ATM手数料無料で海外キャッシングに向いているクレジットカードを紹介

トラベルハック

クレジットカードを使って海外のATMからお金を引き出す海外キャッシング。

通常はどんなクレジットカードでも下記のATM手数料が1回毎にかかります。

利用金額 ATM引き出し手数料
1万円以下 100円(税抜)
1万円超 200円(税抜)

ですが、中にはこのATM手数料をとらないというカードがあります。

ということで今回の記事では、そんなATM手数料を取らず海外キャッシングに向いているカードを何枚か紹介します。

海外キャッシングをお得に活用したいという人にぜひ読んで頂けたらと思います。

セディナカード【海外キャッシングに特化したカードが欲しいならこれ】

まずはじめに紹介するのがセディナカード。

海外キャッシングをする上では、現状最も有用なカードのひとつです。

ペイジー(Pay-easy)という決済システムを取り入れており、繰上げ返済の申請から振込みまでがネットで完結できるのが特徴。また、海外キャッシングしてから利用額の反映も3日ほどとかなり早く、即座に繰上げ返済ができるため利息も最小限に抑えることができます。

これほど海外キャッシングに向いたカードは他になかなかないというカードです。さらに年会費無料で持てるところや国際ブランドの選択肢も豊富なのが良いですね。

公式ページ:セディナカード

三菱UFJ-VISAカード【安心感と金利の低さを求めるならこれ】

次に紹介するのが三菱UFJ-VISAカード。

キャッシング時の金利が14.5%と、一般的なカードと比べて低いのが特徴(ふつうは18%のところがほとんど)。そのため金利コストを抑えて安上がりに海外キャッシングができます。このあたりは銀行が直接発行するカードだから成せる業でしょう。

三菱UFJ銀行の口座を持っている人向けですが、銀行系カードということで海外で使うにあたっても安心できていいんじゃないかと個人的には思います。実際自分もこのカードをよく使っていました。

繰上げ返済に関しては、電話連絡して口座から引き落としてもらうという形になります。

公式ページ:三菱UFJ-VISAカード

JCBカード(オリジナルシリーズ)【特典・ステータスなども欲しいならこれ】

最後に紹介するのがJCBカード。

国際ブランドはJCBとなるため、海外で通常のカード利用ができる場所は限られますが、その分特典やサポートが優れているのでそのあたりも考慮してカードを選びたい人におすすめです。

なお、JCBの場合ATMはMaster Cardと同じCirrusネットワークを使うため海外キャッシングの汎用性に関しては現状問題ありません。

繰上げ返済する場合は、電話連絡をした上で指定された金融機関に振り込むという形になります。そのため、銀行によっては振込み手数料が必要となる場合があります。

公式ページ:JCBカード

※ちなみにATM手数料が無料となるのは、JCBが直接発行するJCBカード(JCBオリジナルシリーズと呼ばれるもの)だけであることに注意しましょう。提携カードの場合は、所定のATM引き出し手数料がかかります。

まとめ

以上、ATM引き出し手数料が無料で海外キャッシングに向いているクレジットカードを紹介しました。

ぜひ、自分の海外キャッシング利用シーンを想定しながらカードを選んでもらえればと思います。