世界くるっと.com

海外旅行の情報や商品レビューなどなど「世界をくるっと」回ったことのある人が気軽に書いていきます

マレー鉄道に揺られて。2泊3日の旅のまとめ

f:id:pechipechipenguin:20161208105738j:plain

マレー鉄道とはシンガポール~マレーシア~タイのバンコクまでを結ぶ鉄道路線のことです。マレー半島を縦断するこの路線は旅行者には憧れのルートでもあります。


今回は、そんなマレー鉄道に3日間揺られてきたときのことをまとめようと思います。

スポンサーリンク
 

ルート

マレーシアのクアラルンプールからタイのバンコクまで乗りました。

 

2泊3日の長旅です。

 

1日目

マレーシア・クアラルンプール駅へ

マレーシアのクアラルンプールのKL CENTRAL駅に着くとたくさんの乗客や見送りの人が来ていて列車の出発を待ってました。

f:id:pechipechipenguin:20161208105451j:plain

時間になると寝台列車の出発ゲートが開き、ホームへ乗客が入っていきます。
乗客の中にはバックパッカーの姿も見かけますね。一緒に中に入っていきます。

f:id:pechipechipenguin:20161208105611j:plain

 

マレー鉄道に乗車

ホームには既に列車が待ってました。ディーゼルのにおいが漂っていてこれから出発なんだという気持ちなります。

f:id:pechipechipenguin:20161208105647j:plain

 

f:id:pechipechipenguin:20161208105736j:plain
KIRIMAN EXSPRES

 

寝台列車だが座席タイプのシートもあります。こちらは現地の乗客が多いですね。
私はベッドがあって寝られる個室タイプを選びました。快適!

f:id:pechipechipenguin:20161208110133j:plain

 

マレー鉄道出発

そして出発時刻となり、タイのバンコクに向けて列車は動き出しました。

f:id:pechipechipenguin:20161208105738j:plain

マレー鉄道の旅スタート!!

 

2日目

バタワース駅で乗り換え

f:id:pechipechipenguin:20170527130313j:plain

憧れていたマレー鉄道の乗車でテンションは上がっていたけど、普通にぐっすりと眠れました。

 

列車は翌朝バタワース(Butterworth)駅に到着。ここで一時乗換となります。列車発車時刻までまだかなりの時間があるので必然的に列車を降りて時間をつぶさなければなりません。

 

え~どうしようかな~と困るのもつかの間、心配は要りませんでした。

 

なぜならここバタワースにはなんとすぐ隣に世界遺産を有するペナン島があるからです!

 

まったくもって観光には困らないです。むしろペナン島に立ち寄ってくれるという嬉しいサービスにも思えてくるぐらいでした(笑)

 

というわけで、乗り継ぎ時間を利用してペナン島を観光することに。

 

ペナン島へ渡る

f:id:pechipechipenguin:20161217173940j:plain

バタワース駅のすぐ隣にはフェリー乗り場があってここからフェリーに乗ってペナン島にわたることができます。フェリーは15~30分おきで島との間を行き来していてます。船賃を払うのにコインを持っておくと便利。

 

早速フェリーに乗りこむ。

f:id:pechipechipenguin:20161217175201j:plain

島へは15分くらい。こんな感じで外を眺めているとあっという間に到着します。

f:id:pechipechipenguin:20161217175224j:plain

 

世界遺産ジョージタウンを観光

フェリーはペナン島に到着。島を回る時間も限られているので、到着地のジョージタウン(Georgetown)中心に回ることにしました。

 

ペナン島にはイギリスの統治や東西貿易の街として発展してきた歴史があり、島の所々にその当時の面影が残されています。そのため、ペナン島のジョージタウンは世界遺産に登録されているのです!

 

ジョージなんていかにもイギリスらしい名前 (ノ ̄皿 ̄)ノ

 

街を歩くと早速、洋風建築の建物が目に入ってきます。

f:id:pechipechipenguin:20161217183136j:plain

 

コーンウォリス要塞。当時のイギリス東インド会社の提督の名前だそう。

f:id:pechipechipenguin:20161217183425j:plain
なんだかちゃっちく見えてしまうのは私だけ?笑

 

ジョージタウンでは同じ船に乗っていたインドネシアからの旅人のフィックリー君と少し一緒に街を回りました。「インドネシア語でありがとうってなんていうの?」「トゥリマカシだよー」「えー!それじゃあインドネシアもマレーシアもおんなじトゥリマカシだから便利だね~」なんて一緒に話しました。

