海外キャッシングを使う際に知っておきたい注意点。失敗を避けるために覚えておこう。

海外キャッシング

外貨を手に入れる上で非常に便利でお得な海外キャッシングですが、いいことも多い反面、気をつかなければいけないこともあります。

そこで今回は海外キャッシングを使う上で気をつけるべき注意点について、自分の経験談なども交えながら解説してみようと思います。

これから海外キャッシングを始めようという人は、ぜひ今回紹介する注意点を踏まえてもらえれば海外キャッシングにおいて失敗を避けられるでしょう。

スポンサーリンク

海外キャッシングを使う際の注意点

キャッシング枠がそもそもカードについてないと使えない

海外キャッシングはクレジットカードのキャッシング枠内でお金を引き出せるシステム。

なので、そもそもキャッシング枠がカードについてないと使えません。

つまりキャッシング枠0円ってことです。

下記のようにキャッシング枠がついていればいいですが、ついていない場合はキャッシング枠の申請が必要となります。

キャッシング枠の付与には一応審査が必要で、審査が通らないとキャッシング枠をつけてもらえないので注意を。

もし審査が通らなかった場合は、別のカード会社で改めて申し込むか、プリペイドカードやデビットカードといった代替手段を検討する必要があります。

ただ、海外キャッシングに関しては通常のキャッシング枠とは別扱いで枠をつけてくれるというカード会社もあるので、まだ枠が付いてない人は最初から諦めずにまずはカード会社に連絡しましょう。

カードの総利用枠が埋まってしまうと、キャッシングできなくなる

また、キャッシング利用枠はカード全体の総利用枠に内包されている形になります。

なので、仮にたくさん買い物してカードの総利用枠を目一杯使うと、キャッシング利用枠が圧迫されて使えなくなってしまいます。

次のカード引き落としが終わるまで、枠が回復するのを待つ必要があるので注意しましょう。

対処法としては、引き落とし日より前にカード会社への支払いを済ませる「繰上げ返済」をすると、枠を復活させることができます。

ぜひ覚えておきましょう。

>>海外キャッシングの繰上げ返済とは?利息を安くできるので知らない人は覚えておこう!

銀行口座に十分なお金があること

海外キャッシングすると、後日利用した分のお金が自分の銀行口座から引き落とされます。

当たり前ことではあるのですが、その支払日に自分の口座に支払いできるだけの十分な残高が残っていないと、支払いを延滞することになってしまいます。

その場合、遅延損害金といって通常よりもさらに高い利息でお金を返済しなければならないペナルティを受けます。

さらに支払いが延滞すれば、カード会社のブラックリストに載ってしまったり、自身の信用情報に傷が付くということにもなってしまいます。

あくまで自分が使える範囲内で利用することが大事です。

カードの支払い方法がリボ払いになっていると延々と支払いが終わらないことがある下記をつけておく

海外キャッシングの支払い方法は、カード支払日に一括で返済するのが一般的ですが、稀にこの返済方式がリボ払い専用のカードがあります。

たとえば、有名な「イオンカード」は実は海外キャッシングの支払い方法がリボ専用です。

こうした海外キャッシングの支払い方法がリボ払いになっているカードを使う場合、毎月の支払額が小額に設定されているといつまでも返済が終わらない事態が起こる可能性があります。

以前、何ヶ月にも及ぶ長期旅行にいった人の持っていったカードがリボ払い専用になっていて、帰国したらいつの間にか多額の負債をかかえていたという話がありました。

リボ払いのカードでも支払い設定を毎月全額支払いに設定すれば、こうしたことは起こらないのですが、「そういうのは難しくてよく分からない・・・」という人は、とにかく海外キャッシングには支払いが一括のカードを使いましょう。

なるべく操作失敗しないようにスムーズにATMを使うこと

海外キャッシングするときのATM操作は、なるべく失敗しないようにスムーズに進めることがオススメです。

自分の場合、ATM操作を途中でやり直したら後日二重に引き出したお金が請求されていたことがありました。

>>海外でクレジットカードを使ったら二重請求が来た!やはり明細書の確認は大事!!

カード会社に連絡して調査してもらって結果、間違いだったことが分かったので1回分のお金はちゃんと返金されましたが、ちょっと時間がかかりました。

また、自分はまだ経験したことありませんが、変な操作をしたりお金を引き出した後にすぐにカードを抜かなかったために、カードがATMに吸い込まれてしまったなんて話もよく聞きますよね。

カードが吸い込まれるのはセキュリティのためでもあるのですが、いずれにしろトラブルが起こると解決に時間がかかって面倒です。

海外キャッシングするときは、あらかじめ現地通貨のレートを把握しつつ、引き出す金額を決めておいた上でATM操作に臨むのが良しです。

現地通貨or日本円どちらで換算するか選択を迫られたら、必ず「現地通貨」を選ぶこと

海外キャッシングしようとATMを操作してると、たまに画面で「現地で通貨で換算するか?日本円で換算するか?」と選択を迫られる場合があります。

こういうときは迷わず「現地通貨」を選択しましょう。

「日本円」を選択してしまうと、VISAやMaster Cardなどの国際ブランドが定めるレートではなく、そのATMを運営する会社のレートが適用されてしまいます。

このレートはほぼ間違いなく手数料が上乗せされていて損するので、選んではなりません。

この「現地通貨での換算or日本円での換算の選択」は海外で普通にカードを使って買い物するときでもたまにあることなんですが、海外キャッシングでもあるので気をつけましょう。

ちなみにこういうのを専門用語で「ダイナミックカレンシーコンバージョン」といいます。興味ある人は下記に目を通してみてください。

>>ダイナミック・カレンシー・コンバージョン – Wikipedia

防犯に気を使うこと

当たり前の話ですが、ATMを利用するときは防犯に注意を払いましょう。

お金を引き出す前も後も周囲を一度確かめたほうが良いですね。お金もすぐしまいましょう。

個人的には、空港でキャッシングするのがセキュリティ的に一番安心できるのでオススメです。

まれに海外キャッシングができない・使わないほうが国もある

ATMさえあれば世界のどんな国でも現地通貨を引き出せるのが海外キャッシングの良さですが、まれに海外キャッシングがそもそもできない国、できるけど使わないほうが得する国というのがあります。

自分がこれまで訪れた国の中では、イランがそもそも海外キャッシングできない国でした。これはアメリカとの外交関係上の理由で、アメリカの企業である国際ブランドのネットワークが使えないからです。

そのほか、強いインフレ状態の国だと実際のレートにATMのレートが追いつかず、現金両替したほうがはるかに得することもあります。以前、ウズベキスタンやアルゼンチンを訪れたときはそういう状態でした。

ただ、こういったイレギュラーなことはそうないので、基本的に心配はしなくても大丈夫です(笑)

ですが、稀にそういうこともあるということで、出発前に渡航先の国の状況はチェックしておいたほうがいいでしょう。

まとめ

以上、今回は海外キャッシングを使う上での注意点をありったけに紹介してみました。

人によっては少し難しい内容もあったかもしれませんが、やはりこうした知識をつけておくと最終的に損しなくて済むので、しっかりと理解しておきたいところですね。

ぜひ今回紹介した注意点を頭の片隅に入れながら、海外キャッシングを使いこなしていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました