世界くるっと.com

海外旅行の情報や商品レビューなどなど「世界をくるっと」回ったことのある人が気軽に書いていきます

首都スコピエを観光。やたらと多い偉人像【マケドニア旅行記】

アルバニアの首都ティラナを観光し、次にやってきたのはマケドニアという国です。マケドニアといえばその昔、アレクサンドロス大王という大帝王が轟いていた国ですが現在はいったいどのような国になっているのでしょうか。

 

スポンサーリンク
 

 

マケドニア

マケドニアはバルカン半島にある国です。西のアルバニア、南のギリシャなどの国と接しています。旧ユーゴスラビアの1国です。

 

スコピエ

マケドニアの首都はスコピエというところです。

 

 

アルバニアのティラナからバスでやってきました。

 

今回は歩いてスコピエの町を回りました。

 

やたらと多い偉人の像

スコピエの中心部にはいたるところに像が建っています。

f:id:pechipechipenguin:20180407170045j:plain

f:id:pechipechipenguin:20180407171317j:plain

こうした像はおそらく、マケドニアの歴史の偉人たちなんだろうと思います。

 

もしスコピエを訪れることがあったら、その数の多さに驚かされるでしょう。

 

古代マケドニア王国を再現?

偉人像とそばに建っている古代朝の建物を一緒に見ていると、まるで古代マケドニア王国を訪れたような気分?に・・・・。

f:id:pechipechipenguin:20180407170158j:plain

 

中央の広場にはアレクサンドロス大王の像もありました。

f:id:pechipechipenguin:20180407170230j:plain

 

一番目立ってて一番大きかったです。

 

もしかすると、こうして古代マケドニア王国を再現し、さらにまた国の威信を表現しているのかもしれません。

 

ただ、帝国建設の一方で子供や貧しい身なりの人がお金を求めている場面も見られ、なんだか少しボロが出ているような気もしました。

 

城塞

丘の上ある城塞に行くと、城塞からスコピエの街を見渡すことができます。

f:id:pechipechipenguin:20180407170959j:plain

 

この城塞に登ろうとしたときに話しかけてきた人がいて、3ユーロのお金がかかるといわれました。日本人で学生なんだと言ったらなんとタダにしてくれました。

 

本当は、この城塞は入場するのにお金がかからないはずなのですけどね・・・

 

一体あの人は誰だったのでしょう・・・?

 

その他の見どころ

その他にもスコピエには教会、土産物街など見所もちゃんとありました。

聖クリメント大聖堂

団子が三つくっついたような面白いかたちの大聖堂です。

f:id:pechipechipenguin:20180407173451j:plain

土産物街

土産物街は中世の雰囲気のありました。

f:id:pechipechipenguin:20180407173810j:plain

 

盗めるものは盗む

私が個人的にスコピエで気になったのは、これ何かパクったんじゃないの?というものがあるところです(笑)

 

ロンドンを走っているような赤い二階建てバスがあったり、パリの凱旋門っぽい建物などどこかで見たようなものがちらほら・・・

f:id:pechipechipenguin:20180407172946j:plain

f:id:pechipechipenguin:20180407173026j:plain

 

盗めるものは盗んでしまえといった感じなのかな~なんて思っていると最後に面白いものを見つけました。

f:id:pechipechipenguin:20180407174111j:plain

 

・・・ここにマケドニアという国の面白さを垣間見た気がしました。