世界くるっと.com

海外旅行の情報や商品レビューなどなど「世界をくるっと」回ったことのある人が気軽に書いていきます

いい美容師の条件と見つけ方とは?そのポイントを書いてみた

f:id:pechipechipenguin:20180518202034j:plain

いい美容師さんを見つけるのってなかなか難しいですよね?

 

自分の髪質やクセをわかってくれて、自分のイメージする髪型に仕上げてくれるそんな美容師さんに出会えたらなんといいことか・・・・
そんな美容さんに髪を切ってもらえるなら安心して任せられますよね。

 

ところが、こういう美容師さんっていそうで意外といないものです・・・。
私もだいぶ長らくいい美容師さん探しの旅を続けたものです。

以前あまりにもひどい美容師に当たってしまったとき、

「これをされたらもうその美容師には髪を切ってもらわない方がいいかもしれない10のコト 」

という記事を書いたのですが、けっこう反響があって、おんなじ悩みを抱えている人って多いんだなと感じました。

 

そんな私でしたが、最近はなんとかいい美容師さんにめぐり合うことができて、いまでは自分が自信を持てるような髪形をキープすることができてます。

 

というわけで今回は、私自身が感じた「いい美容師の条件と見つけ方」について書いてみようと思います。

 

スポンサーリンク
 

 

 

いい美容師の条件

それではまず「いい美容師だな~」と思う条件について書いていきたいと思います。

カウンセリングがうまい

まずはカウンセリングのうまさですね。

 

イスに座ってまずカウンセリングするときって大体「どういう髪型にしますか~?」という感じで聞かれると思います。
そこで私たち客側は自分の髪型のイメージを伝えていくと思いますが、最初はやっぱりどうしてもアバウトな伝え方になってしまいますよね?

 

ここでいい美容師さんだと感じるのは、そのアバウトなイメージをなるべく具体的にして、お互いに共有できるよう細かい部分までこちらにしっかりとカウンセリングしてくれる方です。

 

「前髪はどのくらいの長さまで切りますか?」
「襟足はどのくらいの長さにしますか?」

 

といった感じです。
ここまでだったらまあ普通かもしれませんが、意外とこれすらちゃんとやってない人っています。

 

なのでまずはこの基本的なカウンセリングの質問をしてくれるかどうかをチェックしましょう。

 

さらに、もし「もし途中でこうしてほしい部分があったらいってくださいね」とフォローまでしてくれたら、信頼できそうな美容師さんだなと考えていいと思います。

髪のクセを考えてアレンジ・アドバイスしてくれる

次は、こちらの髪のクセを考えて髪を切ってくれたり、アドバイスしてくれることですね。
カウンセリングとかぶる部分がありますが、これもいい美容師さんの条件だと思います。

 

私は、言葉で自分のイメージする髪型を伝えるのが下手なので、いつも雑誌に載っている髪型を見せています。
そのときに「ここは少しボリュームを持たせましょうか?」とか、「毛の量が多くなりがちなので多めにすいておきましょう」と、髪のクセや生え方を考えてアレンジをしてくれる方は、こちらのことをちゃんと考えてくれるいい美容師さんだなと感じます。

 

またセットのときに「癖が強いのでここはしっかりドライヤーをあててセットするといいですよ」とアドバイスをくれるのもポイント高いです。

 

これだけ自分の髪のことをわかってくれるような美容師さんがいたら、とても安心できますよね。

切られていて気持ちいい

美容師になる人はみんなそれなりに研修をうけているのでカットは普通にできると思うのですが、いい美容師さんはやはり明らかにカットがうまいです。

 

滑らかでスムースで切られていてとても気持ちいいんですよね。
はさみが髪に引っかかって途中で「ブチッ」となることがほとんどありません。


もし今度髪を切られるときはこんなところも気にしてみるといいかもしれません。

スピードがあるけど最終的に丁寧

美容師の人はやっぱりカットのスピードも重要です。
あまり長い時間カットしているとお客さんが疲れますし、次のお客さんも待たせてしまいますから。

 

ただときにはただ早いだけで、そのまま駆け抜けていってしまうという残念な美容師の人もいます・・・・。

 

その反面、スピードがあるのはもちろんなんですが、要所要所はかなり丁寧にカットしてくれる人はいい美容師だなと感じます。


たとえば、前髪や耳の辺り襟足など。
いったん手を止めて、どのように切るか再度ちゃんと確認してくれます。
こういう美容師さんは本当に安心できますし、イメージどおりの髪型になりやすいです。

 

最後の仕上げのところも丁寧にやってくれるのはいうまでもありません。

いい美容師の見つけ方

f:id:pechipechipenguin:20180520130910j:plain

いままでいい美容師だなと感じる条件を説明してきましたが、やっぱり実際に髪を切ってもらわないことにはどうにもなりませんよね?

 

そこで今度はいい美容師の見つけ方について書いてみようと思います。

人づてに見つける

まずはじめにオススメしたいのが人づてに見つけるという方法です。

人づてに見つけることのメリットはずばり、その美容師さんの腕と人柄がわかること

ぜひ、きょうだいや友達でいい髪形をしているなという人がいたら、担当してもらった美容師さんのことを聞いてみましょう。
話を聞いてみて、良さそうな人だったらその美容師さんにお願いしてみるのがいいですね。

 

共通の知人がいるから、初対面でも打ち解けやすく、髪型のカウンセリングも親身になってきいてもらえると思います。

 

ちなみに私はこの方法で今の担当してもらっている美容師さんを見つけました。

自分とフィーリングが会いそうな人を指名する

もし、人づてにいい美容師さんが見つからないときは、ホットペッパービューティーなどで予約したり、飛び込みで美容室に入ることになると思います。

 

もしこのときに、誰か指名できそうであればやってもらいたいのが「自分とフィーリングが会いそうな人を指名する」ということです。

 

見た目が好きな感じとかでもかまいませんし、友達になれそうだったり、信頼できそうに感じる人を指名することです。

何でかというのは次でお話していきます。

まずは腕云々ではなく自分に合う人を見つけることがポイント

人は、自分と合わない人、もうすこし深く言うと好意がもてない人にはなかなか伝えたいことをちゃんと伝えることができません。

 

それではなおさら自分がなりたい髪形のイメージなんてうまく伝えられませんよね?


私自身、気を使ってあまり自分の髪型のイメージをうまく伝えられなかったときの、できあがりってやっぱり微妙です。


「あ~もっとこうやって、伝えればよかったな~。でもなんか言いづらかったな」と、後悔することが多いです。


だからこそ、ある程度自分と気が合いそうな人を選ぶ必要があるのです。
自分自身のなりたいイメージをちゃんと伝えるためにも。

 

なにより、髪を切り終わった後に「この人にきってもらってよかった!」という人じゃないと最終的には納得がいかないと思うんですよね。

 

気の合う人には安心して任せられますし、通っていく中で細かいニュアンスの注文もしやすくなるかと思います。
そういう意味で、最初は自分と気が合いそうな人を探すのをオススメしたいのです。

まとめ

というわけでいかがでしたでしょうか?

 

まとめると、まずは普通に信頼し合えそうな人を見つけるのが、いい美容師さんに出会うコツです。
腕を見極めるのはそれからでも遅くはないでしょう。

 

最終的には「あの人に会いに行くんだ!」そんな気持ちで美容室に行けたら最高ですよね。

 

もし、まだいい美容師に出会えていないな~という人はぜひ参考にしてみてください。それではここまで読んでいただきありがとうございました!