三井住友VISAクラシックカードとクラシックカードAの違いについて解説。似てるけど一体どう違うの?

三井住友カード

三井住友カードにおいて最もスタンダードなカードが三井住友VISAクラシックカードです。日本発のVISAブランドカードでもあり、非常に歴史がある1枚です。

>>三井住友VISAクラシックカード

ところでこのクラシックカードには、もうひとつクラシックカードAというカードがあります。

  • 三井住友VISAクラシックカード
  • 三井住友VISAクラシックカードA

「A」という文字があるかないかの些細な違いなのですが、実はこの2枚は微妙にカードの内容も異なります。しかし、同じクラシックカードで似ているだけに、違いがいまいち分からない人もいるのではないでしょうか。

そこで今回はこの2枚のカードの違いについて解説しつつ、どちらのカードを選択するのがいいのかについて書いてみようかと思います。

スポンサーリンク

三井住友VISAクラシックカードとクラシックカードAの違い

大きな違いは旅行保険の内容

クラシックカード/クラシックカードAの大きな違いは旅行保険の内容となります。手っ取り早くいえばクラシックカードAの方が、保険内容が充実していると言えます。

早速違いを見ていきましょう。

海外旅行保険の補償額が異なる

まず、クラシックカード/クラシックカードAでは海外旅行保険の補償額が異なります。補償額の違いを表にすると下記の通り。

海外旅行保険の比較
補償項目 クラシックカード クラシックカードA
傷害死亡・後遺障害 最高2000万円 最高2000万円
(内自動付帯300万円)
傷害治療 50万円 100万円
疾病治療 50万円 100万円
賠償責任 2000万円 2500万円
携行品損害 15万円 20万円
救援者費用 100万円 150万円

表を見れば分かる通り、クラシックカードAの方が全体的に補償額が高くなっています。特に怪我や病気の治療に必要な傷害・疾病治療の補償額が倍違うのは大きいですね。海外ではよく利用しがちなので。

傷害死亡・後遺障害の最高額については両方とも最高2000万円となっていますが、ちょっと中身が異なります。それについては次の項目で解説します。

海外旅行保険の付帯条件が異なる

クラシックカードの海外旅行保険とクラシックカードAの海外旅行保険では、保険を適用させるための条件(付帯条件と言う)が実は異なっており、下記のようになっています。

  • クラシックカード:利用付帯
  • クラシックカードA:自動付帯(一部利用付帯)

利用付帯では、海外旅行保険を適用させるために旅費や交通機関などの料金を当該カードで決済する必要あります。

そのためクラシックカードの海外旅行保険を使うなら、たとえば現地までの飛行機の代金をクラシックカードで決済したりする必要があります。まあ何かしら旅行にまつわる決済をすればいいので、楽といえば楽ですが、ひと手間かかるも言えますよね。

一方、自動付帯では海外旅行保険を適用させるために旅費や交通機関などの料金を当該カードで決済することを必要としません。

なので、クラッシックカードAの場合は特に何もしなくても海外旅行にいくだけで勝手に保険がくっついてくることになります。これはけっこうラクチンですよね。

ただ一部、傷害死亡・後遺障害の項目に関しては自動付帯が適用されるのは300万円のみとなっており、残り1700万円分に関してはクラシックカード同様に旅費や交通機関などの料金を決済しないと適用されません。

通常のカード会社の場合、利用付帯を適用させる条件は日本出国前の決済に限られますが、三井住友カードの場合は日本出国後に現地の公共交通機関でカード決済をしても適用させることができます。もちろん電車などでもOK。なので三井住友カードの海外旅行保険は利用付帯といっても、非常に使いやすいものとなっています。利用付帯が出国後でも使えるカードは珍しいですね。

国内旅行保険の有無

また国内旅行保険の有無もクラシックカード/クラシックカードAの大きな違い。国内旅行保険が付いているのはクラシックカードAのみとなります。

国内旅行保険
クラシックカード クラシックカードA
なし あり
傷害死亡・後遺障害が最高2000万円
(内自動付帯300万円)

国内旅行中の公共交通機関での事故や宿泊施設での事故、また宿泊を伴うツアー中の事故による死亡・後遺障害に対して補償がされます。

当該事故にまつわる旅費の決済にクラシックカードAを利用していれば(利用付帯)、最高額2000万円まで補償されます。もし、決済に利用してなくても300万円までなら自動的に補償してくれます。

できれば使うことがなければという項目ではありますが、一応こういう保険が付いているんだと思えば、国内を旅するにしてもちょっと安心感がありますね。

というわけで旅行保険の内容の違いを簡単にまとめておくと、こんな感じとなります。

旅行保険内容の違いまとめ
クラシックカード クラシックカードA
・利用付帯の海外旅行保険のみ ・海外旅行保険の内容がクラシックカードよりも充実
・付帯条件が自動付帯(一部利用付帯)
・国内旅行保険あり

券面の違い

次はカード券面の違いですね。クラシックカード/クラシックカードAともに券面デザインは同じなのですが、実はクラシックカードAにはパルテノン神殿の横に「A」マークが付いています。

ノーマルのクラシックカードでは、このAマークは付いてません。

パッと見はほとんど分かりませんが、一応こうして見分けることもできるわけですね。まあ自分自身このAマークは最近になって気づきましたが(笑)

年会費の違い

最後は年会費について。年会費の違いはまとめるとざっとこの通り。

年会費
クラシックカード クラシックカードA
通常 1250円(税抜) 1500円(税抜)
学生(在学中) 無料 250円(税抜)

通常の年会費はクラシックカード1250円(税抜)、クラシックカードAが1500円(税抜)となっており、両者の差はほとんどないと言ってもいいでしょう。

在学中のみ持つことができる学生カードは、クラシックカードはなんと無料、クラシックカードAも250円(税抜)と格安ですね。

まとめ:年会費はわずかな差しかないのでクラシックカードAがおすすめ

とうわけで三井住友VISAクラシックカード/クラシックカードAの違いについて解説してみました。

主な違いをざっと振り返るとこちら。

  • 旅行保険の内容の充実度
  • 券面「A」マークの有無
  • 年会費

この中でも、クラシックカードAの旅行保険の内容がクラシックカードに比べて充実していると言うのが一番大きな違いでした。

もしどちらのカードにするかで迷ったら、年会費的にわずかな差しかないのでクラシックカードAの方が個人的には断然オススメです。

>>三井住友VISAカード

タイトルとURLをコピーしました