世界くるっと.com

海外旅行の情報や商品レビューなどなど「世界をくるっと」回ったことのある人が気軽に書いていきます

MENU

海外一人旅。英語がしゃべれなくても案外どうにかなります。

f:id:pechipechipenguin:20180506201856j:plain

こんにちはpechipechipenguinです。

 

これから海外を一人旅しようとする人に多い悩みのひとつに「英語がしゃべれない」というものがあると思います。

 

特にこれまで海外を旅行したことがないという人は不安ですよね。旅に出る前にもっと英語を勉強してからと思う気持ちもわかります。

 

ですが、個人的にはもともと英語がしゃべれなくても特に問題ないと思っています。

 

スポンサーリンク
 

 

 

だんだん英語は使えるようになってくる

初めて海外に一人旅に出たときは、私自身まったく英語が喋れませんでした。

 

しかし、慣れとは恐ろしいもので、英語の話し方なんて最初まったくわからなくても旅をしているといつの間にかだんだん話せるようになってきました。

 

何で話せるようになってくるのかというと、耳に入ってくる言語が英語メインになるのと、英語を使うことが多くなったからだと思います。何より日本語を使わなくなった。

 

まさしく英語の環境に身を置いている状態ですね。

 

つくづく言葉というものは、頭で学ぶのではなく、感覚だったり、コミュニケーションを通じて学んでいくものなんだなと思いました。

 

しばらくたつと今度は英語の夢を見るようになったのには驚きました。

海外旅行で最低限英語が必要な場面

とはいっても、このくらいは最初から喋れたほうがいいんじゃないかというラインも気になりますよね?

 

では、海外旅行で最低限英語が必要な場面とは何でしょうか?

 

例を挙げると・・・

  • 入出国審査
  • ホテルのチェックイン・チェックアウト
  • 何かわからないことを聞くとき

ぐらいでしょうか。意外と少ないですね。さらにこれらの場面だったら、英会話本を用いたりメモなどを利用すれば、簡単にやり取りをすることができるのでそういうところから慣れていけばいいんじゃないでしょうか。

 

こういう場面で何回かやり取りを経験すると、どういう風にしゃべればいいか自然とわかってきます。わからなくてもボディランゲージとメモを駆使すれば大体のことはどうにかなります。

発音や文法は誰も気にしていない

ちなみに海外に一度出てみればわかりますが、外国の人はそれほど英語の発音や文法を気にしていません。そして、めちゃくちゃな構成の英語でも案外伝わります。

 

英語でしゃべっていて、「その発音・文法おかしいよ」といわれることなんて滅多にありません(笑)

 

シンガポールではシングリッシュ(singlish)といって、シンガポール独特のなまりがある英語が話されますが、それでも会話は成り立つんですよね。正しい英語よりもまずはコミュニケーションとして使えることが先決です

 

英語というのはものすごく寛容な言語というか、どれだけ砕けても通じるところがあります。だから世界中で使われているんですよね。学校の授業で習うような英語を使うのは、極端に言えばイギリスとアメリカといった本場の人だけです。と考えれば、私たち日本人はそこまで正しい英語に気を使わなくてもいいんじゃないでしょうか。

まとめ

というわけで、海外に行くときに英語が喋れなくても案外どうにかなるということをざっと書いていました。

 

ほんとにびっくりするくらいどうにかなりますよ。私は別に学校で英語の成績が良かったわけでもなく、むしろ英語に対して苦手意識を持っていたほうでしたが、こんなに簡単に話せるようになるのかと自分でも驚きました。

 

これから海外を一人旅しようという方(もちろん複数人で行く人も)で、英語に不安を抱いているという方は気にせず現地に飛び込んでみるのがいいと思います。