世界くるっと.com

海外旅行の情報や商品レビューなどなど「世界をくるっと」回ったことのある人が気軽に書いていきます

サマルカンド観光。シヨブ・バザールとシャヒーズィンダ廟群を巡る【ウズベキスタン旅行記5】

ブハラはイスラム文化の繁栄を感じた都市でした。

 

そんなブハラを離れて今回は、ウズベキスタンでもっとも訪れたかった場所サマルカンドへ向かうところから旅は始まります。

 

スポンサーリンク
 

 

ブハラからサマルカンドへ移動

この日はブハラを出て、サマルカンドへ向かいます。

 

バスに揺られることしばし、サマルカンドへ到着!

f:id:pechipechipenguin:20180330153344j:plain

サマルカンドのバスターミナル

 

到着したバス乗り場では、バスの乗降客向けにナンを売る人たちが待ち構えていました。

f:id:pechipechipenguin:20180330153405j:plain

 

さて、ようやく青の都サマルカンドに着いたということで早速観光へ!といきたいところだったのですが、あいにくこの日は雨で、外も寒いし、もう夕暮れ時だったので宿で過ごすことに。

 

宿でご飯を食べ、誰もいなくて貸し切り状態のドミトリーを満喫して就寝しました。

f:id:pechipechipenguin:20180330153430j:plain

泊まった宿での食事。スープが冷えた体に染みる

 

シヨブ・バザール

翌日、この日も天気はそれほどよくありませんでしたがさすがに観光に行くことに。

 

まずは中央アジアの旅ではおなじみのバザールめぐりへ。

 

活気のあるバザール 

シヨブ・バザールにやってきました。

f:id:pechipechipenguin:20180331105750j:plain

 

このバザールはとっても大きくて、野菜や果物はもちろんお菓子もたくさん売っていました。

 

f:id:pechipechipenguin:20180331105800j:plain

 

サマルカンドナン

なかでも、目を見張るのがこのナン!

 

f:id:pechipechipenguin:20180331105808j:plain

 

サマルカンドのナンはウズベキスタンの中でも特に有名で、光沢があって真ん丸としていて、ドーナッツを半分に切ったような形が特徴的。

f:id:pechipechipenguin:20180331105814j:plain

 

食べるとふっくらもちもちしていてとってもおいしいナンです。サマルカンドで食事をする際には必ずと言っていいほど料理と一緒にこのナンが出てきます。

 

シャーヒズィンダ廟郡

バザールを後にし、すぐ近くにあるアフラシャブという名の丘を登ります。

 

ここアフラシャブの丘にはシャーヒズィンダ廟郡と呼ばれる、廟がいくつも立ち並ぶ場所があります。

f:id:pechipechipenguin:20180330153514j:plain

シャーヒズィンダ廟群

 

ここシャーヒズィンダ廟群にある廟にはかつてこの地を治めたティムールに関連した人物が眠っており、聖地として今でも多くの巡礼者が訪れるそうです。

f:id:pechipechipenguin:20180330153529j:plain

 

f:id:pechipechipenguin:20180330153546j:plain

廟内にはティムールに関わる人々が眠っている

 

f:id:pechipechipenguin:20180330153556j:plain

廟内の装飾はとても美しい

 

アフラシャブの丘を降りると、空も少しはれてきました。

 

 

▼旅の続きはこちら!

サマルカンド観光。青の都の美しさよ【ウズベキスタン旅行記6】 - 世界くるっと.com