世界くるっと.com

海外旅行の情報や商品レビューなどなど「世界をくるっと」回ったことのある人が気軽に書いていきます

【キルギス】ここだけは行っておきたい見所!&これから行く人へのアドバイスをまとめてみた!

f:id:pechipechipenguin:20170502213022p:plain

皆さんはキルギスという国を知っていますか??

 

正直なかなか名前も場所もイメージしずらい国だと思います(^^;

中央アジアといわれる地域にあるキルギスは旅行先としてはマイナーですが、予想以上に豊かな自然や独特の文化・風習を堪能できる国でした。

 

今回そんなキルギスを訪れてみて、ここは行ってほしいという見どころや注意しておいた方がいいと思うことをざっとまとめてみました!

スポンサーリンク
 

キルギス共和国

 

f:id:pechipechipenguin:20170502213009p:plain

キルギスは中国に西隣にある、日本の半分ほどの大きさの小さな国です。

正式名称はキルギス共和国、首都はビシュケク

独立国家共同体(通称CIS)の加盟国です。

 

地理的には中央アジアに属し、中国の他にウズベキスタン、カザフスタン、タジキスタンと接しています。にしても、中国の隣にこんな国があったとは!

 

キルギス人が人口の多くを占めており、キルギス語のほかに公用語としてロシア語が話されます。

キルギスでとりあえずここは行っておきたいスポット!

キルギスを訪れるなら、とりあえずここは抑えていた方がいい!というスポットをまとめてみました。

マナス王像

f:id:pechipechipenguin:20170503135751j:plain

首都ビシュケク市内のフィルハーモニー・コンサートホール前に建っているのがマナス王像です。

 

マナス王はキルギス民族の英雄とされる存在で、その像はまるでこのキルギスを見守っているかのように見えます。

 

マナス王の像の前に立ち上る噴水とその時にできる虹がとても美しい景観を作り出していました。まさにビシュケクの街のシンボルというべきスポットです。

国立歴史博物館

f:id:pechipechipenguin:20170502224626j:plain

国立歴史博物館は首都ビシュケクのアラト―広場にあります。
建物の目の前の大きな像が目印です。

 

博物館内では、社会主義時代を象徴する銅像、風刺画、服装や当時の様子を収めた写真などの展示物がずらっと並んでいます。

 

他にもキルギスの民族や歴史に関する展示も行われています。

 

キルギスの歴史や文化に興味がある、一通り学びたいという人にお勧めの場所です。
特に社会主義時代の展示物はなかなか強烈です(゜o゜)

バザール

f:id:pechipechipenguin:20170503141018j:plain

キルギス市民の買い物の様子を見たいならぜひバザールに行ってみましょう。
ビシュケクではオシュバザールが有名です。

 

日用品から食品まで何でも取り揃えてありますが中でも圧巻なのは肉売り場。

f:id:pechipechipenguin:20170503141539j:plain

羊をはじめとしたあらゆる肉のあらゆる部位が所狭しと並べられています。その量と数はかなりのもの。けっこう血肉のにおい漂うところですが、それでもかなりにぎわっていて、こちらの人が肉好きなんだなというのが伝わってきます。

イシク・クル湖

f:id:pechipechipenguin:20170503114436j:plain

イシク・クル湖は首都ビシュケクから180kmの場所に位置する湖です。
夏になると避暑地として周辺国から多くの人が訪れてとても賑うそうです。

 

イシククル湖のなんといってもすごいところはその水の透明さ!

f:id:pechipechipenguin:20170503120831j:plain

湖の中をしっかりと見ることができちゃうくらい透明できれいです!

 

イシククル湖に来たら、湖を囲っているアラ・トー山や天山山脈といった壮大な山々を眺めながら、一日のんびり過ごすのはいかがでしょうか?

www.sekai-kurutto.com

岩絵野外博物館

f:id:pechipechipenguin:20170503122507j:plain

岩絵野外博物館はイシククル湖のメイン避暑地チョルポン・アタから山の方に向かって歩いた場所にあります。

 

草原の中に無数の岩が転がっていて、いくつかの岩には動物などの岩絵が描かれています。岩絵は何と紀元前の前のものであるというから驚きです!

