通りの社会インフラは整っている感じ。

 

この街を歩いていて、ウルムチって全然近代的で便利な都市じゃん!と感じました。

 

みんなスマホも普通に使ってます!

 

意外と多い漢族

新疆ウイグル自治区ではほとんどウイグル族が占めていて漢族、いわゆる一般に想像するような中国人はあまりいないと思ってました

 

それもここウルムチでは違っていて、実際はかなりの漢族がウルムチで生活しています!

 

通りを歩くと漢語メインの表記の店が多い。

f:id:pechipechipenguin:20170417184443j:plain

 

この写真だけ見ると一般的な中国って感じ。

f:id:pechipechipenguin:20170417184833j:plain

 

漢族メインの商店街には携帯電話の通信社などもありました。

f:id:pechipechipenguin:20170417184831j:plain

 

行き交う人は多くが漢族です。

f:id:pechipechipenguin:20170417193908j:plain

こうして見ているとと気づくのが漢族の多いエリアには、あまりウイグル族がいないということです

 

ウルムチにはたくさんの漢族が移植してきたみたいで、もはや漢族の方が多いのではないかという印象さえ受けました。

 

その流れの中で漢族の生活範囲の方がこのウルムチでは、大きくなっているのかもしれないと感じました。

 

モスク近辺にはウイグル族が集まっている

f:id:pechipechipenguin:20170417214632j:plain

新疆ウイグル自治区というだけあって、街中にはウイグル族の信仰するイスラム教のモスクが姿を現します。さすがにモスクの周りには多くのウイグル族が集まっていて、人と建物が調和しているような感じを受けました。

 

金のドームに緑を基調としたモスク。ここが中国にあるとはとても思えない建物です。

f:id:pechipechipenguin:20170417214709j:plain

 

ちょうど礼拝が終わってモスクの前で談笑しているウイグル族の男たち。f:id:pechipechipenguin:20170417214725j:plain

モスクはウイグル族同士の交流の場にもなっているみたいでした。

 

裏路地に入ると突如現れるウイグル族の暮らし

ウルムチの街では、歩いていて一本違う路地に入った途端、雰囲気が変わってウイグル族ばかりがその路地にいるような場面に遭遇することがありました。

 

何気なく裏路地に入ってみると・・・

f:id:pechipechipenguin:20170418094609j:plain

 

そこではウイグル族がその場でさばいた羊の肉やナンを売っていました。
まさしくウイグル族の食事のメインとなるものばかりです。

f:id:pechipechipenguin:20170418094635j:plain

 

また別の路地へ入っていくと、

f:id:pechipechipenguin:20170418094711j:plain

 

所狭しとリヤカーを並べて果物などを売っているウイグル族の姿が。
またそれを買いに来るたくさんのウイグル族の姿も。

f:id:pechipechipenguin:20170418094723j:plain

 

果物、衣類品、雑貨までなんでもこの狭い路地で売られています。

f:id:pechipechipenguin:20170418094737j:plain

 

ウイグル族にもウイグル帽を被っている人かぶっていない人、スカーフをかぶっている人いない人様々でした。

f:id:pechipechipenguin:20170418094747j:plain

 

ウルムチのウイグル族は主に日用雑貨や食品などを売って生計を立てているようでした。逆にビジネスマンのようなウイグル族はあまり見ませんでした。

 

整備された大通りには見えてこなかったウイグル族の暮らしもこうして一本裏路地に入れば少し垣間見ることができます。

 

まとめ

f:id:pechipechipenguin:20170418094758j:plain

いかがでしたか?

 

ウルムチは想像よりもずっと近代化していて利便性も高く、一般的な中国の都市と変わらない暮らしぶりが見えました。その一方で裏路地ではひっそりと、だけど活気のあるウイグル族の姿も見えました。

 

ウルムチでは漢族が集まる場所、ウイグル族が集まる場所がそれぞれ分かれていて、なんというか互いにあまり接していないという印象を受けました。違う民族がそれぞれ別で生活しているって感じ。この辺を互いの民族がどのように感じているんだろうなと気になります。

 

▼続きはこちら!

ウルムチの安宿「白樺林国際青年旅舎」に泊まってみた。宿と周辺情報。【中国新疆旅行記9】 - 世界くるっと.com