世界くるっと.com

海外旅行の情報や商品レビューなどなど「世界をくるっと」回ったことのある人が気軽に書いていきます

今まで何もしていなかった大学生はこの夏旅に出てみたら?

f:id:pechipechipenguin:20180519194819j:plain

「大学にはいってもあんまり何もしてないな~」

 

とそんなことを考えている学生のあなたにおすすめのものがあります。

 

それはずばり「旅」です。

 

深く考えるのはやめましょう。
この夏旅に出るのです。

 

スポンサーリンク
 

 

 

やることなんて何でもいいけど自分のオリジナルの体験をしたほうがいい

大学生って、夏休みって大体2ヶ月くらいありますよね?

 

だったらこの休みを有効活用しないのは正直もったいないです。
バイトしたり、サークルの活動をしたり、海に行ったりとまあそういうのは学生ならあると思います。

 

ですが、正直言うとこれらは誰でもできるし、大体同じ様な体験しかできません。

 

それに比べ、旅はあなたにだけしかできません。
自分で作り上げる必要があるのが旅です。だからこそ自分だけのオリジナルな体験ができるのです(パック旅行とかは除いて)

 

「自分だけの体験ができたかどうか」これは個人的に人生においてとても重要なことなんじゃないかなと思います。なぜならほかの誰でもない自分自身で作り上げたものだからです。

 

こういう体験は大学を卒業してもずっと自分の中に生き続けるものだと感じています。
いわば自分だけの「ユニークな部分」といえます。 

机上で学べることは限られる

学校では実習などを除くと、基本的には机の上で学ぶことがメインです。

 

机の上で学び考えたことを、頭の中でまとめてレポートにする。
確かに頭が良くなった気にはなりますが、一方で頭でっかちになったような気もしませんか?

 

私は大学時代、自分でレポートを書きながら、自分が述べていることはうそっぽいなと感じました。
きっと実体験が伴ってなかったからだと思います。

 

まるで現場をわかってないのに、上でえらそうに何か決めている人たちみたいでした。

 

同様に、何もしていないのに知識ばかりつけて知った気になっている人を見て、やはりうそっぽいなと感じていました。

実際にやって学ぶしかない

大学に行くことは学びを深めることにつながりますが、それでもやはりそれは机の上で学んだことにしか過ぎないと私は思います。
それだけでは足りないのです。

 

たとえばこんなことがありました。

 

私は高校時代世界史を選択していました。
世界史をとったことがある人ならわかると思うのですが、世界史って本当に丸暗記になりがちです。海外にもいたことがない高校生に、世界の地名や偉人、歴史なんて本当にイメージがつくでしょうか?

 

特有のカタカナ文字が苦手で丸暗記に丸暗記を重ねて、受験を突破しました。

 

その後、私は大学に入って、休学して世界一周をすることになったのですが、世界各国を回るとそれはそれは世界史で出てくるような地名の場所に実際に訪れることになるんですよね。

 

実際に現地に赴いてみて、初めて教科書や参考書でしか眺めることのなかったその国の場所を認識できたのです。
「サマルカンドってこんな場所なんだ」とか、「ウイグルの人って意外とフレンドリーだな」とか、「イスファハーンってほんとに世界の半分って言われるだけあるな」とかそんなことを実際に思うわけです。

 

旅から終わって帰ってきてみると不思議なことに余裕で世界地図のどの場所に何があるかがわかるようになったんです。今まで世界地図の地名を覚えるのってかなり根性がいるものだったのに。

 

まさに知識と実体験の融合が起きたんだと思います。

 

これが本当に実際に学ぶということなんだと私は思います。
こういうときってそれ以降、なかなかその記憶というものは忘れません。
まさに身について覚えているのですから。

 

そんな体験ができるのも旅の魅力なのかなと思います。

だからこそ何も考えず旅に出よう 

まあほんとうは旅じゃなくても良かったりするわけです。興味があるものを実際にこの目で見る、体で体験するというということが重要でこれこそが私は最高の学びだと思うんですよね。

 

でも、何で旅がおすすめかって言うと、その実際に目で見て体験するというのが手軽にしやすいからなんですよ。

 

別に私みたいに世界一周をしろといっているわけではありません。
数万円あればいまあならLCCがあるので近場の海外ならすぐ行けます。
国内でも1万円ちょっとあれば、青春18切符とか、東日本フリーパスとか安い値段で色々移動できる方法はいくらでもありますよね。

 

勇気ある人はヒッチハイクという方法だってあります。

 

寝床なんてなんだっていいじゃないですか。どうせなら公園のベンチや駅前で寝てみたらどうでしょう?

 

なるべく普段の自分の枠から外れてみることです。
そこではじめて、自分が普段意識していなかったことが意識できるようになり、異文化や他者理解にもつながる。
自分という人間の深みが増すんだと思うのです。

 

さあ君もこの夏、枠から飛び出して旅に出よう。