 

古代のものやヒストリックな場所が好きだという人にはオススメできる場所です。
ちなみに岩絵野外博物館からのイシククル湖の眺めもかなりいいので一石二鳥で楽しめます!

www.sekai-kurutto.com

アラ・アルチャ国立公園

f:id:pechipechipenguin:20170503124330j:plain

さらに雄大な自然がほしいという人はアラアルチャ国立公園を訪れてみるのもいいかもしれません。

 

川に沿って切り立った山々がずっと続いており、渓谷の絶景を堪能できます

 

とにかくスケール感がすごいです。
首都ビシュケクから30kmとかなり近い場所にあるのも魅力的です。

キルギスで気になった光景!

キルギスの町中を歩いていて、ちょっと気になった光景をここでは紹介したいと思います。

公園で卓球

f:id:pechipechipenguin:20170503142854j:plain

隣国が中国というだけあってか、キルギスの公園には何と卓球台が置かれています!

 

けっこうたくさん卓球台が置かれていて、キルギス市民にとって公園で卓球することはポピュラーみたいです。とても気持ちよさそうですね。

衛兵交代

f:id:pechipechipenguin:20170503143506j:plain

キルギスの町を歩いていると、たまに衛兵交代をしているところを見ることができます。

 

衛兵は隊列を組んで見事な行進をしていきます。足をぴんと伸ばして前に進んでいくのは社会主義の名残だとか

f:id:pechipechipenguin:20170503144912j:plain

行進は息ピッタリで一切ブレないのでなかなかカッコいいです。

キルギスをこれから訪れる人へのアドバイス

最低限のキルギス語・ロシア語をおぼえよう!

キルギスではほとんど英語が通じません!


キルギスを訪れるならキルギス語か公用語のロシア語をおぼえていきましょう!
最低限の挨拶と数字を覚えておくだけでもかなりスムーズに旅をすることができます。

 

キルギスの人は私たちに公用語のロシア語で話しかけてくることが多いので基本ロシア語で話せば大丈夫ですが、少しでもキルギス語を使うときっと喜ばれるでしょう。

乗り合いバスでは長時間の待ち時間を覚悟しよう

キルギスといった中央アジアの国に行くと、乗り合いバスや乗り合いタクシーに乗る機会があるかもしれません。

 

これらの乗り物は、社会主義国の名残なのか車の中がいっぱいにならないと出発しないパターンが多いためにしばしば出発まで待たされることが多くあります。

 

特になかなか人が集まらない長距離路線で何時間も乗客を待つということがあったりします。

 

こうなったときには、焦らずここはそういう文化の国なんだと受け入れて時間をつぶすことを考えましょう。ドライバーにひとこと言って近くを散歩したり食事に行ったりするのもいいですね。

 

こういうハプニングも考えて旅のスケジュールを考えられれば上出来です。

やはり最低限治安には気を付けよう

キルギスはゆったりとした雰囲気とともに適度なにぎやかさもあってそれほど治安の悪さは感じないかもしれません。

 

それでも町を歩いていると心優しいキルギス人が「カメラをそんなに出して歩いていたら、とられちゃうから気をつけなよ」と注意してくれたりします。

 

ゆったりとした雰囲気に気も緩みがちになりますが、貴重品をあまり露出させない、人通りの少ないところを歩かない、夜遅く出歩かないというような自分の身を守るため最低限できることはしていきましょう。

 

特に英語が通じない国なので何かあったの対処が大変です。

まとめ

いかがでしたか?

 

キルギスは旅行先としてはマイナーな国ですが、中央アジアの豊かな自然や独特の文化・風習を堪能できる国だと思います。また、キルギス人は日本人と顔が似ているので親近感を抱きやすいかもしれません。

 

キルギスを訪れる際にはぜひこの記事を参考にしてみてください。