世界くるっと.com

海外旅行の情報や商品レビューなどなど「世界をくるっと」回ったことのある人が気軽に書いていきます

アユタヤ行きの電車に乗ったら普通に線路が水没してた【タイ旅行記5】

f:id:pechipechipenguin:20170406113230p:plain

タイの首都バンコクからアユタヤという街へ日帰りで行ってみることにしました。
バンコクからアユタヤへは電車で行くことができるのですが、途中まさかの線路が水没していました。日本だったらまあ有り得ないことですが、さすが東南アジアその辺は普通に電車が進んで行って驚きました。

バンコクからアユタヤへ

世界遺産にも登録されている街アユタヤは、バンコクから北に80kmという場所に位置しており、バンコクからも日帰りで訪れることができる距離にあります。

 

交通手段はバスや電車ですが、タイの郊外の街並みを車窓から眺めてみたいので電車で行くことにしました。

 

ちなみにこの日なんだかんだ朝ダラダラして、結局お昼近くの出発になったのですが、それでも大丈夫なくらいの近さということです(もちろん現地でゆっくりしたいなら早くいきましょう)

 

というわけで、バンコクのフアランポーン駅にやってきた。

f:id:pechipechipenguin:20170123162823j:plain

フアランポーンからアユタヤへは一日に何本も電車が出てます。所要時間は1時間半~2時間ぐらい。駅の窓口に行ってアユタヤに行きたい旨を伝えれば、その時乗ることができる電車を案内してもらえ、且つそのままその切符を購入できるので何も難しいことはなかったです。

アユタヤ行きの電車に乗る

切符を購入し駅のホームへ。
赤と白に黄色のラインが入った電車に乗車します。

f:id:pechipechipenguin:20170124101309j:plain

車内の様子。上には扇風機がついてます。
日本でも地方に行くと走っていそうなタイプの車両ですね。

f:id:pechipechipenguin:20170124101348j:plain
電車の中から見た反対のホームの様子。人がたくさんいます。

f:id:pechipechipenguin:20170124101414j:plain

出発早々線路が水没

アユタヤ方面へ向かって電車は出発しました。

 

 

っと!いきなり目の前が水没している!
え~どうするの!?????

f:id:pechipechipenguin:20170124101558j:plain

人も立ち尽くしちゃってます。

f:id:pechipechipenguin:20170124101711j:plain

構わず進行

ここで運転ストップ???と思いましたが、
なんと構わず電車はゆっくりと進んでいきました・・・!!

f:id:pechipechipenguin:20170124101736j:plain

前のおじさんも心配そうに見つめている・・・

 

結構水没してますけど・・・
でもなんかアトラクションみたいで面白くなってきました(笑)

f:id:pechipechipenguin:20170124101900j:plain

日本だったら運転見合わせだろうけど、タイの底力を見たような気がしました。

無事電車はアユタヤに向かって走り出す

水没ゾーンを無事突破しました。

 

列車の外にはタイの人々の暮らしを覗くことができます。

f:id:pechipechipenguin:20170124102034j:plain

f:id:pechipechipenguin:20170124102107j:plain

電車がだんだんとスピードに乗ってくるにつれて外には田園風景が広がっていきます。

f:id:pechipechipenguin:20170124102338j:plain

電車はどんどんと進んでいく。
車内には心地よい風が入ってきて気持ち良かったです。

f:id:pechipechipenguin:20170124102223j:plain

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

線路が水没していても列車が進んでいったのにはかなり驚きました。
もしかしたらタイの鉄道ではこういうことは日常茶飯事なのかもしれませんね。

 

中々いいカルチャーショックを受けることができました。日本ではありえないような状況を楽しめるのも旅のいいところです。