 

f:id:pechipechipenguin:20161217184300j:plain
公園でたがいに荷物を見張りあいながら交互にトイレに行ったりして、こういう時に一緒にいる人がいると助かるなーと感じますね。

 

こちらは先のとがった屋根が特徴の純白の建物。ジョージタウンはけっこうこういう真っ白な建物が多いです。

f:id:pechipechipenguin:20161217185426j:plain

 

マレーシア最大級の大きさのカピタン・クリン・モスク。どっしりしています。

f:id:pechipechipenguin:20161217185538j:plain

 

こちらは緑と白のユニークなカラーのモスク。
こうやって建物ごとの違いを比べるのもおもしろいですね。

f:id:pechipechipenguin:20161217185641j:plain

 

白を基調としたジョージタウンの街並み。

f:id:pechipechipenguin:20161217190743j:plain

 

こうやって街を散策していると、あっという間に列車に戻る時間に。

 

たった数時間の滞在時間だったけど結構満足できました。ジョージタウン近辺だけなら一日あればかなり満喫できそうです。ペナン島はリゾートエリアがあったり料理もおいしいらしいのでそっちも満喫したかったですが、それはまた次の機会に。

 

バタワースを出発

f:id:pechipechipenguin:20161223114510j:plain

ペナン島を後にし、フェリーでまたバタワースに戻ってきました。


バタワース駅付近に停まっているバスの下では野良犬がゴロゴロと寝ていておっかなかったです。。。

 

時間になったので駅のホームに入ると、乗り継ぎの列車が現れました。
ここからさらに一日かけて、タイのバンコクへ向かいます。

f:id:pechipechipenguin:20161223114804j:plain

 

コンビニでスナック菓子を買っておきました。「しょうゆうみい」ってなんだ?笑
しょうゆ味ってことでしょうか?

f:id:pechipechipenguin:20161223114818j:plain

謎の日本語表記は東南アジアあるあるです。

 

列車はおおむね定刻通りの発車。くつろぎ~。

f:id:pechipechipenguin:20161223115919j:plain

 

マレーシアからタイへ国境越え

f:id:pechipechipenguin:20161223115924j:plain

4時間ほど走行したのち列車はパダン・ブサール(Padang Besar)駅でしばらく停車します。パダン・ブサール駅はマレーシアとタイの国境の駅で、ここで一度出入国手続きを取ることになります。

 

ホームの中にある入国審査エリアで入国審査官にパスポートを渡してスタンプを押してもらい無事にタイに入国!

 

タイに入国し列車は出発!

f:id:pechipechipenguin:20161223120038j:plain

乗客がそろい列車は再び出発します。

 

列車の中の様子。
パダン・ブサールを出ると列車の中ではベッドメイキングが始まります。

f:id:pechipechipenguin:20161223120137j:plain

 

白Tシャツのおじさんが順番にベッドメイキングしていってくれます。せわしそうに仕事をしていたけど、ガイドブックに載っているタイ語のあいさつで”サワディー・クラッ”(こんにちは)と言ってみるとにこっと微笑んでくれました(* ̄∇ ̄*)

f:id:pechipechipenguin:20161223120145j:plain

 

ほどなくして夜を迎え、就寝するのでした。

 

3日目

タイ・バンコクに到着

f:id:pechipechipenguin:20161223120359j:plain

翌朝、列車の外には特徴的な形をしたタイの寺院が見えてきて、タイに来ていることを実感します。

 

田園風景。

f:id:pechipechipenguin:20161223120437j:plain

大きな川も見えてきて、もうすぐです。

f:id:pechipechipenguin:20161223132005j:plain

 

そして、2泊3日のマレー鉄道の旅の終着点バンコクに到着です!!

f:id:pechipechipenguin:20161223125859j:plain

ていうか蒸し暑っ!!すごい湿気です!!
レンズが一気に曇りました。こんな蒸し暑いとこなのかバンコクは!と驚きでした。

 

まとめ マレー鉄道2泊3日の旅の感想

f:id:pechipechipenguin:20170527133609j:plain

最初は2泊3日なんてどうなるんだろうなんて思っていたけれど、終わってみればあっという間。ペナン島にも行くことができたし、なかなか体験することのない列車での国境越えも体験できて内容の充実した列車旅でした。

 

こうやって列車に乗って国を越えていくのを体験することは日本いたらなかなか体験できないことですよね。実際に自分の目で風景、人、文化といった目に映るものすべてが変わっていくのを感じながら移動できるマレー鉄道の旅はとてもいい経験になると思いました。